「レギュレーション」の意味と使い方とは?ビジネスシーンにおける使い方などを解説




「レギュレーション」の意味とは?

「レギュレーション」の意味は、法規や規則、法令というものです。

「ルール」の意味も同じようなものですが、法令や法規という意味はありません。

「ルール」よりも、「レギュレーション」は公的で法的な強い意味合いがある言葉です。

「レギュレーション」の日常における使い方とは?

「レギュレーション」は、新聞やニュースなどで、規定や規則という意味で使用されるときがあります。

また、会社によっては、「レギュレーション」と就業規則や社内規定をいうときがあり、一般的にビジネス用語としても使用されてきています。

しかし、「レギュレーション」に決まりの全てが該当するのでなく、「レギュレーション」なのか「ルール」なのかはその内容によってわかれます。

守るべきものが「レギュレーション」であり、決まりごとが「ルール」であるというような意味合いで把握する方がわかりやすいでしょう。

「レギュレーション」のビジネスシーンにおける使い方とは?

ここでは、「レギュレーション」のビジネスシーンにおける使い方についてご紹介します。

広告、ITのジャンル

「レギュレーション」の意味は、媒体ごとに決定された規定や仕様のことです。

例えば、広告のバナーやロゴの色、データ量やサイズ、禁止ワードや文字制限などです。

「レギュレーション」を細かく作ることによって、統一感やブランドカラーを生むことができます。

ウエブサイトの運営でも同じように、「レギュレーション」としてガイドラインになるものを作ることによって、一定にコンテンツのレベルが保てたり、運営をスムーズに行ったりすることができます。

建築設計のジャンル

「レギュレーション」は、建築を設計するときのマニュアルや基準のことです。

例えば、建築基準で地域や都市ごとに安全基準が違ったり、建物の高さが制限されたりします。

ゲームのジャンル

「レギュレーション」は、娯楽施設などにおける「施設の利用規約」「ゲームの遊び方」などのことです。

また、本筋からゲームがそれないようにするために使用されるときがあります。

スポーツのジャンル

「レギュレーション」は、競技の運営についての規定や規則が含まれます。

また、「ルール」は、競技そのものの規則として使用されます。

F1のジャンル

F1世界選手権においては、「レギュレーション」が主に2つあり、「テクニカル・レギュレーション」は、技術関係のマシンの規格などで、「スポーティング・レギュレーション」はレースの内容などを決定しており、レースを運営するためのものです。

「ルール」と「レギュレーション」の違いとは?

ここでは、「ルール」と「レギュレーション」の違いについてご紹介します。

「ルール」の意味は「統治」や「規則」

「ルール」は、習慣のようになっており、従来から行われてきている事柄というような決まりごとのことで、世の中で暮らしていく上において機能や秩序を保つために決められているものです。

例えば、スポーツを行うときのルールなどのように、上手く物事を進めるための決まりごとなどです。

「ルール」は法的な拘束力がない

「レギュレーション」と「ルール」は、守る必要がある決まりを表わしているということにおいては、意味が同じような言葉ですが、意味合いの微妙な違いがあります。

「ルール」は、「友人と決めたルール」「家族と決めたルール」などというように意味合いとしては「決まりごと」ということで使われるときが多くあり、幅広く日常的にも使われており、違反しても法的に拘束力はありません。

一方、「レギュレーション」は、法的な強い意味合いがあるため違反すると罪に問われることがあります。

「ルール」よりも「レギュレーション」はイメージが厳格であるということを、把握しておくといいでしょう。

英語表現でも「規約」という意味で「rules and regulations」が使われる

「regulation(レギュレーション)」と「rule(ルール)」は、同じように英語表現でも使い分けられています。

英語表現での使い分けが、日本語のカタカナ語にもそのまま影響を与えています。

英語表現では、よく「規約」という意味の「rules and regulations」というものが使われます。

なお、「regulations and rules」と記載しないように注意しましょう。

「レギュレーション」の類義語とは?

ここでは、「レギュレーション」の類義語についてご紹介します。

「条例」

「条例」は、「自治体」の中のみで通用するものです。

なお、「自治体」というのは、法律で都道府県や市町村を法人(人)扱いした団体で、正式には「地方公共団体」といいます。

例えば、「条例」としては「迷惑行為防止条例」や「歩き煙草禁止条例」などがあり、青森の「朝ごはん条例」という「朝はご飯を食べましょう」や京都の「乾杯条例」という「地元酒で初めの一杯は乾杯しましょう」などのようにユニークなものもあります。

法律と同じように、「条例」に違反すると罰せられます。

しかし、現状では効力が法律ほど強いということでなく、基本的に多くの「条例」は「目標にして頑張りましょう」というくらいのものです。

というのは、青森の「朝ごはん条例」や京都の「乾杯条例」で罰せられると大変でしょう。

しかし、「条例」の中には罰則があるものもあるため、このことでは「レギュレーション」と同じようなものです。

「規格」

「規格」の意味は、標準としての決まりということです。

主として、「規格」は工業製品に使われるときが多くあり、形や寸法、レベルなどを前もって決定しておくことによって商品のレベルをダウンしないようにできます。

「規格」は守らなくても罰せられることはありませんが、「レギュレーション」は守らなければ罰せられることがあります。

しかし、事故が規格に従っていない商品で発生したときは罪になることがあるため、このような意味では「レギュレーション」と同じようなものです。

「決まり」

「決まり」の意味は、決定された事柄です。

一般的に、「法律」で決定されたとも考えることができるため「レギュレーション」の類義語と考えてもいいでしょう。

ここでご紹介した言葉の意味はいずれも「法律で支配する」というものであり、ほとんど「レギュレーション」と同じような意味合いであるためぜひ把握しておきましょう。

「レギュレーション」の英語表現とは?

「regulation」が「レギュレーション」の英語表現になります。

「regulation」の英語表現の例文としては、次のようなものがあります。

「You must not violate the regulations.」

(「レギュレーション」(規則)に違反してはならない)という意味になります。

資料を外国の会社に送るときに役に立つでしょうから、ぜひ把握しておきましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。