「フェーズ」の意味とは?類義語や「ステップ」との違いなどを解説




「フェーズ」の意味とは?

「フェーズ」は、「段階、時期、局面」という意味です。

ビジネスシーンでの「フェーズ」のニュアンスは、「変化するプロセスの一区切り」ということで使われます。

長期間に及ぶ治験やシステム開発などのプロジェクトを運営、管理するためには、「フェーズ」は便利な考え方です。

時間が長くかかる仕事は、多くの不確定要素があり、どのようなことが発生するか予想し難いものです。

その仕事のKPIやto-doを、短い時間の単位の日にちなどだけで設けしまえば、全体のプロジェクトのイメージを途中で把握することができなくなります。

そのため、割合長期間の「フェーズ」を設けて、目標を「フェーズ」で立てることによって、チーム全体で大枠のプロジェクトを見失わないで効率よく毎日の仕事を行うことができます。

プロジェクトを管理するのみでなく、情報管理、財務管理、セキュリティー管理など、いろいろな領域において、目標を「フェーズ」という単位で設けるときがあります。

「フェーズ」という言葉は、非常事態の疫病や災害などの段階などにも使われます。

「フェーズ」が上がるにしたがって、リスク度はアップしていき、対処法も変わっていきます。

具体的な「フェーズ」の使い方とは?

ここでは、具体的な「フェーズ」使い方についてご紹介します。

  • 「このプロセスが終わったため、第2フェーズになります。」
  • 「前のフェーズで起きたトラブルを避けるために、次のフェーズでは別にこの枠を発注します。」

「フェーズ」は、主として局面の状況を他の人に伝えるときに使う言葉です。

会議で使うときは、プロジェクトなどの段階を意味するために使います。

「フェーズ」は前もってプロセスの内容ごとに番号を第1、第2などと振られていますが、名詞を具体的につけることもできます。

  • 「実践フェーズにデータの利用を移すタイミングになった。」
  • 「詳しい設計が終了したため、製作するフェーズになります。」

「フェーズ」は、一まとまりのプロセスを表す言葉であるため、幅広く使えます。

逆にいうと、広い意味がある言葉であるため、曖昧に思ったときはきちんと確認して勘違いしないようにすることが大切です。

「フェーズ」は、同じような言葉の「ステージ」や「ステップ」、「グレード」などが多く、使い分けするが困難な一つの言葉でもあります。

もし、どのような言葉を使うといいかわからないときは、言葉のそれぞれの意味を考慮して使えば、シーンにマッチしたものを選択することができます。

ビジネス用語にはあまり耳にしないようなものが多くあるためイメージしにくいでしょうが、仕事をよりスムーズに進めるためにも、きちんと正しい意味を掴んでおきましょう。

日本語での「フェーズ」の言い換え方とは?

「フェーズ」は、目標に向かう一連の出来事における段階のことです。

また、「フェーズ1(フェーズワン)」というのは、初めの区切りのことですが、「第1段階」とも言い換えることができます。

例えば、「 A 社との提携が、〇〇プロジェクトの第1フェーズにおいては予定されている。」という表現は、「 A 社との提携が、〇〇プロジェクトの第1段階では予定されている。」というように言い換えることができます。

「フェーズ」の使い方としては、段階的に一連のプロセスを区切るという意味の他に、新しい局面を意味するものもあります。

意味としては、物事の形勢や成り行きということです。

例えば、「A社は失地を回復するステージから、成長が持続的に期待できるフェーズに入った。」という表現は、「A社は失地を回復するステージから、成長が持続的な期待できる局面に入った。」と言い換えることができます。

「フェーズ」の類義語とは?

ここでは、「フェーズ」の類義語についてご紹介します。

「ステップ」

「ステップ」は、工程を一つづつアップして進歩する「ステップアップ」の考え方で、段階を区切るものです。

「ステップ」と「フェーズ」は物事が進むときの段階という意味では同じですが、「成功への第一ステップ」と表現する方が「成功への第一フェーズ」よりもアップするプロセスが表現できます。

「プロセス」

「フェーズ」と同様に、「プロセス」は仕事の進捗を管理するときに使われます。

「プロセス」の意味は、「物事を進める過程・手順」ということです。

「プロセス」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「第2フェーズでのタスクが終わると、次のプロセスに進める。」

「プロセス」と「フェーズ」の違いは?

「プロセス」の意味としては、「(物事をすすめる)過程・手順」というようなものがあり、「フェーズ」の意味の「段階」とは同じようなニュアンスがあると考えるかもしれませんが、はっきりした違いがあります。

「プロセス」は実行に何かを移したときに、結果が出るまでの過程のことであり、いくつもの「プロセス」が1つのフェーズの中には含まれています。

「フェーズ」はいくつかに工程を区切ったもので、「プロセス」は進め方を表現したものです。

「ステップ」と「フェーズ」の違いとは?

例えば、新しいビジネスを何かスタートすることを決定したとしましょう。

社長には誰がなるか、どの程度の予算か、どのような人員にするかということを、「フェーズ」の一つとします。

この「フェーズ」の中において、「代表を決定する」「予算を決定する」「人員を決定する」というような工程の一つひとつが「ステップ」になります。

また、どのようにこれらを進めるかを表現したものが「プロセス」になります。

「フェーズ」と「プロジェクト」の違いとは?

企業に勤めているときは、プロジェクトに参加するようなシーンもあるでしょう。

プロジェクトが大きなときは、様々な部門から人員を臨時に集めるときもあります。

このようなときは、「フェーズ」で運営するのが基本で、基本的に「プロジェクト」は「フェーズ1」~「フェーズ4」でマネジメントするようになっています。

「フェーズ1」は定義して人員を集める段階、「フェーズ2」はプロジェクトメンバーでプランを立案して、スケジュールを立案したりして計画書を承認をする段階、「フェーズ3」は実行してから完成する段階、「フェーズ4」は完成した後に見直しする段階になります。

「フェーズドアレイレーダー」とは?

板状の固定されたアンテナに、多くの電気的に動作する素子があるレーダーです。

アンテナを回転しないで、電気的な動作だけでレーダーを任意の方向に照射したりするものです。

一区切りごとに各方向の送受信を行う素子を設けているアンテナであるため、名称に「フェーズ」がついているのでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。