アウトソーシングの意味と使い方とは?派遣とアウトソーシングの違いなどを解説




アウトソーシングの意味とは?

アウトソーシングの意味は、内部で賄っていた仕事を外部の業者に任せることです。

あるいは、新しく行う一部のビジネを外部の業者のサービスを買って任せることです。

アウトソーシングは、費用低減、サービスや品質の向上などいろいろな目的があります。

外部の業者に任せることによって、今まで煩雑であった仕事の整理もできます。

信頼できる外部の業者に仕事を任せると、企業の信用をアップすることもできるでしょう。

また、人員が足りない企業であれば、アウトソーシングによって、内部の人員を増やさないで、ビジネスを新しく始めることもできます。

アウトソーシングの使い方とは?

アウトソーシングは、外部の業者に仕事を任せるときに使います。

自社の人員では対応できない仕事があったときは、アウトソーシングが一つの方法になるでしょう。

また、監視や運用の仕事などのように社員が行う必要がないものは有効です。

割合安い料金で任せられる業者があるときは、アウトソーシングによって企業の費用低減ができます。

ビジネスを新しく始めるときに、その技術が自社になければ、アウトソーシングする方法もあるでしょう。

アウトソーシングを効率よく利用することによって、企業の信頼性がアップします。

派遣とアウトソーシングの違いとは?

アウトソーシングと意味が同じような言葉として派遣があります。

しかし、派遣とアウトソーシングは同じような意味ですがはっきりした違いもあります。

ここでは、派遣とアウトソーシングの違いについてご紹介します。

アウトソーシングの考え方は、仕事をするために必要な人材を外部の業者に頼るものです。

このことのみを考えれば、派遣とアウトソーシングは違いがそれほどないように感じますが、労働力が社外にあるか、社内にあるかということが大きく違っています。

派遣を企業が雇用するときは、労働派遣契約を派遣元の業者と結びます。

このとき派遣された人は、契約を派遣元の業者と結んでいますが、実際には派遣先の中で仕事をするようになるでしょう。

仕事が終わったということでも、契約上はすぐに契約を解除するということはできません。

一方、アウトソーシングは、企業の内部には金銭的な費用以外は抱えないようになっています。

このことが、派遣とアウトソーシングの違いであるといえるでしょう。

また、大きな違いが給料面においてもあります。

派遣されるほとんどの人は時間給ですが、アウトソーシングはほとんど成果物に対する給料になります。

アウトソーシングの契約の基本は成果物の提供ですが、派遣の契約の基本は人的なリソースの提供になっています。

アウトソーシングのメリットとデメリットとは?

ここでは、アウトソーシングのメリットとデメリットについてご紹介します。

アウトソーシングのメリット

アウトソーシングは次のようなメリットがあります。

自社がメインにしている事業に集中できる

アウトソーシングすることによって、自社がメインにしている事業に集中できます。

そのため、競争力が企業としてアップすることも期待できるのは、大きなアウトソーシングのメリットです。

自社の事業についてノウハウがある自社の社員を、メインの事業に集中させることによって生産性がアップするというメリットもあります。

高い競争力があるといわれている企業では、全くアウトソーシングを利用していない企業はないといってもいいでしょう。

費用低減ができる

日本の企業においては、一般的給料が勤続年数によってアップしていきます。

そのため、自社のメインでない事業を社内で行うことは、費用が高くなりかねません。

ノウハウが特に必要でない仕事は、アウトソーシングしても費用はそれほど高くないため、社内の人材を使うときに比較して、費用低減ができます。

アウトソーシングした結果、メインの事業に費用をかけたり、新しい人材を雇用したりすることもできます。

最終的に競争力がアップするようになります。

専門的な自社にはない設備やノウハウが利用できる

より専門的な仕事をアウトソーシングすると、外部の業者が蓄積した専門的なノウハウや設備などを利用することもできます。

社内でこのようなノウハウや設備を抱えるは、時間的・金銭的な費用が非常に大きくなります。

このようなノウハウや設備を費用を払うのみで使えるのは大きなメリットでしょう。

全ての仕事を社内で完結させるときに比較して、サービスや商品の品質がアップするのは明らかでしょう。

アウトソーシングのデメリット

アウトソーシングは先にご紹介したように多くのメリットがありますが、次のようなデメリットもあります。

ノウハウを蓄積することが困難である

社外の業者に仕事を任せることによって、社内でノウハウを蓄積したり、ノウハウがある人材を確保したりすることが困難になります。

情報が漏洩することがある

アウトソーシングでは、重要な個人情報などのデータを共有する必要があるので、情報が外部に漏洩することがあります。

そのため、前もって契約する内容やセキュリティを確認する必要があります。

仕事を標準化する手間がかかる

仕事の属人化を防止するためには、仕事内容を誰でもわかるように標準化する必要があります。

そのため、社内の負担が、アウトソーシングする前に大きくなることがあります。

アウトソーシングするときに注意することとは?

ここでは、アウトソーシングするときに注意することについてご紹介します。

任せる仕事は丸投げしない

任せる外部の業者は、企業の事業を十分にわかっていないため、丸投げはしないでお互いに仕事内容を明確にしましょう。

社内で確認する体制を整備しておく

高い専門性の仕事を任せてしても、前回との比較や整合性の確認など、チェックが最低限できるような体制を整備しておきましょう。

いろいろなリスクが防止できるのみではなく、決定権・主導権が自社にあることを意識させるためにも効果があります。

また、確認することによって、ノウハウをある程度社内に蓄積することもできます。

見積りのみはいくつかの業者から入手しておく

任せる企業が専門でない仕事をアウトソーシングするときは、相場を掴むのが困難であるため、料金の目安がわからないまま契約するときがあります。

まず、見積もりのみはいくつかの業者から入手して、料金を比べるようにしましょう。

また、それぞれの業者の料金が違うときは、任せる企業とアウトソーシングする業者の仕事内容の考え方に違いが生じているときがあるため、明確に仕事内容を伝える必要があります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。