「バイタリティ」の意味と使い方とは?類義語や英語表現などを解説




「バイタリティ」の意味とは?

「バイタリティ」は、語源がラテン語の「命」を表現する言葉で、「生命力」「生命」「成長力」「元気」「活気」などの意味です。

植物や動物がどんどん成長する力、精神的にも身体的にも人が希望に向かって元気よく進む力です。

また、「元気」「活力」などの意味から、「持続力」「持久力」「継続力」という意味で使用されるときもあります。

「元気」や「活力」があると、長時間ものごとに対して取り組めるということです。

「バイタリティ」の使い方とは?

ここでは、「バイタリティ」の使い方についてご紹介します。

就活のケース

では、就活で使用される「バイタリティ」としてはどのようなケースがあるでしょうか?

例えば、就活で使用される「バイタリティ」としては次のようなケースなどがあります。

  • 「バイタリティがある人は、一日に面接を掛け持ちで3つ受けた」
  • 「可能性がある企業に履歴書を何百通も送ったという彼女は、いつもバイタリティに溢れている」
  • 「就職できる職場を寝る暇を惜しんで探しているバイタリティに溢れた人である」

就活のためにかける姿勢を、精力をできる限り使用していることが想定されます。

また、自分の可能性が試せる企業に就職できるかどうかが、就活によって決まります。

そのため、「バイタリティ」に溢れて就活をしているというような意味があるでしょう。

ビジネスのケース

では、ビジネスで使用される「バイタリティ」はどのようなケースがあるのでしょうか?

例えば、ビジネスで使用される「バイタリティ」としては次のようなケースなどがあります。

  • 「バイタリティ溢れる人は、プレゼンを必ず失敗したくなかったため、資料を徹夜で作った」
  • 「女性の社長はバイタリティに富んでおり、いくつもの企業を経営している」
  • 「自分の祖父は90歳になるが、バイタリティのかたまりのように元気に現役で仕事をしている」

いずれの方も、可能な限りパワーや活力をビジネスで使って仕事をしている様子がわかるでしょう。

バイタリティに溢れた働きぶりがわかります。

家庭のケース

では、家庭で使用される「バイタリティ」はどのようなケースがあるのでしょうか?

例えば、家庭で使用される「バイタリティ」としては次のようなケースなどがあります。

  • 「母親はバイタリティ溢れた人で、1人で5人分のお弁当を毎朝作っている」
  • 「自分の父親はバイタリティ溢れる人で、マラソンの練習を60歳からスタートし始めて、70歳の現在でもマラソン大会に現役で参加している」

自分のエネルギーやパワーを家族のために頑張って注いでいる母親や、定年退職してからもエネルギー溢れる父親の様子は、「バイタリティ」に溢れているといえるでしょう。

また、「兄は300日を一年の中で使って、募金活動を恵まれない子供のためにしているため、他の人からバイタリティに溢れた人であるといわれている」というようなケースもあります。

このケースでは、恵まれない子供のために兄が情熱を注いでいる様子が想像できます。

スポーツのケース

では、スポーツで使用される「バイタリティ」はどのようなケースがあるのでしょうか?

例えば、スポーツで使用される「バイタリティ」としては次のようなケースなどがあります。

  • 「バレーボールの選手は、怪我をしているにも関わらずバイタリティがあるため不屈の精神で乗り越えている」
  • 「柔道の師範の先生は85歳に来年なるが、門下生を現役で指導しておりバイタリティに溢れている」
  • 「スキーのジャンプの選手は、オリンピック選手に50歳になっても選出されたバイタリティに溢れた人である」

スポーツのケースは、体力も必要ですが強じんなメンタルであることが求められます。

エネルギッシュでパワフルな人ほど年齢を感じさせない元気があり「バイタリティ」に溢れた人である、というような方を意味しています。

「バイタリティ」溢れる人とは?

では、「バイタリティ」溢れるのはどのような人なのでしょうか?

ここでは、「バイタリティ」溢れる人についてご紹介します。

仕事をする以外にも遊ぶ

「バイタリティ」溢れる人は、仕事をする以外に遊ぶことを徹底しています。

遊びでもやりたいことは全力で取り組めるため、遊びと仕事のボーダーラインがありません。

「バイタリティ」が高い人は、仕事が充実しているだけでなくプライベートも充実しています。

成功しなくても早く切り替えする

「バイタリティ」溢れる人は、成功しなくても早く切り替えします。

成功しないことをアクションを次におこすときのヒントにして、自分が成長するための一つの要素と考えています。

そのため、成功しないということでも落ち込まなくて、次のアクションに早く切り替えることができます。

他の人を気にしない

「バイタリティ」溢れる人は、他の人も気にしないで、やりたいことはどのようなことでも挑戦していきます。

ほとんどの人は、このような行いをすると他の人からどのように思われるだろう」と思ってしまいがちです。

しかし、「バイタリティ」溢れる人は、他の人からどのように思われても行動する方が得である」と思って、どのようなことにも果敢に挑戦していきます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。