「ノウハウ」の意味とは? 使い方や類似語、「ノウハウ」と「ハウツー」の違いなどを解説




「ノウハウ」の意味とは?

「ノウハウ」は、「ものごとにおける手順や方法、コツや順番などの知識」という意味です。

そのため、「ノウハウ」は、動作や物事において一連の「何をどうする」という知識のことです。

「ノウハウ」は、「スポーツのノウハウ」「仕事のノウハウ」「使い方のノウハウ」など、ほとんどどのようなエリアやジャンルでも使える言葉と言えるでしょう。

英語の「know-how」は「ノウハウ」の語源になります。

「知る」という「know」と「方法」という「how」が組み合わさった言葉です。

「ノウハウ」と同じような意味がある言葉としては「ハウツー」があります。

日本語としては、「ハウツー集」や「ハウツー本」などというように熟語としてもオリジナルの表現で使われているためか、カタカナ語として馴染みがある一つの言葉でしょう。

また、英語圏においては他の表現として、「how-who」(相手がどのような人かを理解する)「how-what」(何を自分でしているかを理解する)「how-why」(どうしてそうかを理解している)などがあります。

このようなビジネス用語は大切なものであり、頻繫にグローバル企業で使われている言葉になります。

ビジネスシーンでの「ノウハウ」の意味とは?

ここでは、ビジネスシーンでの「ノウハウ」の意味についてご紹介します。

ビジネスシーンでの「ノウハウ」は、普通の意味での「ノウハウ」と違うため注意しましょう。

「ノウハウ」とは?

「ノウハウ」は、大切な言葉で知的財産にも関係します。

「ノウハウ保護基準条項」という国際商業会議所が作ったものの中では、「ノウハウ」について決められています。

この中では、「工業のために役に立つ技術を利用するための知識や技術、経験の集積」と決められています。

ビジネスにおける意味は「技術的な設計や製品についての知識」である

一般的な「ノウハウ」の意味は、「物事の方法や手順についての知識」であり、実際のシーンにおいて役に立つ、あるいは必要なものを言います。

しかし、ビジネスにおける「ノウハウ」は、先にご紹介したように意味合いが違うので、使い方に注意する必要があります。

「ノウハウ」の使い方とは?

ここでは、「ノウハウ」の使い方について、いくつかの例文をご紹介します。

ここでご紹介する「ノウハウ」の例文を参考にして、間違った「ノウハウ」の使い方をしないようにしてください。

ビジネスシーンにおいては、「ノウハウ」という言葉はよく使われるため、ぜひマスターしておきましょう。

「ノウハウ」という表現を使えば、相手に対して非常に知識がすごいというイメージを与えることができるでしょう。

「ノウハウ」という言葉を仕事では多く耳にするチャンスがあるため、ここでは仕事のときに使う例文についてご紹介します。

上長が部下に仕事を指導するシーンでは、次のように「ノウハウ」を使います。

例えば、「上長が養ってきた仕事のノウハウを教えてください」と部下が言ったときに、「長年かけて養ったノウハウはそれほど簡単には教えられない」と上長が答えます。

「ノウハウ」という言葉は経験や知識を把握したいときに使えば、できる人であると他の人から認められるでしょう。

講演するときは、なおさら「ノウハウ」を使うようになります。

特に、自己啓発をするときは「ノウハウ」を使う頻度が多くなります。

自己管理技術などというようなことを指導するときに、「ノウハウ」を使うシーンがあります。

「ノウハウ」の類義語とは?

類義語が「ノウハウ」にはあります。

例えば、「ノウハウ」には、コツ、秘訣、裏技、方法、要領などが含まれます。

ここでは、「ノウハウ」の類義語についてご紹介します。

「ノウハウ」と「ハウツー」の違いとは?

「ハウツー」は「ノウハウ」と同じような言葉です。

「ハウツー」の英語表現は「How to」になります。

つまり、「物事をどのようにして進めるか」についての知識を表現する言葉です。

「ハウツー本」というような言葉がありますが、「初心者のための方法・知識」を表現する意味合いが「ハウツー」にはあります。

「ハウツー」としては「初心者のための情報」や「入門のための知識」などがあります。

一方、専門的な知識である方法論や情報・知識などは、「ノウハウ」になり「ハウツー」ではありません。

「ハウツー」は、「ノウハウ」の中に「初心者のための情報」としてあると考えればよくわかるでしょう。

「ノウハウ」と「技術」の違いとは?

「技術」は「ノウハウ」と同じような言葉です。

「技術」も「ノウハウ」の中に含まれているので、2つのこの言葉の意味が同じときと、そうでないときがあることに注意しましょう。

例えば、有利に民事裁判を進める方法が「ノウハウ」のときは、有利に裁判を進める「技術」と裁判のための法律の「知識」の両方が含まれます。

一方、「民事裁判を始める方法」のみが「ノウハウ」のときは、有利に裁判を進めるための方法や優れた弁護士を選択する方法以外に、「ノウハウ」には裁判を進める「技術」は含まれないときがあります。

このように、「ノウハウ」に含まれている内容によっては、技術的なことが説明、記載されているときとそうでないときがあります。

そのため、「ノウハウ」をマスターしたということでも、「技術」がすぐにマスターできたということではないことも注意しておきましょう。

「ノウハウ」と「ナレッジ」の違いとは?

「ナレッジ」は「ノウハウ」と同じような言葉です。

「ノウハウ」と「ナレッジ」では、「ナレッジ」の方が意味合いが広くなります。

「ナレッジ」の意味は「知識」ですが、「ノウハウ」の意味は「仕事を行うための知識」「専門的な技術」になります。

そのため、「ノウハウ」が「ナレッジ」の中に含まれています。

ここでは、専門的な知識は必要ないが手順を覚えるとできる仕事についてご紹介します。

事務作業などの簡単な仕事が該当します。

このときは、仕事の手順を覚えることは「ノウハウ」を学習することですが、「知識」を学習したとまでは言えないでしょう。

「ナレッジ」に該当するかどうかは大切ではありませんが、異なった意味がある言葉として把握しておきましょう。

ビジネスシーンでの「ノウハウ」の意味は、主として「技術」に特化して使われるものであり、「工業的に役に立つ技術的な知識」のことです。

例えば、設備や機械を組み立てて使えるようにする技術力です。

編み物や料理の「ノウハウ」など、いろいろな「ノウハウ」がありますが、ビジネスシーンでの「ノウハウ」は、いろいろな機械、コンピューターの設計や製造における「特別な知識や技術」のことを言います。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。