「充足感」の意味とは? 使い方や類義語などを解説




充足感の意味とは?

充足感は、希望がかなって満たされた感じ、十分に満足した感じという意味です。

例えば、美味しいケーキを摂った時に満たされた気持ちになるようなイメージです。

または、仕事が成功した時の達成感や、自宅に帰って気に入ったソファに座った時などのような満ち足りた気持ちです。

個人によって感じ方は違っているでしょうが、心が解けて満足するような気持ちを充足感といいます。

充足感の使い方とは?

ここでは、充足感の使い方についてご紹介します。

充足感という言葉は、足りなかったところが満ち足りた気持ちや感情を表現するものです。

気持ちや感情が満ち足りた様子を表現する時に、充足感に満ちたといいます。

これ以外の表現としては、充足感に包まれる、充足感を得るなどがあります。

充足感に包まれるはすっぽりと充足感に覆われるという意味になり、充足感を得るは充足感を入手するという意味になります。

充足感を使った例文

充足感を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「今回のコンサートは素晴らしく期待以上で、充足感に満ちた。」
  • 「やりがいがある仕事を継続することによって、充足感に包まれる。」
  • 「目の前の仕事を、充足感を得るために頑張る。」

充足感の類義語とは?

ここでは、充足感の類義語についてご紹介します。

充実感

充実感が、充足感の類義語としてはあります。

充実の意味は、自分に備わっており、豊富な内容であることです。

リア充というのは、リアル(現実)の生活が充実している人ですが、この意味は生活の内容が満ちており、豊富に出来事や予定などがある状態のことです。

メニューがレストランなどで充実している時も、メニューの内容が不足なく揃っている、豊富であるという意味で使われます。

イメージの細かな違いとしては、充実感は満ち切った状態の感じで、充足感はだんだんと足りなかったものが満ちていく感じです。

飽満感

飽満感という言葉は、お腹がいっぱいの時に使うことがあります。

飽満を感じる時に、飽満感は使う言葉です。

飽満の意味は、食事を十分に摂って満ち足りた様子、飽きた様子です。

例えば、旅行に行ったり、地元でのみ食べられる料理を楽しんだりするでしょう。

飽満感は、食事を十分に摂ってもう摂れない、お腹いっぱいの様子をいいます。

食べ放題のレストランなどで感じられる感情を、飽満感という言葉で表現することができます。

食事をするのが楽しい人は、飽満感という言葉を把握しておきましょう。

満足感

充足感の同義語としては、満足感があります。

満足の意味は、十分に満ち足りていること、望みが叶えられて不平がないこと、十分にある基準や条件を満たしていることです。

ほとんど満足感と充足感は意味が同じであるため、満足感に充足感は置き換えることができます。

しかし、意味合いによっては、満足感は充足感に置き換えられない時があるため注意しましょう。

満足感は、充足感と比較すると、不平不満が満ち足りた気持ちの中にないという意味合いが含まれている時があるため、充足感では十分に置き換えることができません。

充足感の対義語とは?

ここでは、充足感の対義語についてご紹介します。

不足感

不足感の意味は、満たされないと感じる様子です。

不足の意味は、十分ではない、足りないということがあります。

気持ちや物事に欠けているところがあり、満たされていないと感じたり、物足りないと感じたりする気持ちを表現するのが、不足感という言葉です。

不足感は十分ではなく満たされていない様子を表現し、充足感は足りないところが満たされて満足した気持ちを表現します。

不足感を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「はっきりしないぼんやりとした不足感に悩まされる。」

充足感が得られない要因とは?

充足感が得られないような時もあるのではないでしょうか。

では、充足感が得られない要因としてはどのようなものがあるのでしょうか?

全く考えないで寝ていたり、ぼーっとしたりしているのみでは、なかなか充足感が得られないでしょう。

ここでは、充足感が得られない要因についてご紹介します。

受け身である

充足感を得ることは、受け身では困難です。

待っていても、自分を他の人が楽しませてくれたり、ミッションや目標を与えてくれたりすることはありません。

しかし、積極的に自分で考えて行動すると、充足感を得ることができます。

自分で目標を見つけ出したり、楽しみを見つけ出したりするなど、自分から行動する方が気持ちは満たされます。

熱中できるものや興味があるものがない

充足感を感じるのは、結果や目標でなく、過程(プロセス)であるといわれています。

一方、充足感が得られない人は、熱中するものがない、興味があるものがないため、結果や目標に結びつくものに巡り合えない傾向があります。

やりたいことがないと、その過程を味わうチャンスも少なくなります。

例えば、あなたに好きな人がいるとしましょう。

この時は、好きな人がいるためデートをしたいと思って、どのようにしてデートするために好きな人を誘うかを考えて、デートに誘ってデートを始めるでしょう。

充足感を感じるのは、デートに誘うまでの過程です。

充足感を感じる人は、関心があるものを探して、行動と思考を繰り返して、その過程を楽しんでいます。

充足感がもたらすメリットとは?

毎日充足感を感じていれば、いろいろなメリットが多くあります。

ここでは、充足感がもたらすメリットについてご紹介します。

充足感があると、やる気に満ち溢れて、ポジティブな気持ちになります。

毎日仕事をしていると、ストレスが溜まったり、疲れたりするでしょう。

特に関心があるものがなく、単に生活するために仕事をしているだけであれば気持ちがだんだん沈んでいき、ネガティブな考え方になってしまいます。

しかし、充足感があるのみで、辛い毎日の仕事に対してポジティブになり、仕事のレベルがアップします。

これ以外にも、雰囲気や表情が魅力的になり、積極的に新しいことにもチャレンジする精神がマスターできるというメリットもあります。

充足感の英語表現とは?

充足感の英語表現としては、「sufficiency」(たっぷり、十分な量)を使った「sense of sufficiency」があります。

また、「satisfaction」(満足、充足)も、充足感の英語表現になります。

「sufficiency」「satisfaction」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「give a sense of sufficiency」(充足感を与える)
  • 「achieve a sense of satisfaction」(充足感を得る)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。