「チームワーク」の意味や大切であるとされる理由などを解説




「チームワーク」の意味とは?

「チームワーク」というのは、チームによって大きな個人ではできないような仕事を達成する力です。

いかに優れたスキルがあっても、個人のスキルには限りがあります。

しかし、チームによって意見をお互いに出すことによって、新しい発見や気付きがあります。

「チームワーク」で刺激をお互いに与えることによって、それまでは達成できなかったようなことができます。

いくつもの部署などから組織はなっており、多くの社員によってサポートされています。

一人の専門家にこのそれぞれの部署を置き換えると、専門家が集まったものが組織であり、大きな一つのチームと考えられるでしょう。

究極のチームが組織であり、チーム力のアップは組織力のアップになります。

「チームワーク」が大切であるとされる理由とは?

学生の時などに、誰もが「チームワーク」の大切さについて学習するチャンスがあったのではないでしょうか。

「協調性」などのように、どちらかといえば道徳的なことで「チームワーク」はいわれる時が多くあったでしょう。

しかし、「チームワーク」がビジネスシーンで大切であるとされるのは、次のような理由があるといわれています。

長期的に日本の経済が低迷している

日本の一部の会社ではチームを社員が自発的に作ることになって、品質をアップしてきました。

しかし、基本的にこの活動はチームを作った社員の自主性に任せられているので、安定して成果が維持しにくいというデメリットがあります。

このようなデメリットを打破するためには、会社の社員の全てを巻き込んで、価値を生み出すためにより大きなチームにする必要があるといわれています。

ビジネスサイクルが短くなった

ビジネスサイクルが短くなることによって、既にあるビジネスのジャンルでなく、変化に応じて新しいものをサービスすることが要求されています。

新しいものをサービスするためには、アイデアの発掘など、パワーが既にあるビジネスよりも必要になります。

ビジネスがグローバル化した

現代では、人材や取引先がグローバル化しており、大きな影響を会社経営に及ぼしています。

世の中の変化に対応するために外国に進出して、現地で企業活動を安定して継続しようとすると、専門家のサポートが現地で必要になります。

また、個人の考え方や生活習慣などを人材のグローバル化に対応するためには正しく掴んで、理解する必要もあるでしょう。

このようなことに対応して、いろいろなスキルや知識がある人が集まったチームを作ると、大きな成果を会社にもたらすとされています。

チームが成り立つための条件とは?

チームが成り立っていないと、「チームワーク」をいかに重視したくても全く意味がありません。

社員を単に集めたのみでは十分でなく、チームが成り立つためには次のような条件をクリヤーすることが必要です。

目標が明確になってメンバーで共有している

どのようなことを達成するかという目標が明確になっていなければ、それぞれ違う方向にメンバーは進むこともあり得ます。

全てのメンバーが共有できる目標を明確にすることによって、仕事にチームが一丸になって取り組めます。

適切な協力と依存のスタイルがメンバー同士に築かれている

一方的に頼るような関係は良くなく、団結してお互いにフォローしながら取り組む必要があります。

それぞれの役目をメンバーに割り当ている

果たすべき役目があるため、存在価値がチームの一員として生まれ、生産性のアップに貢献することができます。

チームのメンバーの範囲が厳密に決められている

境界を明確にして別の社員を巻き込まないようにして、基本的にチームの仕事はチームの中で完結する必要があります。

「チームワーク」を発揮するコツとは?

ここでは、「チームワーク」を発揮するコツについてご紹介します。

十分な支援体制を準備する

新しいことにチームとしてチャレンジするためには、時間やお金が必要です。

既にいるメンバーで対応できない時には、専門的なスキルがある人材をプラスする必要が場合によってはあるでしょう。

万一の事態になった時に、スムーズにこのような支援体制を整備しておくことが大切です。

相互依存関係を適度に作る

メンバーが別のメンバーのスキルを必要とすることによって、それまでは解決できなかったような問題の糸口がわかるようになります。

メンバー同士で相互依存関係を適度に作ると、コミュニケーションがスムーズに図れるといわれています。

明確な境界をチーム外のメンバーと作る

境界がチーム外のメンバーと明確になっていないと、活動をスタートした時に、情報をどのメンバーまで共有するといいか、意見を聞くべきかがわからなくなります。

線引きが明確でなければ混乱するので、チーム活動を行うには境界をより明確にすることが必要です。

しかし、より大きな組織の中にチームが置かれた時には、気配りをして孤立しないようにする必要があります。

学習型組織を相互刺激によって築く

学習型組織というのは、お互いにメンバーが刺激を与えながら学習することによって、今までの考え方にとらわれない方法などを生み出すものです。

学習型組織にチームをすることによって、チームの中でも個々に生まれ主体性や自主性が利用でき、「チームワーク」のよりいいものが発揮できます。

多様性を認める

今からは、多様な生き方や考え方を認めて、仕事が自由な発想でできるチーム作りが要求されます。

性別や年齢、国籍だけでなく、上下関係や勤続年数などにとらわれない環境が築けると、チーム活動はより大きな効果が期待できるでしょう。

グループとチームの違いとは?

グループは、チームと間違いやすい言葉です。

いずれも、一緒に複数のメンバーが仕事に取り組むことをいう言葉です。

しかし、次のようにグループとチームは違った意味もあります。

グループ

それぞれのメンバーが自分の持っているスキルを全力で発揮して、成果としてこれらを合わせたものを取り扱う団体のことです。

グループでは、全てそれぞれのスキルを出し切ることを重視し、限りなく潜在能力を導き出すことで、より高い成果を生み出すようになります。

そのため、グループで重点を置いているのは、メンバーの個人の成果をアップすることであるといえます。

チーム

メンバーとの協力と連携によって、それぞれのメンバーが持っている経験やスキルでは解決できないような問題をクリヤーする力を生み出すものです。

チームでは、メンバーの全てが同じ方向性の下に共同体として活動することによって、成果や効果をさらに生み出すことができます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。