「プロセス」の意味とは?シーンごとの使い方などを解説




「プロセス」の意味と使い方とは?

「プロセス」は、「一連の目的に向けての行い」という意味です。

細かくいうと、「プロセス」はこの一連の行いにある「過程」「経過」「手順」「変化」「方法」「作用」などもあります。

例えば、商品の製造においては「加工」「処理」、計画や出来事などにおいては「経過」「進行」「推移」、写真やフィルムにおいては「現像」などであり、使われる環境やジャンルにおいて意味が違っています。

「プロセス」という言葉は無意識に普段使う言葉ですが、違った意味と使い方がよくあります。

あやふやな感覚で「プロセス」を使うと、誤解を相手に与える時があります。

ビジネスでは主として業務や仕事の「経過」「進行」「手順」など、製造では「加工」「処理」の意味でほとんど使います。

「プロセス」の予備的な知識として把握しておきましょう。

ラテン語で「前に行くこと」という言葉が、「プロセス」の語源です。

「プロセス」は、一つひとつ前に行くための行動です。

「プロセス」は主としてビジネスシーンで使われる言葉ですが、いろいろな使い方が専門的な業界でもあります。

仕事において「プロセス」を見直すことは、相当役に立つ一つのスキルです。

「プロセス」を無意識に見直すことができるように、今一度「プロセス」の大切さをチェックしてみましょう。

「プロセス」のシーンごとの使い方とは?

「プロセス」の意味は、「手順」「過程」「方法」ということですが、シーンよって意味合いが違います。

ここでは、「プロセス」のシーンごとの使い方についてご紹介します。

ビジネスシーンでの「プロセス」

「目的までの手順や過程」が、ビジネスシーンでの「プロセス」の意味です。

例えば、「プロセスを改善する必要がある」という表現の意味は、「目標を達成するまでの方法や過程を改善する必要がある」ということです。

これ以外にも、ビジネスシーンでも「プロセス」を使った表現としては次のようなものがあります。

  • 「プロセスを踏む」
  • 「プロセスを築いていく」
  • 「プロセスを結果よりも重要視する」

IT業界での「プロセス」

「実行単位」が、IT業界での「プロセス」の意味です。

「プロセス」は一つのプログラミング用語として使われ、意味は「プログラムをコンピューターで動作させる時にメモリーなどOSが割り当てる単位」になります。

メモリーを「プロセス」は管理しており、細く「プロセス」をわけたものを「スレッド」といいます。

印刷業界での「プロセス」

「印刷の技法」が、印刷業界での「プロセス」の意味です。

「プロセス印刷」は、シアン、イエロー、マゼンタ、ブラックの4色にわけて、オフセット方式で印刷する方法です。

「プロセス」の関連用語とは?

ここでは、「プロセス」の関連用語についてご紹介します。

「プロセスイノベーション」

生産工程でのイノベーションが「プロセスイノベーション」で、基本的に生産効率がアップするイノベーションのことです。

例えば、トヨタ自動車の「かんばん方式」が、「プロセスイノベーション」の日本における代表的な例になります。

この「かんばん方式」はヒントをスーパーマーケットから得たもので、パーツについての情報を書いた「かんばん」を使って、相手にどのパーツが使われたかを伝える方法です。

「プロセス管理」

「プロセス管理」というのは、仕事の結果を管理するのでなく、管理するのはその過程です。

営業職では、売上や契約件数などの目標として具体的な数値を掲げます。

しかし、目標を達成するのは結果のみを見ても困難です。

より高い成果を目指すために、結果に至るまでの過程を管理します。

「プロセスレコード」

「プロセスレコード」というのは、患者と看護師の相互関係を管理する文章の記録のことで、医療現場において使われる言葉です。

コミュニケーションを患者と図ることは一つの看護であり、患者の感情や気持ちを読み取ることも重視されます。

しかし、細かなところまで毎日の関わり合いの中で瞬時に理解するのは困難です。

そのため、行いや会話を振り返って気がかりになったところを具体的に記録する「プロセスレコード」が使われます。

「プロセスアプローチ」

「プロセスアプローチ」は、一つひとつの業務のプロセスを明確にして、管理が効果的にできるように、仕組みを作ることです。

例えば、多くの仕事を営業部が受け過ぎれば、製造部が作れなくなります。

そのため、納期に遅れるということになります。

このような時に、業務のそれぞれのプロセスを見直し、業務を全体として効率良くして改善することが、「プロセスアプローチ」の目的です。

「プロセス」の類義語とは?

「プロセス」は一般に広く使われているカタカナ語で、特に伝わりにくいシーンはそのまま使ってもないでしょう。

しかし、言い換える方が場合によっては伝わりやすいケースもあるでしょう。

ここでは、「プロセス」の類義語についてご紹介します。

「過程」

「過程」は、結果に至るまでの道筋や物事が変わっていく段階のことです。

「プロセス」と「過程」は同じような意味です。

「経過」

「経過」は、一定時間内に状態や物事がどのように進行、変化するかの様子です。

「プロセス」は、この「経過」そのものの全体の流れをいう言葉であるため、類義語になります。

「工程」

「工程」は、業務や作業を進める順序・順番や段階、進捗などをいいます。

「工程」も、「プロセス」と同じような意味です。

「手順」

「手順」は、物事の段取りや順序、フローをいいます。

どのような順番で進めるべきか、どのようなことから着手すべきかが「手順」です。

「手順」という言葉を使う方が、具体的な内容や流れをいう時はわかりやすいことがあります。

「プロセス」の対義語とは?

「プロセス」の対義語はありません。

なお、「結果とプロセスではどちらが大切か?」ということをよく耳にするでしょうが、基本的に二者択一ではなく、「原因」が「結果」の対義語になります。

いい「結果」は適切な「プロセス」がないともたらされないので、いずれも重要視することが大切です。

「プロセス」の英語表現とは?

「process」が、「プロセス」の英語表現になります。

英単語の時でもカタカナ語の時でも、意味合いとしては「手順」「経過」「過程」「工程」というようなものがあります。

英文を「The process of doing」(〜する過程)で作ることができます。

「the process of sale」の意味は「輸入手続き」、「in the process of designing」の意味は「設計中」です。

また、「処置」「令状」「訴訟手続き」というような意味もあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。