「エレベーターピッチ」の意味とは?目的やメリットなどを解説




エレベーターピッチとは?

エレベーターピッチというのは、自社のビジネスや自分自身などについてエレベーターに乗っている程度の短時間でプレゼンする方法です。

プレゼンを短時間の30秒間くらいで行うことは、営業活動だけでなく自己アピールなどにも使えます。

しかし、短時間であるため、伝える内容などを整理して、わかりやすく簡潔に話す必要があります。

エレベーターピッチの目的とは?

先に結論を話すような短い的確なプレゼンを行うことが、エレベーターピッチの目的です。

時間がなくて忙しい投資家に短時間で話をして、投資を多くしてもらうチャンスをつくる方法として、もともとは使われていました。

エレベーターピッチは、現在でもいろいろなビジネスシーンで使われています。

エレベーターピッチは、忙しい上長などに提案する時に有効な方法として使われています。

エレベーターピッチのメリットとは?

ここでは、エレベーターピッチのメリットについてご紹介します。

チャンスが広がる

ビジネスにおいては、自分が取り扱っているサービスや商品、自分のスキルなどのメリットをしっかりと話すことができるとチャンスが広がります。

しかし、どのような話し方でもいいということではなく、相手の関心や興味を掴みながら、可能な限り端的に話をする必要があります。

シンプルに伝える技術を磨くためには、エレベーターピッチは理想的な方法です。

メリットの発信力がアップし、チャンスが広がるでしょう。

有効に時間が使える

ビジネスにおいては、上長へのプレゼン、部下への教育、部署での打ち合わせ、商談・接客など、コミュニケーションでほとんどが構成されているといえます。

そして、非常にコミュニケーションに使う労力や時間は大きくなります。

コミュニケーションは仕事において必要なものですが、時間をかけ過ぎれば時間を別の仕事に割けなくなります。

そのため、エレベーターピッチを意識して、端的な伝え方が常に習慣になると、コミュニケーションに使う時間が短くなり、有効に時間が使えるでしょう。

コミュニケーションのレベルがアップする

短時間で話をするということのみを考えれば、エレベーターピッチで意図を正しく伝えられなくなります。

しかし、時間をかけるとコミュニケーションのレベルがアップするかというと必ずしもそうではありません。

ビジネスシーンでは、冗長な話になって、最も伝えたいことが埋もれることが頻繁に起きます。

エレベーターピッチでは短時間で伝える必要があるため、無駄なことを話から無くす意識が生まれます。

そのため、端的に伝わりやすく話をするようになってコミュニケーションのレベルがアップします。

エレベーターピッチの作り方とは?

ここでは、エレベーターピッチの作り方についてご紹介します。

相手に伝えたいことを箇条書きにする

具体的に、相手にどのようなことを知って欲しいか、どのようなものを売りたいのかを挙げて、どのような意図を何のために持っているかをはっきりさせましょう。

この時は、30秒間くらいの自分のみの世界を作ることに集中することがポイントです。

ここでは、お菓子を造る機器を売るケースについてご紹介しましょう。

相手に伝えたいこととしては、次のようなことが挙げられます。

  • お菓子を作る機器を売りたい
  • 作業プロセスを省略させてあげたい
  • マーケットで魅力があるお菓子作りをサポートしたい
  • 可能な限り安いお菓子を提供したい

相手が要求するものを明確にしておく

非常に短い30秒間くらいという話で相手の心を掴むためには、適切なアプローチを適切なターゲット層に行うことが必要です。

そのため、相手がどのようなことを考えており、どのようなものに関心があるかを掴む必要があります。

この時は、可能な限り相手のことを多く分析することがポイントです。

相手が要求するものとしては、次のようなことが挙げられます。

  • 少ない作業員で使える機器が欲しい
  • 工場の機器を一新したい
  • 生産効率や稼働率がいい機器が欲しい
  • チョコレートがコーティングできる機器が欲しい
  • 楽にメンテナンスができる機器が欲しい

相手にアピールしたい魅力を挙げる

例えば、この機器を買うことによって改善できることや買うことによる魅力をメインに箇条書きします。

この時は、魅力があると相手が感じてくれるかを真剣に検討することがポイントです。

相手にアピールしたい魅力としては、次のようなものが挙げられます。

  • 残業時間が少なくなる
  • 楽にタイムマネジメントができる
  • スペースが必要ない
  • ランニングコストが安くなる
  • 一定期間技術者が使い方を指導する
  • 機器に携わるのはわずか2人である
  • 約1000個のお菓子が1時間に作れる
  • 価格は相当リーズナブルである

最終的に、このようなことをまとめて、30秒間くらいで話せるようにしましょう。

エレベーターピッチのコツとは?

ここでは、 エレベーターピッチのコツについてご紹介します。

焦点を絞る

エレベーターピッチは30秒間くらいで相手に関心を持たせる必要があるため、相手に伝える時に焦点を絞る必要があります。

話をするスピードによっても違ってきますが、文字数としては約300文字程度で30秒間くらいの話になります。

この300文字程度で、相手に伝える必要がある内容に焦点を絞ることが大切になります。

トレーニングが必要である

どのようなことでも同じですが、エレベーターピッチで成功するためにはトレーニングが必要です。

外国においては、エレベーターピッチを社員教育の一環として学習させている企業もあるくらいです。

エレベーターピッチを上長に行う時は先輩に、先輩に行う時は友人や同僚にそれぞれトレーニングする相手になってもらうのがコツです。

早口で話さないようにする

内容を入れ込み過ぎて、早口で話さないようにすることも大切です。

自分は話す内容がわかっているため、少し早口で話をしても問題ないかもしれませんが、話を初めて聞く相手は早口で話をされるとわからないでしょう。

先にご紹介したように30秒間くらいであればせいぜい300文字程度に話をすることを絞って、話をするスピードにも注意しましょう。

何パターンか台本を用意しておく

エレベーターピッチが同じ内容でも、伝え方が相手によって違ってきます。

例えば、同じ職場の上長や先輩などに対して行う時と社外の人に対して行う時では伝え方を変更する必要があります。

また、エレベーターピッチを同じ職場でも高い地位の社長などに行う時は、伝え方だけでなく使う言葉も変更する必要があります。

エレベーターピッチのコツとしては、相手などに応じて何パターンか台本を用意しておくことが挙げられます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。