「キャリアデザイン」の意味とは?設計に大切なポイントとは




「キャリアデザイン」の意味とは?

「キャリアデザイン」は、主体的に仕事で実現したいことを設計することで、自分の将来像をはっきりさせるために大切な一つプロセスです。

現在、ビジネスパーソンは「キャリアデザイン」が必須になっています。

ビジネスパーソンは、積極的に、例えば3年、5年後、さらに10年後の「キャリアデザイン」まで行うようになっています。

「キャリアデザイン」は、自分の将来プランを他人任せにするのでなく、主体的に自分自身が設計することが大切です。

つまり、「キャリアデザイン」のメインは、自分の職業人生を反省して理想とするような自分に近づけることになります。

仕事を通じて最大限に自分のスキルや能力を活用するためにも、またいち早くキャリアを形成するためにも、「キャリアデザイン」を設計しましょう。

大学の「キャリアデザイン」の学科は、あまり数年前まではありませんでしたが、最近は着目されています。

「キャリアデザイン」の大切さを社会人になる前に把握することによって、ライバルよりリードしてキャリアを形成することもできるでしょう。

「キャリアデザイン」の設計に大切なポイントとは?

「キャリアデザイン」は、基本的に主体的に自分の人生と仕事を描いて実現することです。

現在は、終身雇用や年功序列が崩れてきており、働き方や仕事のやり方を従来から変更することが当然のような時代になってきました。

しかし、仕事の自由度がある一方、自ら自分の「キャリアデザイン」を設計することが要求されています。

「キャリアデザイン」を設計するときは、大きく分類すると、どのようなことをやりたいか、どのようなことができるか、どのようなことをやるべきか、というポイントが大切になります。

どのようなことをやりたいか

これは簡単そうに思えますが、自分がどのようなことをやりたいかがわかっている人は多くないでしょう。

また、「これを自分はやりたい」と無理に考え出したようなケースも多くあります。

最初に油断すればつまずくリスクもあります。

どのようなことをやりたいかを考えるときは、好きなのはどのようなことか、やりがいをどのようなことに感じるか、興味がどのようなことにあるか、というように置き換えるのもいいでしょう。

職種や業種というような「キャリアデザイン」のメインをいきなり見つけようとすれば、無理があるときも多くあります。

一方、好きなことが映画やサッカーというような趣味面でしか考えつかない人もいるでしょう。

「キャリアデザイン」を考えるときは、やはり考え方がこのような直線的なものでは答えがなかなか出てきません。

そのため、具体的な方法としては、自分に一定の選択肢を与えてみるものがあります。

例えば、多くの求人票を転職エージェントにもらって、机の上に並べてみましょう。

この中から面白くないもの、興味がないものは、机の下にどんどん落としましょう。

次に、机の端に面白そうだというようなものを並べましょう。

最終的に、求人票としては、机の端にあるもの、床に落ちているもの、机の中ほどにあるものにわかれます。

このようにわけた求人票について、机の端にある求人票はどうして面白そうだと思ったか、床に落ちている求人票はどうして面白くないと思ったか、机の中ほどの求人票はどうしてどちらでもないと思ったか、ということを考えます。

このようなことを考えることによって、職業人として自分がやりたいことを探すヒントになります。

どのようなことができるか

どのようなことができるかを考えるときは、ある程度のレベルや汎用性を備えているかがポイントになります。

客観性を持たせるために、他の人や転職エージェントに見てもらうことも大切です。

スキルのみに着目した結果、自信が極端に無くなって「何も自分はできない」と落ち込む人もいます。

しかし、仕事をしてきたため、何かしらのスキルは必ず付いているでしょう。

例えば、強いて挙げればこれではないか、これはできるといえるだろう、というようなレベルでも問題ありません。

言葉としてポータブルスキルというようなものがあります。

これは職種や業種などの環境が違っても、スキルとして持ち運びができるようなものという意味です。

具体的な「これをマーケティング施策としてやった」「公認会計士の資格を取っている」というようなこと以外に、「数値をベースにして論理的に考えることが得意である」「話を他の人から聞き出すのが得意である」というようなスキルにも着目してみましょう。

現在の部署では使えるシーンが無くても、仕事に何か使えるようなことがあるときは、それを自分ができることとして大切にしましょう。

どのようなことをやるべきか

先にご紹介したどのようなことをやりたいか、どのようなことができるかは割合わかりやすいでしょうが、どのようなことをやるべきかについては、なかなか自分の内面を見つめるのみでは思い付かないでしょう。

しかし、実際にはこれが非常に大切で、多くの人がよくつまずくところでもあります。

どのようなことをやるべきかを考えるときは、世の中の流れや社会において、どこに自分は身を置くべきか、どのように会社のニーズに対応するかが大切なポイントです。

副業も最近は認められてきていますが、集中して自分のキャリアを投資するところを判断するのは非常に大切です。

どのようなことをやるべきかについては現職に留まるのが第一候補ですが、このときは「将来性が自分が現在身を置いているマーケットにあるか」を考えることが必要です。

例えば、現在は大きなマーケットでも、今からの技術の進歩などの世の中の流れを考慮すれば、だんだん先細りになると予測できるマーケットになるときもあるでしょう。

正しく時代の流れを把握していないときは、古い働き方や産業に固執して、いい会社からせっかくオファーがあっても迷うような人がいます。

自分の今からの立ち位置を探すためには、単純に「これをやりたい」ということのみでなく、将来や世の中を客観的に見据える必要があります。

また、「どのように会社のニーズに対応するか」ということが大切です。

どのようなことをやるべきかをさらに深めるためには、「自分を雇用するメリットが会社側にあるか」「働いている会社からどのようなことが要求されているか」というような客観的な見方も大切です。

例えば、「こういうことを自分はやりたい」「こういうことが自分はできる」と、スキルや目標を主張しても、それが会社側の要求とマッチしていないと意味が全くありません。

どのようなニーズがどこにあって、それに自分はどのように対応できるかを考える必要があります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。