「栄転」の意味とは?使い方や類義語などを解説




「栄転」の意味とは?

「栄転」は、「現在の職務や地位よりもいいものに移ること」という意味です。

「栄転」は、会社のメインになる部署の役職になったとき、あるいは会社の花形の部署に移るときなどにも使われます。

さらに、肩書が同じでも職場が変わるときも「栄転」になるときもあります。

「栄転」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「本店に栄転する。」
  • 「支社長に栄転する。」
  • 「大阪の支店長が東京の支店長に栄転する。」

「栄転」の使い方とは?

ここでは、「栄転」の使い方についてご紹介します。

「栄転」はよりいい地位に移るときに使う

「栄転」を使うのは、現在よりも位置づけが高い役所や部署に異動が決定したようなときです。

「栄転」は、花形の誰もが憧れるような部署や会社の出世コースといわれるような部署に移ったりするなど、異動が将来に繋がるものであるときに使います。

「栄転」は役職が同じでも望む部署に異動したときも使う

基本的に、「栄転」は、先にご紹介したように「担当する地位や仕事が従来よりもいい位置になるときに使いますが、例えば、「課長に昇格した」というときでなくても、長年望んでいた部署への異動が決定したようなときも使います。

「栄転」の意味は、「栄えて転じる」ということで、つまり「本人が納得するような異動」ということになります。

逆にいうと、他の人が「栄転である」と考えるような異動でも、本人が納得しないようなものであるときは、「栄転」とはいえないでしょう。

「栄転」と同じような言葉との違いとは?

ここでは、「栄転」と同じような言葉との違いについてご紹介します。

「昇進」と「栄転」の違い

「栄転」と意味が同じような言葉としては、「昇進」が思い浮かぶでしょう。

「昇進」と「栄転」は、同じ部署などで地位がアップするかどうかの違いがあります。

「栄転」の意味合いは「転勤」が強く含まれますが、「昇進」は同じ部署などでよりいい立場に移ることで、転勤の意味合いは含まれません。

「異動」と「栄転」の違い

「異動」は、単なる人事異動で、地位や役職や上がるというような意味合いはありません。

「転勤」と「栄転」の違い

「転勤」は「異動」と同じように、地位や役職が上がるということではありません。

「転勤」と「異動」の違いは、引越しを伴うかどうかになるでしょう。

引越しを伴うほど「異動」するのが「転勤」で、このときによりいい地位や役職に就くようになるのが「栄転」です。

「赴任」と「栄転」の違い

「赴任」「栄転」の違いよりも、「転勤」と「赴任」の違いを考える方がよくわかるでしょう。

「転勤」と「赴任」は、意味はあまり大きく違いません。

より細かい意味合いとしては、「転勤」は勤務するところが変更になること自体をいますが、「赴任」は勤務するところに赴くことです。

言い方としては「転勤先に赴任する」などがあります。

「出向」と「栄転」の違い

「出向」と「栄転」の違いについては、「転勤」をベースに考えてみればよくわかるでしょう。

「出向」の意味としてはちょっと特別なものがあり、あるところに命令によって出かけたり、別のグループ企業や関連企業や役所の仕事に就いたりすることになります。

この別の企業というところが、「出向」の特徴です。

「栄転」する人に対するお祝いの言葉の例文とは?

一緒に仕事をしていた同僚や上長、あるいはお世話になった取引先の人の「栄転」が決定したときは、気持ちよくお祝いをして送り出しましょう。

ここでは、「栄転」する人に対するお祝いの言葉の例文についてご紹介します。

上長が「栄転」するときのお祝いの言葉の例文

この度は、本社へのご栄転、おめでとうございます。

入社してから、多くのご指導を課長からいただいたこと、改めてお礼申し上げます。

新しい環境で課長がますますご活躍されることをお祈りいたします。

お体を大事にしてください。

同僚が「栄転」するときのお祝いの言葉の例文

ご栄転おめでとうございます。

入社してから一緒に切磋琢磨してきた○○さんの栄転であり、非常に嬉しく思います。

新しい職場でも、ますます○○さんが力を発揮するように祈っています。

くれぐれも体には注意してください。

このようなお祝いの言葉を、手書きでプレゼントに添えたり、メールで送ったりしましょう。

基本的に、お祝いのプレゼントは「栄転」がわかってから1週間以内がおすすめとされています。

また、もし「栄転」かはっきりしないときは、プレゼントを餞別というスタイルで渡すといいでしょう。

上長が「栄転」するときに把握しておくべきマナーとは?

ここでは、上長が「栄転」するときに把握しておくべきマナーについてご紹介します。

「栄転」のお祝いはわかってから一週間以内に準備する

上長が栄転するということは、急にわかるかもしれません。

上長の栄転がわかったときは、一週間以内にお祝いを準備するようにしましょう。

上長が昇進や昇格で転勤するときの「栄転」のお祝いは、お祝いのプレゼントを一週間前までに贈るのがマナーです。

転勤がもし「栄転」かはっきりしないようなときは、餞別ということで、「御礼」と表書きを書きましょう。

また、上長や目上の方に現金をプレゼントするのは相手に対して失礼になるので、基本的に、「栄転」のお祝いの記念になるようなものをプレゼントしましょう。

海外赴任のときは現金をプレゼントしてもいい

海外赴任のときは、一般的に現金をプレゼントします。

金額としては、国内のプレゼントのときよりも1、2万円くらい多めにしましょう。

当然ですが、「栄転」のときは現金以外に、商品券をプレゼントするときもあります。

「栄転」する人に対するお祝いの言葉で注意することとは?

「栄転」と聞くと、何となく複雑に思う人もいるでしょう。

自分の職場から「栄転」によって人材が少なくなるのは、社員にとってもそれほど嬉しくないときもあるでしょう。

では、同僚などの「栄転」が決定して、お祝いの言葉をいうときはどのようなことに注意すれがいいでしょうか?

「栄転」で異動するのは、今後の仕事を左右する非常に大切なものです。

そのため、本人は「栄転」で良かったのかというような気持ちになるかもしれません。

このようなときに社員からもらうお祝いの言葉は、心に響いてくるでしょう。

このようなときのお祝いの言葉に、縁起が良くないものを使っていれば、やはり相手の気分が良くないのはすぐにわかるでしょう。

そのため、言葉を可能な限り選択するようにしましょう。

使用しない方がいい言葉としては、「苦」や「死」だけでなく、マイナスのイメージの「散る」「落ちる」「衰える」「失う」などというようなものなどが挙げられます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。