「アテンション」の意味とは?使い方や語源、類義語などを解説




「アテンション」の意味とは?

「アテンション」は、「留意」や「注意」という意味ですが、「注目」という意味も時にはあります。

注意を他の人に向けて欲しい時などに、「アテンション」は使われています。

「アテンション」の意味が「注意」という時は、ネガティブにもポジティブにも使われるため注意しましょう。

「アテンション」の使い方とは?

ここでは、「アテンション」を使った例文についてご紹介します。

「企画がアテンションを引くように立案する」

この例文では、「アテンション」の意味が「注目」ということで使われており、いい企画にしたいことが感じられます。

「アテンションを多く獲得した」

この例文では、「アテンション」意味が「注目」ということで使われていますが、文脈がわからないため、良くない意味で「注目」されたのか、いい意味で「注目」されたのかわかりません。

「アテンションミスを少なくする」

「アテンションミス」の意味は、「うっかりミス」ということがあります。

ビジネスシーンでも、「アテンションミス」つまり「うっかりミス」をしないように注意しましょう。

「アテンション」の語源とは?

英語の「attention」が、「アテンション」の語源です。

英語の「attention」は、次のような意味があります。

  • 注目
  • 注意
  • 求愛
  • 手当て

英語の「attention」は、ほとんどカタカナ語と意味が同じですが、意味の数が英語の方は多くなります。

例えば、「求愛」「手当て」のように、カタカナ語にない意味も中にはあります。

そのため、カタカナ語の感じで使っていれば、この意味を理解するのが困難ですが、参考として把握しておきましょう。

英語の「attention」の語源は、ラテン語の「attendre」という単語になります。

この単語の意味は、「エネルギーを送る」「気持ちを向ける」ということになります。

なお、フランス語は同じラテン語系で発音は違っていますが、「attention」を「気をつけて」という時に使います。

「アテンション」の類義語とは?

ここでは、「アテンション」の類義語についてご紹介します。

「コンセントレーション」

「コンセントレーション」の意味は、「集中」ということです。

英語の「concentration」が、「コンセントレーション」の語源になります。

「コンセントレーション」は、会話ではあまり使いません。

「コンセントレーション」を使った例文としては、「コンセントレーションを高める」というものがあります。

この例文の意味は、「集中力を高める」ということです。

「ケア」

「ケア」の意味は、「配慮」「注意」ということです。

意味合いとしては、気にかけるということになります。

例えば、「愛犬のケア」といえば、注意して愛犬の様子を見て、手入れなどをすることです。

「アテンション」の対義語とは?

ここでは、「アテンション」の対義語について紹介します。

「ケアレス」

「ケアレス」の意味は、「注意不足」ということです。

「ケアレスミス」とよくいいますが、これはミスが注意不足によって起きるものです。

「注意散漫」

「注意散漫」の意味は、「気が散っている様子」ということです。

同じような意味で「注意力散漫」と表現する時もあります。

例えば、運転している時に関係がないビルや歩道などのみに目が行くのは、「注意散漫」であるといえます。

英語の「attention」の使い方とは?

ここでは、英語の「attention」の使い方についてご紹介します。

「pay attention to 〇〇」

この使い方は、相当頻度が高いものです。

「pay attention to 〇〇」の意味は、「〇〇に注意を払う」ということです。

この時の「attention」の意味は、「注意」ということになります。

「pay attention to 〇〇」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「Pay more attention to your intonation.」(もっとイントネーションに注意してください。)

「more」を「pay」と「attention」の間にプラスすることによって、「もっと」とアピールすることができます。

「seek medical attention」

この表現は、怪我や病気をした時に使われます。

「seek medical attention」の意味は、「治療を要求する」ということです。

この時の「attention」の意味は、「手当」ということになります。

「seek medical attention」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「Running water and seek medical attention.」 (流れている水で冷やして、手当てを医師に要求してください。)

「get much attention」

この表現は、多く英会話で使われます。

「get much attention」の意味は、「非常に注目を集める」ということです。

この時の「attention」の意味は、「注目」ということになります。

「get much attention」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「Not get much media attention.」(メディアの注目をそれほど浴びていない。)

「アテンション」と同じような言葉とは?

「アテンダンス」は「アテンション」と同じような言葉です。

「アテンダンス」の意味は、「参列」や「出席」ということです。

また、「アテンダント」は「アテンダンス」の形容詞です。

「アテンダント」の意味は、「サービスする人」「世話する人」ということです。

なお、飛行機の中で仕事をする「キャビンアテンダント」つまり「客室乗務員」は、従来は「スチュワーデス」といわれていましたが、現在では「CA」といわれています。

「アテンションプリーズ」とは?

「アテンション」というと、「アテンションプリーズ」をイメージするのではないでしょうか。

「アテンションプリーズ」の意味は、「ちょっとお聞きください」「お知らせいたします」ということです。

「アテンションプリーズ」の英語表現は、「Attention , please」です。

ちょっと前までは、「アテンションプリーズ」が飛行機の中のアナウンスで使われていましたが、現在はそれほど使われていません。

「May I have your attention , please?」の方が、「Attention , please」に比較して丁寧な表現になります。

そのため、現在では「May I have your attention , please?」の表現が使われる時が多くあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。