プレゼンスの意味と使い方とは?熟語や類義語などを解説




プレゼンスの意味とは?

プレゼンスというのは、よくビジネス用語として使われている存在感を表現する言葉です。

ラテン語の「前にいる」がプレゼンスの語源で、よく国際的な出来事を表現するときに使われます。

プレゼンスの由来は、英単語の「presence」のカタカナ語です。

カタカナ語が英語に由来するものでも、全く意味が違うものも多くあります。

プレゼンスの意味は、存在感あるいは存在です。

プレゼンスは経済紙やニュースで見ることが多くあるでしょう。

軍隊用語で、影響力が軍事的・経済的にある存在について使われます。

例えば、「中国のプレゼンスが世界的にさらに高まっている」なども、正しいプレゼンスの意味がわかっていると読み取れます。

プレゼンスを使った熟語とは?

プレゼンスは、ほとんど経済、政治、軍事のジャンルで使われます。

ここでは、このようなジャンルをメインにプレゼンスを使った熟語についてご紹介します。

プレゼンスが高まる、プレゼンスが高い

プレゼンスが高まる、プレゼンスが高いという意味は、ある国の存在感が経済、政治、軍事において高まる、高いということで使われます。

例文としては、次のようなものがあります。

  • 「世界的に中国は投資のジャンルにおいてプレゼンスが高い。」
  • 「プレゼンスが軍事で高まると、一気に国民は緊張する。」

プレゼンスを発揮する

プレゼンスを発揮するという意味は、存在感をある国においてアピールするということで使われます。

プレゼンスを発揮するは、だいたい軍事的、政治的な活動や計画が実践されるときに使われます。

プレゼンスを発揮することで、強大な存在があることをアピールしています。

例文としては、次のようなものがあります。

  • 「国家の最大の強みを、軍事プレゼンスを発揮することで示すことができる。」
  • 「新しい首相が訪日することで、政治的にプレゼンスを発揮した。」

プレゼンスを示す

プレゼンスを示すという意味合いは、事態の展開がプレゼンスを発揮するまではないが、存在感を示した、存在を明らかにしたというようなことで使われます。

例文としては、次のようなものがあります。

  • 「それぞれの派閥のプレゼンスを示す議論が始まった。」
  • 「企業はダントツの売り上げアパレルで誇り、業界トップのプレゼンスを示した。」

プレゼンスが低下する、プレゼンスが拡大する

プレゼンスが低下する、プレゼンスが拡大するは、国内での影響や存在が低下する、拡大することを表現す言葉です。

勢力が経済的、政治的、軍事的に縮小、拡大し、変化が国内経済に起きるような状態で使われます。

例文としては、次のようなものがあります。

  • 「東南アジアをメインに、日本企業のプレゼンスは拡大している。」
  • 「外国の会社に買収されたので、プレゼンスが一時的に低下した。」

プレゼンスの類義語とは?

ここでは、プレゼンスの類義語についてご紹介します。

プレゼン

プレゼンテーションの略語がプレゼンです。

プレゼンテーションは、相手に行動してもらうために何らかの情報を提供するテクニックのことです。

プレゼンは相手に情報をわかってもらうのみでは成功とはいえなく、この情報をもとに相手が行動を何らかとったときに成功になります。

ブレゼ

ブレゼというのは、一種のフランス料理です。

プレゼは、調理するときにオーブンで食材を蒸し煮する方法です。

あまりプレゼンスとは関係がありませんが、雑学として把握しておけば何かのときに役立つでしょう。

専用のブレゼの密閉容器に食材の野菜や肉などを入れて、水・ワイン・出汁などの水分を食材が半分浸る程度入れます。

ぴったり蓋を閉めてオーブンで加熱します。

蒸し煮にするため、蓋ができあがるまでは開けられません。

程よく煮汁の出汁と食材のエキスとが混じって、風味豊かに柔らかくでき上がります。

プレゼンス情報

プレゼンス情報は、マイクロソフトのツールのLyncというものの機能の1つで、利用している人が在席していることを教えてくれるものです。

プレゼンス情報が使っている人の顔写真の横に表示され、利用している人が在席しているかどうかをチェックすることができます。

Lyncは、チャットやビデオ会議などが使えるツールです。

プレゼンス情報をチェックすることによって、最も相手に連絡しやすい方法を選択することができます。

プレゼンスをアップする方法とは?

ここでは、プレゼンスをアップする方法についてご紹介します。

プレゼンスをアップする具体的な方法としては、発言力を得るために結果を出すことです。

これはビジネスにおいて特にいえることですが、自分のプレゼンスをアップするためには結果をまず出すことが大切です。

この努力をしないで自分の話を相手に聞いてもらったり、何かを相手に要求したりするのはフェアではありません。

疑問に何か思っても、仕事に向かってがむしゃらに結果を出しましょう。

そうすると、自然に自分のプレゼンスもアップし、周りの人から一目置かれるようになって、発言力が得られます。

プレゼンスがある人も存在感が初めからあるように感じるかもしれませんが、現在があるのは一から積み上げたからです。

プレゼンスを使うときに注意することとは?

ここでは、プレゼンスを使うときに注意することについてご紹介します。

プレゼンスを使う前に意味を自分でしっかり把握して使う

プレゼンスを使うときは、意味をしっかり把握して使うことが大切です。

これはプレゼンスを使うときに限ったものではありませんが、カタカナ語で英語がもともと語源になっている言葉は、意味を特に勘違いしたり、勘違いしたまま間違って使ったりするということが起き得ます。

このようなことを防ぐためにも、まずプレゼンスの表現の意味や使い方を把握して、このポイントを自分の頭の中で十分に整理しましょう。

プレゼンスの意味を把握しないで、他の人が使っており何となくかっこいいということで使うことは止めましょう。

コミュニケーションを図る上での障害にもなり得ます。

全体の会話のバランスを考慮して多く使い過ぎない

プレゼンスの意味をしっかり把握した後も、使う頻度には注意しましょう。

カタカナ語のプレゼンスのようなものは、日本語ですが英語的な響きがあります。

プレゼンスを使ったことはあるかもしれませんが、一つの会話にこのような言葉を多く使い過ぎれば、伝えたいことがなんとなくわかりにい、耳障りが悪いなどが起きて、相手と上手くコミュニケーションが図れないということも起き得ます。

そのため、使うときは全体の会話のバランスを考慮して多く使い過ぎないように注意しましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。