「タイアップ」の意味とは?シーンごとの使い方などを解説




「タイアップ」の意味とは?

カタカナ語「タイアップ」は、英語の「tie-up」が語源になります。

日本語の「タイアップ」という意味は、「提携」「協力」ということです。

「タイアップする」という意味は、「提携する」「協力する」ということです。

ビジネスシーンでの「タイアップ」は、二つの会社が提携することによって、両方の会社の知名度や売上をアップするなどのシナジー効果を狙うために行います。

「タイアップ」のシーンごとの使い方とは?

ここでは、「タイアップ」のシーンごとの使い方についてご紹介します。

シーンによってニュアンスや意味が違うため、正しい使い方を把握しておきましょう。

製品での「タイアップ」

製品での「タイアップ」は、別の製品と差別化したり、付加価値をプラスしたりする方法として使われる時があります。

例えば、製品と人気のアニメキャラクターとの「タイアップ」などは、ライバルと差別化したり、付加価値をプラスしたりするために、よく使われる方法です。

音楽業界での「タイアップ」

音楽業界での「タイアップ」は、 企業イメージや知名度をアップするために使われる時が多くあります。

例えば、「タイアップ」としては、会社にコマーシャルソングを提供することもあります。

この時は、コマーシャルソングを提供したアーティストとコマーシャルの製品の両方をイメージアップすることが目的です。

テレビ業界での「タイアップ」

テレビ業界での「タイアップ」は、 製品を協力することによって宣伝することが目的です。

例えば、「ドラマタイアップ」というのは、会社が衣装をテレビドラマに提供することです。

これは、製品のイメージアップや宣伝のために行われます。

キャンペーンでの「タイアップ」

キャンペーンでの「タイアップ」は、複数の会社が提携した宣伝活動です。

使い方としては、「〇〇会社とのタイアップキャンペーン」などがあります。

広告での「タイアップ」

広告での「タイアップ」は、会社の製品をメディアが紹介するコンテンツのことです。

「タイアップ」の種類とは?

製品やサービスが「タイアップ」になる時もありますが、ここでは音楽業界での「タイアップ」についてご紹介します。

楽曲やアーティストの知名度をアップするために、コマーシャルソングや映画やドラマなどの主題歌として起用するものです。

「タイアップ」に選ばれることによって、アーティストなどがインディーズなどで活動している時なども知名度がアップしやすくなります。

例えば、「アンナチュラル」というドラマの主題歌に、2018年度の上半期で非常に人気になった米津玄師の「Lemon」がなりました。

米津玄師は人気がもともとありましたが、幅広い層にこれをきっかけに認知度が拡大しました。

一方、ドラマや映画に人気のアーティストを、話題性を作るために起用する時もあります。

音楽を聴いて映画やドラマを思い出したり、ドラマや映画を見て音楽を思い出したりするなど、シナジー効果が互いに得られる時も多くあります。

そのため、「タイアップ」に起用された映画やドラマの主題歌、コマーシャルソングなどの楽曲が話題になる時が多くあります。

なお、日本では「タイアップ」が普及していますが、外国では「タイアップ」のイメージはネガティブなものを持っている時も多くあり、プロモーションを映画や地上波テレビで行うことは多くありません。

「タイアップ」の類義語とは?

ここでは、「タイアップ」の類義語についてご紹介します。

「タイアップ」と同じようなものですが、意味合いが違っているため注意しましょう。

「協働」

「協働」の意味は、協力して働くことです。

「タイアップ」と意味が同じようなものですが、「コラボレーション」に近い意味合いが「協働」にはあります。

ビジネスシーンで使用される時は、「得意な分野をそれぞれ生かして働く」というケースが多くあります。

「協働」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

「協働事業をこのトラブルを解決するために始めることにした。」

「連携」

「連携」の意味は、目的が同じものが協力して物事を行うことです。

一般的に、「連携」の使い方としては「連携をとる」というものがあり、意味としては「同じ目的に向かうために連絡を取り合うこと」ということになります。

「連携」は、「連絡を取り合うなどの目的や方法が同じである」というところに重点を置いた言葉です。

「連携」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

「連携を業界全体で取り合ってトラブルを解決することがついに決定した。」

「アライアンス」

「アライアンス」の英語表現は「alliance」で、企業連合の国際的な同盟や提携を表します。

ビジネスシーンにおいて、「アライアンス」は「アライアンスを結んだ」「アライアンスを組む」などのように使います。

ビジネスシーンで使う時は、いくつかの違った業種の会社が利益をお互いにアップするために経営を協力して行うスタイルという意味になります。

「アライアンス」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

「今後はアライアンスを海外の会社と組んでビジネスを拡大していく。」

「タイアップ広告」とは?

「タイアップ広告」は、サービスや商品をメディアと協力して雑誌やウエブサイトのコンテンツとして宣伝する方法です。

「タイアップ広告」は「記事広」や「記事広告」といわれる時もあります。

「タイアップ広告」のメリット

最大の「タイアップ広告」のメリットは、メディアのブランド力が利用できることです。

ユーザーからの信頼度や依頼先のメディアの認知度によって、サービスや商品を宣伝することができます。

認知度が高くない会社の商品でも、信頼関係がメディアとユーザーとの間にあるために記事を読んでくれることが期待されます。

また、「タイアップ広告」のメリットは、ユーザー層が掴めることもあります。

というのは、メディアが持っているユーザーを掴んでいることが多いためです。

そのため、相性が自社の商品といいユーザーと信頼関係を築いているメディアに頼むことによって、最大に広告の効果を期待することができます。

「タイアップ広告」のデメリット

「タイアップ広告」のデメリットは、費用が高いことです。

料金としては、例えば、安い3万円のメディアや高い1000万円以上のメディアもあります。

メディアを選択する時は料金のみでなく、知名度の高さに着目するのもいいといわれています。

また、「タイアップ広告」のデメリットは、時間がかかることがあります。

会社が頼んだ後に、メディアが掲載するまでは1ヶ月間平均してかかるといわれています。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。