「虚無感」の意味と使い方とは?原因や乗り越える方法などを解説




「虚無感」の意味とは?

「虚無感」の意味は、「意味が物事の全てに感じられなく虚しい感情」です。

「虚無感」という言葉は、「虚無」に「感」という「感情」がプラスされたものです。

「虚無」の意味は、「全く存在しなく虚しいこと」です。

そのため、意味としては、「意味や価値をこの世の中にある全てのものに認めない」になります。

これに「感情」をプラスした「虚無感」にすることによって、「物事の全てに意味や価値が感じられなく虚しい感情」という意味になります。

「虚無感」がある人とは?

ここでは、「虚無感」がある人についてご紹介します。

どのようなことをしても意味が無いと感じる

「虚無感」に襲われると、どのようなことをしても楽しいと思わないで意味が無いと思います。

そのため、充実感や満足感が無いため、やる気もだんだん無くなってきます。

不安や孤独を感じる

「虚無感」を感じているにも関わらず、上手く家族や友達に伝えられなくて不安や孤独を感じています。

自分が存在する意義が無くなる

「虚無感」を感じていれば、どのようなことをしても価値や意味を見つけることができなく、誰もが不安や孤独を感じます。

「虚無感」をあまりにも長く感じていれば、自分が存在する意義が無くなるような状態になるため注意する必要があります。

「虚無感」の使い方とは?

ここでは、「虚無感」の使い方についてご紹介します。

「虚無感にとらわれる」「虚無感に包まれる」

「虚無感」は一種の感情であるため、「虚無感を抱く」という表現ができます。

これ以外にも、「虚無感にとらわれる」や「虚無感に包まれる」という表現がよく使われるでしょう。

例えば、「虚無感」の使い方としては、次のようなものがあります。

  • 「虚無感にとらわれた暮らしをここ最近はしている。」
  • 「誰でも虚無感に包まれるのは体験することである。」

「虚無感に包まれる」といえば、「すっぽりと虚無感に覆われる」というような意味合いになります。

「とらわれる」は発想が自由にできないようなときに使う表現で、「虚無感にとらわれる」は「別のことが虚無感に占領されて考えられない」というような意味合いになります。

「虚無感に苛まれる」

「虚無感に苛まれる」という表現も、よく目にします。

「苛まれる」の意味は、「体や心が苦しめられる」ということで、「虚無感のためにもがき苦しんでいる」という意味合いになります。

例えば、「急に愛犬が亡くなったので虚無感に苛まれている」といえば、「愛する犬が亡くなって、心がどうしようもない喪失感で痛む」というような意味合いがあります。

「虚無感に襲われる」

「虚無感に襲われる」の意味は、考えてもみなかったような事態や出来事のときに使います。

基本的に、「襲う」という言葉の意味としては、「不意に攻める」というように「不意に」というものがあります。

そのため、「虚無感に襲われる」は、考えている以上の激しい虚無感を覚えたり、急な事態になって虚無感に包まれたりしたときに使います。

例えば、「虚無感に襲われる」の使い方としては、次のようなものがあります。

  • 「次回のプレゼンのデータが無くなってしまって、虚無感に襲われている。」

「虚無感」になる要因とは?

ここでは、「虚無感」になる要因についてご紹介します。

「上手く物事が進まない」

目標に進んでいるときは、充実した人生であると考えられます。

自分が毎日ちょっとずつでも進んでいると考えられるときは、「虚無感」は無いでしょう。

しかし、どのようなことをしても上手く物事が進まないときがあります。

このようなときは、目標から自分が遠くなっていくような感じになって、「虚無感」に襲われるときがあります。

暗闇の中で自分がもがいているような感じになって、「自分が努力しても全く意味がない」と考えるためです。

「物事が上手く進んだ」

物事が上手く進んだすぐ後も、よく「虚無感」に襲われます。

例えば、毎日「ある目標を達成する」ことのみを考えている方は、「その目標だけが達成できると幸せになる」と思っています。

そして、目標を達成すると、以前の自分とそれほど違っていないことがわかってしまいます。

その結果、「努力は何のためであったのか」と思って、今までの人生を悔やむようになります。

このようにして「虚無感」に襲われて、やる気も全く無くなります。

「生きるとはどのようなことかと考えた」

「生きるとはどのようなことか」などと考えれば、よく「虚無感」に襲われます。

必ず人は亡くなるのに、どうして生きるかわからなくなるためです。

「虚無感」を乗り越える方法とは?

ここでは、「虚無感」を乗り越える方法についてご紹介します。

「虚無感」になりやすい状態を自覚する

「虚無感」を乗り越える方法は、実はどのようなときに虚無感は感じやすいかという中にあります。

つまり、「虚無感」を乗り越えるためには、前もって「虚無感」になりやすい状態を自覚して、このような状態になったときに対処をいち早く行うことです。

「人の行いを予想することができると、結果をコントロールすることができる」という「行動科学」があります。

この行動科学において、ストレス(St)は個人係数(f)、要求レベル(D)、見通し(P)、サポート(S)で表現されるといわれています。

この行動科学では、甘い見通し、高すぎる要求レベル、サポートしてくれる物や人がないときに、ストレス(虚無感)は最大になります。

「虚無感」が発生する原因を最小にする

先にご紹介した行動科学におけるストレス(虚無感)を最小にするには、見通しは現実的な成功する確率が高いか、自分が要求しているレベルは妥当か、自分を最後にサポートしてくれるのは何であり誰であるか、ということをはっきりと自分なりにさせておくことが大切です。

しかし、絶えず状況は変わっており、「虚無感」にいきなり襲われるときも多くあるでしょう。

このようなときでも、先にご紹介した行動科学によって冷静に自分の現在の状態を見つめ直すことができると、間違いなく「虚無感」は乗り越えられるでしょう。

「虚無感」の英語表現とは?

「Empty feeling」が「虚無感」の英語表現になります。

「Empty」の意味は「空の」ということで、「feeling」の意味は「感覚」ということになります。

そのため、「Empty feeling」の意味としては、「虚無感」ということになります。

カタカナ語として「エンプティ」(Empty)も「フィーリング」(feeling)も知られているため、親しみを「Empty feeling」という英語には持ちやすいでしょう。

「虚無感」の英語表現としては、このように「Empty feeling」になります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。