「ベンチャー企業」の意味とは?「スタートアップ企業」と「ベンチャー企業」の違いなどを解説




「ベンチャー企業」の意味とは?

「ベンチャー企業」というのは、高度な知識や新しい技術などによって、大会社では難しいような革新的・創造的な経営を行って成長を長期的に目指す会社です。

広く必要とされるようなビジネスであれば、市場をリードできるので、急速に短期間で成長する可能性があります。

「ベンチャー企業」という言葉は和製英語です。

英語の「Venture」というのは、投資する会社や人である「Venture Capital」などのことをいいます。

そのため、ベンチャーと海外でいえば、日本語の意味とは違ってきます。

「中小企業」と「ベンチャー企業」の違いとは?

「中小企業」というのは、基本的に会社の規模をいう言葉で、はっきりと従業員数や資本金が決まっています。

そのため、ビジネスの新しさや設立からの年数は関係がありません。

「中小企業」のイメージとしては、経営が安定しないという感じがするかもしれませんが、優れた歴史があるところも多くあります。

逆にいえば、規模が「中小企業」よりも大きい「ベンチャー企業」もあります。

「スタートアップ企業」と「ベンチャー企業」の違いとは?

「スタートアップ企業」は、特に「ベンチャー企業」の中において短期間で新しいビジネスを成長させるというニュアンスが強い企業です。

影響を人の暮らしやビジネスに与えるような、価値の新しいものを生むビジネスを開発するときもあります。

「スタートアップ企業」は、従来のサービスでなく、新しいビジネスということが特徴です。

「スタートアップ企業」の組織スタイルは定義がなくいろいろで、法人になっていないときもあります。

なお、「スタートアップ企業」については、ネットなどでいろいろ紹介されているため参考にしてください。

ブラックの「ベンチャー企業」を判断する方法とは?

「ベンチャー企業」に入りたいと思っている人も多くいるのではないでしょうか。

「ベンチャー企業」に入ることは、企業が成長すれば自分の将来が成功するチャンスにもなります。

しかし、「ベンチャー企業」の全てが成功するということではありません。

待遇がよくない状態で仕事をするような「ブラック企業」の可能性もあり得ます。

「ベンチャー企業」に入るときは、後悔しないように、「ベンチャー企業」について十分に判断する必要があります。

ここでは、ブラックの「ベンチャー企業」を判断する方法についてご紹介します。

いいベンチャーキャピタルが投資しているか

どのようなベンチャーキャピタルが「ベンチャー企業」に投資しているかが、判断するポイントになります。

ベンチャーキャピタルというのは、企業に投資してハイリターンを狙う人のことです。

そのため、ベンチャーキャピタルが投資しているような企業は、専門家に将来性があると認められているようになります。

優れたベンチャーキャピタルが投資しているということは、企業の将来性を判断するために大きな基準になります。

ベンチャー企業のホームページに顔写真があるか?

自社の情報をホームページに載せているときは、ほとんど役員や社長の写真が載っています。

このときは、ホームページに顔写真が載っているかがポイントです。

役員や社の顔写真が載っていないときは、経営が真っ当でないことがあります。

そのため、ベンチャー企業のホームページに顔写真があるかをチェックしましょう。

一方、従業員の写真などが載っているときは、低い離職率ということになるため、いい「ベンチャー企業」のときが多くあります。

どのような事務所の移転履歴か

「ベンチャー企業」を判断するときは、どのような事務所の移転履歴があるかがポイントになります。

特に、より広い事務所に移転しているときは、成長の可能性が高いことが推定できます。

事務所を移転するのは、企業が大きくなるときに従業員を多くしたい、事務所がその分狭くなるので広いところに移転したいようになります。

従業員を多くしたりすれば、資金がある程度必要になります。

そのため、広い事務所に移転するときは業績がアップする可能性があるようになります。

ビジネスモデルは儲けが期待できるか

「ベンチャー企業」が展開しているビジネスモデルが、儲けを本当に出し続けられるかに着目しましょう。

これは、「ベンチャー企業」が成長する可能性を判断する材料になります。

「ベンチャー企業」で仕事をするメリットとデメリットとは?

ここでは、「ベンチャー企業」で仕事をするメリットとデメリットについてご紹介します。

給料

「ベンチャー企業」の給料は割合少ないときが多いでしょう。

というのは、今からビジネス成長というときに給料を多くすると、経営者にとってはリスクになるためです。

しかし、「ベンチャー企業」のメリットとしては、給料が少なくても、インセンティブがやった分だけもらえる、ストックオプションがあるなどがあります。

福利厚生

「ベンチャー企業」は大手の企業と比較すれば、体力が資産面で劣るので、福利厚生などは整備されていないことが多くあるでしょう。

しかし、ビジネスを推進するために、福利厚生に注力している「ベンチャー企業」もあります。

例えば、「ベンチャー企業」の近くに住んでいる従業員に住宅補助を行うことによって、従業員同士の交流を多くしたり、採用力をアップするために事務所をおしゃれなものにしたりするなどがあります。

社風

一般の会社で経験を積んだ人が起業した「ベンチャー企業」か、学生の起業家が立ち上げた「ベンチャー企業」かで、従業員が違っており、社風もこれによって違ってきます。

「ベンチャー企業」を学生の起業家が立ち上げたときは、同じような価値観がある従業員が集まるようなことが多くあります。

しかし、勢いがあり、意思を速く決定できるともいえます。

サラリーマンの経験を積んだ人が起業した「ベンチャー企業」は、経験と知識をそれぞれの領域で積んだプロが集まっています。

スタートアップ期のように専門性があるプロしか必要としないときに、新卒で「ベンチャー企業」に入るのは困難でしょう。

しかし、「ベンチャー企業」に入って仕事ができるスキルがあれば、プロにもまれて人のネットワークが拡大できるため、今後のキャリアアップに有利になります。

将来性

「ベンチャー企業」は、企業として成長している過程にあり、まだ安定していないため、メリットとしては将来性ということになります。

将来的に非常に成長する可能性がありますが、ビジネスが続かなくなるリスクもあります。

なお、当り外れがビジネスによってあるため、「ベンチャー企業」の将来性を正しく予想する必要があります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。