Z世代とは? 特徴や着目される理由などを解説




Z世代とは?

一般的に、Z世代は生まれたのが1990年半ば〜2010年代初めの世代をいいます。

「Generation Z」(ジェネレーションZ)とアメリカではいわれています。

日本では、スマホネイティブ、ソーシャルネイティブなどともいわれており、Z世代が世界の1/3くらいの人口を占めています。

日本ではZ世代が人口の14%くらいを占めるともいわれており、Z世代の価値観や嗜好は今からサービスや商品を開発する会社にとっても大切な意味があります。

Z世代の特徴とは?

社会にもZ世代は進出しており、存在感を購買市場でも発揮しています。

ここでは、Z世代の特徴についてご紹介します。

いろいろな価値観を認める個人主義

Z世代は、SNSやネットで多くの経験がある人、人種と触れ合うことができるといわれています。

いろいろな価値観がある人と接するチャンスが多いため、ダイバーシティの価値観や多様性が強いことが特徴です。

そのため、昔からあるブランドや性別というような価値観よりも、自分が気に入るかどうかや自分の心地よさを重要視します。

社会問題やSDGsに非常に関心がある

Z世代は、社会問題に非常に関心があることも特徴です。

この理由は、リーマンショックや東日本震災に成長期に触れていることが考えられています。

また、生まれたのはバブルが崩壊した後であるため、あまり将来を楽観視しないことがあります。

近年、社会的な環境問題への取り組みや災害からの復興が進むようになりました。

社会問題への関心に繋がったのは、ネットやSNSを通して手軽に問題が提起でき、個人でも発信が世界に向けてできることもあります。

Z世代は、社会問題の環境や貧困というようなものを自分の問題として考え、自分で行動することができるといわれています。

他の人の評価に敏感である

Z世代は個人の価値観を重要視しても、他の人の評価や対人関係には敏感です。

SNSが近い環境で、Z世代は成長してきました。

そのため、仲間や親の関係性を重要視するだけでなく、他の人から認められることにもこだわりがあるといわれています。

他の人から認められたいと思うことはメリットがありますが、他の人からの評価を気にしがちであるというデメリットもあるでしょう。

Z世代は、どのように他の人から見られるかというような意識が強いことが特徴です。

情報収集はネットがメインである

Z世代は、ネットやSNSが生まれたときからあり、情報への警戒心とリテラシーが強い傾向があります。

情報収集はネットがメインで、いくつかのサイトやニュースを参考にします。

別の世代に比較して、誰のどのような意見を信用するかを決めるために慎重になりやすいことも特徴です。

Z世代に対する宣伝は、情報を公式のホームページで掲載するのみでなく、アクセスしやすいリンクや媒体も準備しておくことも考えましょう。

また、厳しい態度を信頼できない商品や信憑性がない情報に対してとるため、信頼できる情報をサービスするようにしましょう。

Z世代が着目される理由とは?

ここでは、Z世代が着目される理由についてご紹介します。

社会、経済、消費の今後のメイン層になる

多くのZ世代は、社会にこれから出ていきます。

日本では、少子高齢化によってシニア層の方がZ世代よりも人口が多くなります。

しかし、世界的に見れば、Z世代の全人口に占める割合が高く、今後別の世代よりも購買力が上回ることも考えられています。

マーケティングのジャンルにおいてはメインの消費層として、別のジャンルにおいては大きな影響を社会、経済に与えるとして着目されています。

上の世代とは価値観が違う

Z世代は、「新しい」と上の世代がと感じる行動様式や価値観を持っています。

そのため、従来のマーケティング手法がマーケティングのジャンルにおいては通用しなく、理解すべき対象としてメインの消費層であると考えたときに着目されています。

また、大きく社会や消費のあり方を変える存在としても、Z世代は着目されています。

Z世代とミレニアル世代の違いとは?

ミレニアル世代は、Z世代と比較されることが多くあります。

ミレニアル世代というのは、生まれたのが1980年代半ば~1990年代半ばで、2000年以降のミレニアム(千年紀)が到来したときに社会に進出した世代です。

なお、ミレニアル世代は、1つZ世代の前の世代のY世代(生まれたのが1980年代序盤~1990年代後半の世代)と同じようなニュアンスで使われるときもあります。

ここでは、Z世代とミレニアル世代の違いについて、デジタル、消費・購買という観点からご紹介します。

デジタルネイティブかデジタルパイオニアか

Z世代は、デジタル技術が生まれたときから確立されていたため、デジタルネイティブともいわれています。

スマートフォンを利用してSNSや情報収集、読書やショッピングなどを日常的に行っています。

そのため、ネットを利用する時間の方がテレビを視る時間よりも長い、あまりパソコンを操作することには慣れていないともいわれています。

一方、ミレニアル世代は、IT革命と一緒に成長したデジタルパイオニアともいわれています。

ネットや携帯電話が小学校、中学校時代に普及し始め、SNSが高校、大学時代に普及し始めたため、デジタル技術を生活の中にちょっとずつ取り込んできました。

コト消費か物の購買か

Z世代は、2008年のリーマンショックや2011年の東日本大震災などから経済の不安定な状況を見ながら育ってきました。

そのため、お金で購入することができる「モノ」よりも、ライブやイベント、体験への参加など「コト」を重要視する傾向があります。

例えば、服を購入するときは、服自体ではなく、自分に適した服をお店のスタッフと話をしながら見つけるというような購買体験を希望していることが多くあるようです。

ベースには「自分らしさ」の尊重があるため、大切にしているのは「居心地がいい時間」や「心を動かされること」といえるでしょう。

一方、ミレニアル世代は、好景気を成長期に経験しています。

経済的に豊かで「モノ」が世の中に溢れる中、お金を「テレビで紹介されている流行の商品」や「自分が欲しい商品」などに使う傾向が強くあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。