「プライオリティ」の意味とは?いろいろなシーンでの「プライオリティ」などについて解説




「プライオリティ」の意味とは?

「優先順位」「重要度が高いもの」「優先すること」「先取権」などが、「プライオリティ」の意味としてはあります。

広い「プライオリティ」の意味としては、「すぐに行うべき物事」「緊急性が高い順番」もあります。

ビジネスの基本は、この仕事は後にしてもいいか、先に行うべきかという「プライオリティ」を決めることであることを把握しておきましょう。

的確に仕事の優先順位を付けることができると、効率良く仕事ができます。

一方、「プライオリティ」を見誤ると、最終的に影響が仕事の成果にも出てきます。

しかし、「プライオリティ」が一旦決まると、順番通りにあとは仕事を行っていくのみです。

仕事が重なって、余裕が時間的にない時は、仕事の「プライオリティ」をまず決めましょう。

いろいろなシーンでの「プライオリティ」とは?

ここでは、いろいろなシーンでの「プライオリティ」についてご紹介します。

バス、電車

「priority seating」(プライオリティシーティング)「priority seat」(プライオリティシート)は、バス、電車の優先席表示の英語表現です。

優先席表示は、優先的に子供を連れた方や身体の不自由な方、妊娠中の方が座れるという意味で使われています。

バスや電車に乗った時は、優先席に注意しましょう。

空港ラウンジ

「プライオリティパス」は、有料サービスとして世界中の空港ラウンジが使えるものです。

「プライオリティパス」を使えば、乗るクラスや航空会社に関係なく、空港ラウンジが使えます。

現在、「プライオリティパス」のサービスは、空港ラウンジの1000ヶ所以上で展開されています。

ネット環境が整備された空港ラウンジで、保安検査所を通って飛行機に乗るまでの空いた時間に仕事ができます。

無料の軽食やドリンクサービスも人気になっています。

リフレッシュサロンが、場所によって使えたりします。

外国に多く出張するビジネスマンには人気になっています。

アミューズメントパーク

「プライオリティ」は、有名なアミューズメントパークなどでも設けられている時があります。

例えば、「プライオリティシーティング」は、事前のレストランの受付サービスです。

来店する時間を前もって予約しておけば、指定した来店時間に席に優先的に案内してくれます。

「プライオリティ」の使い方とは?

ビジネスシーンにおいては、「プライオリティを置く」「プライオリティが高い」などというように頻繁に「プライオリティ」が使われています。

「プライオリティ」は、カタカナ読みに英語の「priority」をしたものです。

「priority」は、「順序や時間が先であること」「優先事項」「優先権」というような意味になります。

日本語の「プライオリティ」の意味も本来の意味を考慮したもので、意味合いとしては「優先順位」「優先すべきことがら」などということで使われています。

「プライオリティ」は、先にご紹介したように英語に由来する外来語です。

「プライオリティ」は普段使うチャンスは多くありませんが、相当頻繁にビジネス用語としては使われています。

仕事においても日常においても、「プライオリティ」という言葉は「優先度の高さ」を表現する時が多くあります。

ビジネスシーンの時は、優先的に他のものよりも行う仕事について、「プライオリティがこの仕事は高い」というように表現します。

一方、「低いプライオリティの仕事」という時は、「現在は後回しにしても問題ない仕事」というような意味になります。

ビジネスシーンでは同時にいくつかの仕事を行う時が多くあるので、このようにして優先順位を仕事ごとに付けて「プライオリティ」を示すことによって、効率を全体的にアップしやすくなります。

これ以外には、「優先権」というようなニュアンスで使われることも多くあります。

この代表的なものとしては、バスや電車などの「プライオリティシート」がありますが、ニュアンスは「他の人よりも優先して使う権利がある」というようなものになります。

ビジネスシーンでは、例えば、いくつかの会社と交渉する時に、「この会社に交渉のプライオリティはある」というように使います。

ここでは、「プライオリティ」の使い方についてご紹介します。

「プライオリティがある」

この「プライオリティがある」の意味は、ビジネスシーンでは一般的に商標登録や特許出願における「先取権」や「優先権」になります。

「プライオリティがある」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「我が社の方に、この商品についてのプライオリティはあります。」
  • 「プライオリティがあることが、ビジネスにおいては大切である。」

「プライオリティが高い」「プライオリティが低い」

このような使い方をする時は、「優先順位」や「優先度」のレベルを表現するようになっています。

「プライオリティが高い」仕事ほど、早めに片付けるべきです。

「プライオリティが高い」「プライオリティが低い」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「クレーム対応は最もプライオリティが高い仕事である。」
  • 「仕事が今週は多いため、プライオリティが低い仕事は後回しでも問題ない。」

「プライオリティを置く」

「プライオリティを置く」という時の意味合いは、「重要度が高いと認識する」というようなものになります。

重要な仕事が入った時に、その意識付けをしたい時などに「プライオリティを置く」という表現を使います。

「プライオリティを置く」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「忙しい時であるが、プライオリティを置いてこの仕事には臨むように。」
  • 「お客様のニーズについては、プライオリティを置くべきである。」

「トッププライオリティ」

「トッププライオリティ」の意味は、「最高位に優先順位があるもの」ということになります。

「トッププライオリティ」にあたるものは、いくつかある時もあります。

このような時でも、優先順位がどの案件も非常に高いという意味は同じです。

「トッププライオリティ」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「トッププライオリティで、この仕事については行うように。」
  • 「返品クレーム処理は、トッププライオリティに常になっている。」

「ファーストプライオリティ」

「ファーストプライオリティ」の意味は、「優先順位第一位」ということです。

多くある仕事の中で、第一に行うべき仕事です。

「ファーストプライオリティ」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「一旦現在の仕事を止めて、この仕事をファーストプライオリティにして欲しい。」






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。