「デジタルトランスフォーメーション」の意味とは?




「デジタルトランスフォーメーション」の意味とは?

「デジタルトランスフォーメーション」は、「人々の生活を進化し続けるテクノロジーが豊かにする」というもので、スウェーデンの大学の教授によって2004年に提唱されました。

つまり、人々の生活が進化したデジタル技術を普及させることによってよりいいものに変革することです。

しかし、「デジタルトランスフォーメーション」は単なる「変革」を及ぼすのではなく、破壊的なデジタル技術による変革である「デジタル・ディスラプション」を意味します。

そのため、「デジタルトランスフォーメーション」は革新的な既存の価値観を覆すようなイノベーションをもたらします。

「デジタルトランスフォーメーション」を実現するために既存のシステムを2025年までに刷新することが急務である

「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」の議論を、経済産業省はレポートにまとめています。

この中において、会社が生き残るためのポイントは競争上の優位性を確立するために「デジタルトランスフォーメーション」を実践することであるとして、「デジタルトランスフォーメーション」を実現するためには既存のシステムを2025年までに刷新することが急務であるとしています。

これが、「2025年の崖」といわれるものです。

既存のそれぞれの会社・団体のシステムについては、「複雑化」「老朽化」「ブラックボックス化」がすでに指摘されています。

経済産業省は、このような問題を持っている既存のシステムが残った時は「デジタルトランスフォーメーション」自体が実現できないだけでなく、2025年からの経済損失は年間に最大12兆円になると推定しています。

この試算では、いろいろなサポート終了やIT人材の引退などのリスクが2025年までに高まるとの推定も含まれています。

「デジタルトランスフォーメーション」の導入に対する課題とは?

「デジタルトランスフォーメーション」を導入する時は、経済産業省も指摘しているように課題もあります。

先にご紹介した「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」によれば、「望ましいITシステムを実現するうえにおいて現場で心配される主な課題」としては次のようなことが挙げられています。

刷新すべき業務

ベンダー側にユーザー側が丸投げしている状態

既存のシステムのレガシー化

レガシー化したシステムの断捨離と可視化が必要

IT人材の獲得・育成

既存の日本の終身雇用システムとのミスマッチ

アメリカに比べて大学での IT 教育や日本の制度が遅れていること

「デジタルトランスフォーメーション」のステップとは?

東京都中央区に本社があるグローバルデジタルエージェンシーの電通アイソバー株式会社によれば、「デジタルトランスフォーメーション」には次のようなステップがあるといわれています。

デジタル化

デジタルテクノロジーを導入することが、「デジタルトランスフォーメーション」における初めのステップです。

デジタルにいろいろなツールを置き換えることによって、データを蓄えていくことができます。

効率化

部門ごとに前のステップで蓄えたデータを利用して、効率化するステップになります。

このステップに至るまでの変化を、「IT革命」はもたらしました。

共通化

他の部門でもそれまでのステップで蓄えたデータを応用できるようなベースを作る作業になります。

代表的な共通化としては、Uber(ウーバー)がUber Eats(ウーバーイーツ)を配車サービスで蓄えたデータを応用して展開しているケースが挙げられます。

組織化

前のステップで築いたベースをより効率良く運用するためのステップになります。

このステップにおいては、明確に業務をして、戦略意思決定がデータに基づいて行われるようになります。

最適化

最適化は最後のステップになりますが、よりデータをメインにしたデータドリブンな戦略(経営戦略)が行われるようになります。

それまでに蓄えたデジタル資産のデータなどを利用して、大きなイノベーションをビジネス全体に起こしていくステップです。

デジタルトランスフォーメーションの事例とは?

ここでは、海外と日本でのデジタルトランスフォーメーションの事例についてご紹介します。

Amazon(アマゾン)

Amazon(アマゾン)は、世界でも指折りのECサイトで、代表的なアメリカのIT企業の一つです。

Amazon(アマゾン)では、企業理念として「最も地球上でお客様を大切にする会社を目指す」ことを掲げており、これを「デジタルトランスフォーメーション」によって実現しようとしています。

Amazon(アマゾン)は、従来のアナログ的な「お店に行って買い物をする」というような行動をデジタル化の「オンラインで買い物をする」というものに変えました。

デジタル化のためには、品揃えが豊富であるだけでなく、最適な高度なAIによるレコメンデーション機能、ワンクリックで買えるシステムなどのような新しいシステムを導入する必要があります。

ユーザーの利便性を、これによってアップしています。

Uber(ウーバー)

法律上の問題から、日本におけるUber(ウーバー)の位置づけとしてはタクシー配車アプリということで考えられがちです。

しかし、元々はライドウェアといわれる車に乗りたい人と車を運転したい人を繋ぐマッチングサービスでした。

普通のタクシー会社は、車を何台も持って、ドライバーを雇ってサービスを提供しています。

しかし、Uber(ウーバー)は車もドライバーも自社では持たないで、スマホアプリによって移動サービスを全く新しいもので提供しています。

Uber(ウーバー)では、アプリで全てのサービスを完結しているので、一連のユーザーの行動はデータとして全て取ることができます。

これを分析することによって、到着する時刻の表示など、時間・エリアによる配車の最適化や需要予測を行っています。

トヨタ

大きな変革が自動車業界も起きています。

若者の車離れなどがこの背景としてはあり、従来のような車を売るというモデルのみでは成長が困難になっています。

トヨタでは、サブスクリプションサービスという「月額定額制で乗り放題」というものを展開し、「移動する」という体験をサービスするビジネスに進出しています。

また、トヨタ、デンソー、アイシン精機によるTRI-AD(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント)という合弁企業を、2018年に設立しました。

AI技術の活用に対しても、自動運転ソフトウェアを自社向けに開発するなど注力しています。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。