「フルスロットル」の意味とは? 使い方や類義語、関連語などを解説




「フルスロットル」の意味とは?

「フルスロットル」の意味は、車やバイクなどのアクセルを全開にすることです。

「フルスロットル」は、「full」(フル)と「throttle」(スロットル)の英単語からなります。

「full」の意味は一杯ということで、「throttle」の意味はエンジンに送る空気量をコントロールする絞り弁の「throttle valve」(スロットルバルブ)です。

「スロットル」は、車ではペダルを踏み込み、バイクではグリップを握って開閉し、エンジンへの空気の流入量を制御することでスピードを制御します。

絞り弁を全開したときに空気が最も多く流れ込み、スピードが最大まで加速されます。

「フルスロットル」は、エンジンがある車、バイクなどだけでなく、比喩的に人に対しても使われます。

全開にパワーをするため、意味は「最高潮の」「全力で」などになります。

ポジティブなニュアンスがあるため、商品名や会社名、作品名など、いろいろなシーンで使われています。

「スロットル」は絞り弁ですが、「throttle」の英語は絞り弁だけでなく、動詞の「抑える」「絞る」「速度を下げる」などの意味があります。

これは、「狭い通り道」「喉」という意味の「throat」に由来します。

なお、加速するという意味が「スロットル」にはないために把握しておきましょう。

「フルスロットル」の使い方とは?

ここでは、「フルスロットル」の使い方についてご紹介します。

「フルスロットルで○○する」

「フルスロットル」の使い方としては、「フルスロットルで運動する」「フルスロットルで仕事をする」など、「フルスロットルで○○する」のようなものが多くあります。

全力で大変なことをやり遂げるために行動したり、強い意欲を示したりすることです。

同時に、最も高速のスピードで、という意味合いも含まれています。

「○○がフルスロットル」

「フルスロットル」は、抽象的に最高潮に達した状態を表現するときにも使われます。

このときは、「気持ちがフルスロットル」などのように、「○○がフルスロットル」と使われることが多くあります。

しかし、意図的ではないことがあるため、前後の文脈から見極めましょう。

「フルスロットル」を使った例文

「フルスロットル」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「明日に締め切りがなっていたため、フルスロットルで頑張った。」
  • 「レースで先頭を走る車は、第3コーナーにフルスロットルで進入した。」
  • 「彼のポリシーは、どのようなことがあっても、フルスロットルで目標達成まで突き進むことだ。」

「フルスロットル」の類義語とは?

ここでは、「フルスロットル」の類義語についてご紹介します。

「全身全霊(ぜんしんぜんれい)」

「全身全霊」というのは、その人が持っている全ての力を表現する言葉です。

「霊」というのは心や精神のことで、全力でものごとに取り組むことを「全身全霊を捧げる」「全身全霊をかける」といいます。

「フルスロットル」と「全身全霊」は意味が同じようなものですが、「フルスロットル」のニュアンスには心や精神に関するものがないこともあります。

「全身全霊」のほうが、表現としてはより強いといえるでしょう。

「必死」

「必死」というのは、死力を尽くすことです。

「必死」は、もともと重い死を前提とした意味がありましたが、現在では、全力の死にものぐるいでという少し軽いニュアンスで使われるときが多くあります。

現在の全力を尽くすという意味では、「フルスロットル」と「必死」は言い換えることができるでしょう。

「猪突猛進(ちょとつもうしん)」

「猪突猛進」というのは、ひたすらに突き進むことです。

物事にフルパワーで取り組む「フルスロットル」と同じような意味がありますが、使い方によって「猪突猛進」はネガティブな向こう見ずというようなニュアンスが含まれることがあります。

そのため、言い換えるときは、誤解されないように注意する必要があります。

「スロットル」の関連語とは?

ここでは、「スロットル」の関連語についてご紹介します。

「パーシャルスロットル」

「パーシャルスロットル」というのは、一定の速度で車やバイクで走行できるように、減速も加速もしないくらいにアクセルを開けて運転する技術です。

「パートスロットル」や「ハーフスロットル」ともいいます。

コーナリングだけでなく、天候が悪いときに無理をしないで運転したいときに役に立つ技術で、燃費も良くなります。

運転を上達するためには必要な技術です。

「サーマルスロットリング」

コンピューターのドライブやCPUなどは、過負荷になると発熱します。

そのため、帯域を絞ったり、動作クロック数を抑えたりして発熱を少なくする機能が「サーマルスロットリング」です。

「サーマルスロットリング」は、データの損傷や機器のトラブルを防止するために効果が期待できますが、パフォーマンスがこの間は落ちることがデメリットです。

「フルスロットル」の英語表現とは?

「フルスロットル」の英語表現は、「full-throttle」になります。

「full-throttle」の形容詞の意味としては、次のようなものがあります。

  • エンジンのバルブが全開の
  • 機械や人がパワー全開の、全速力の
  • 勢力などが最高潮の

「full-throttle」の副詞の意味としては、次のようなものがあります。

  • 機械や人がパワー全開で、全速力で

「full-throttle」を使った英語表現としては、次のようなものがあります。

  • 「full-throttle acceleration」

「full-throttle acceleration」の意味は、フルスロットル加速です。

  • 「at full throttle」

「at full throttle」の意味は、エンジンのバルブが、フルスロットルで、全開でということです。

  • 「go full throttle」

「go full throttle」の意味は、車などがアクセルを全開にする、人などがパワーを全開にする、全力を挙げることです。

  • 「in full throttle」

「in full throttle」の意味は、エンジンのバルブが、フルスロットルで、全開でということです。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。