「インポート」の意味とは?使い方やダウンロードとの違いなどを解説




インポートの意味とは?

インポートという言葉は、インポートフェアなどということで、見たり聞いたりすることがあるのではないでしょうか。

インポートというのは、「輸入」ということです。

輸入とは、自分の国に海外の技術・商品・文化などを取り込むことです。

しかし、 ITのパソコンやスマホなどにおけるインポートというのは、別のソフトやアプリケーションなどで一般的に統一されているcsv、tsvなどのフォーマットに換えて出力したファイルを読み込むことです。

また、ITにおけるインポートの時は、別のソフトやアプリケーションなどでエクスポートしたファイルやデータが読み込めるのみでなく、再度利用する時が多いので、一般的に統一されているcsv、tsvなどのフォーマットに換えます。

例えば、エクセルのアプリケーションに別のソフトで出力したcsvファイルを読み込むことをインポートといいます。

 インポートの使い方とは?

インポートという言葉は、パソコンやスマホだけでなくラインやこの他のITにおけるシーンでもよく使われます。

特に、自分側のデバイスで読み込んだファイルデータが読み取れない形式の時に汎用の形式に換えることも、インポートに含まれる時が多くあります。

そのため、インポートの意味は「データ変換」ということもあります。

ここでは、メール、写真、連絡先、CD、ITunesのアプリケーションの中においてインポートという言葉がどのように使われているかについてご紹介します。

メール

メールでは、特に新しくAndroidのスマホに買い替える時などに、microSDなどにメールデータを一旦バックアップしておいてから新しいAndroidのスマホに取り込むことがあります。

この時に、microSDにデータをスマホから取り出す(エクスポート)時とmicroSDからデータを新しいAndroidのスマホに読み込む(インポート)時に、データの形式をアプリケーションを使って換えます。

クラウドを使うこともiOSのスマホでは多くありますが、AndroidのスマホでもメールのデータがmicroSDを使えばバックアップでき、スマホがもしトラブルになった時でも元のデータをそこからインポートして復元することができます。

写真

メールというような割合軽いデータ以外に、写真のようなちょっと重いデータも、バックアップを取るためにmicroSDにエクスポートすることができます。

写真の時は、メールと違って、microSDに取った瞬間から保存することができます。

そのため、microSDを使うことによって、スマホにパソコンからインポートしたり、パソコンにスマホからエクスポートしたりすることが容易にできます。

また、通信機能を使うのが得意な人は、Googleフォトなどを使って直接クラウド上にエクスポートすると簡単にどのようなパソコンやスマホでも写真を見ることができます。

連絡先

microSDを使ってスマホの連絡先のデータもバックアップを取って、データをここからエクスポートしたり、インポートしたりすることができます。

連絡先の時は、アプリケーションそのものにデータを換える機能がついているためエクスポートしたり、インポートしたりすることがより簡単にできます。

また、microSDを使わなくてもクラウドを使うことによって、通信機能をオンにすると連絡先がほとんど自動的にインポートされて、新しいパソコンやスマホでも使うことができます。

CD

パソコンにCDなどの音楽をインポートする時にMacやWindowのソフトを使うと、表示される方法によって操作すればデータが簡単に移行できます。

スマホにCDのデータをインポートする時は、一般的にパソコンをまず経由してスマホにクラウドのソフトを使ってエクスポートします。

しかし、スマホの機種によってはエクスポートしたり、インポートしたりすることができないこともあるため、対応できる機種をチェックする必要があります。

iTunes

CDのデータをiPodやiPhone、iPadにエクスポートする時は、iTunesが便利です。

iTunesの時は、インポートされるデータがmp3形式という変換の必要がないものであるため、インポートが短時間でできるのみでなく、アルバム名や曲目などもインポートできます。

さらに、CD以外に音楽をiTunes Storeから買ったり、iPhoneの着信音に音楽データができたりするなど、iTunesの機能はAppleユーザーにとって嬉しいものが揃っています。

インポートを使った例文とは?

インポートという言葉は、意味が使うシーンによって違うので場合によっては混乱する時もあります。

そのため、ここでご紹介するインポートを使った例文を把握しておくことによって、どのような意味でインポートという言葉が使われているかを見極めることができます。

インポートブランドの意味は、直訳すれば「輸入ブランド」になりますが、もうちょっとストレートにいうと海外ブランドになります。

一般的に、インポートブランドという言葉は、海外ブランドで生産を日本で行なっていなくて直接輸入した商品に対して使う時が多くあります。

国際的なブランドでも、公式の販売拠点が日本国内にあったり、国内で生産したりしているものはこのような呼び方はあまりされません。

ダウンロードとインポートの違いとは?

ここでは、ダウンロードとインポートの違いについてご紹介します。

ダウンロードもインポートも、外部のサーバーやパソコンなどの別のシステムからデータを自分のシステムに取り込むことをいいます。

しかし、ダウンロードとインポートは、次のようなことが違っています。

別の形式からインポートは読み込む

ダウンロードとインポートの違いは、そのままの形でデータを取り込むかどうかということです。

ダウンロードの時は自分のシステムにそのままのデータの形式で取り込みますが、インポートの時は自分のシステムに合うようにデータの形式を換えて取り込みます。

上から下にダウンロードは移動する

ダウンロードとインポートの違いは、データを移動する方向性が挙げられます。

一般的にコンピュータネットワークで使われている「クライアント・サーバーモデル」の時は、いくつかのクライアントがサーバーの下に接続されています。

例えば、インターネットで説明すれば、ユーザーのパソコンやスマホがネットサーバーの下に接続されている状態です。

ダウンロードの時は、上から下にデータは移動します。

しかし、インポートの時は、このように上から下にデータが移動することはありません。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。