「有用性」の意味とは? 使い方や例文、類義語などを解説




「有用性」の意味とは?

ここでは、「有用性」の一般的な意味と医学用語の意味についてご紹介します。

一般的な「有用性」の意味

一般的な「有用性」の意味は、有効に機能する性質、役に立つ傾向です。

そのことが何かを行うときに使いやすい、役に立つことを表現します。

「有用性」は、意味が役に立つという「有用」と、意味がその傾向や性質を名詞に伴って持つことという「性」が組み合わさることによって、意味が有益な性能を持つ性質になります。

医学用語の「有用性」の意味

医学用語の「有用性」の意味は、能率性と安全性を持っている様ということです。

ある病気に効果がある手術や薬が発表されても、このようなものを使った結果リスクがある状態になると全く意味がありません。

医学の世界においては、このようなリスクがないように能率性と安全性を持った「有用性」が必要になります。

「有用性」を医学用語として使うときは、主としてよく「臨床的有用性」という言葉が使われます。

「臨床的有用性」は、医療技術のレベルをアップしたり、費用を低減したりするために、患者や医師の助けを受けて、「有用性」があるかを臨床試験を繰り返して決めます。

「成分は有用性がある」「有用性がこの治療法はない」「有用性がこの薬は高い」などといったりします。

「有用性」の使い方とは?

ここでは、「有用性」の使い方についてご紹介します。

構造や手段などが役に立つときに「有用性」は使う

「有用性」は、日常生活などの便利な多くのシーンで使われる言葉ですが、一般的に構造や手段などが人やモノ、状況に役立つときに使われるときが多いといえます。

例えば、「社会人になってから資格の有用性は痛いほどわかる。」の意味は、「社会人になってから資格は非常に役立つものだ。」ということになります。

プラスに本人にとって機能するモノであれば、「有用性が高い」と表現できます。

「有用性」を使った例文

ここでは、「有用性」を使った例文についてご紹介します。

  • 「小さいときから磨いた音楽の才能が、先々どれだけ有用性のある実になるか楽しみである。」
  • 「コミュニティセンターは、図書館の利用やイベントの開催など有用性が高いといえる。」
  • 「この薬の製造は、有用性が認められなかったために中止になった。」

「有用性」の類義語とは?

ここでは、「有用性」の類義語についてご紹介します。

「有益性」

「有益性」の意味は、益をもたらす性質があることです。

「実利性」

「実利性」の意味は利益が実際にある性質のことです。

「利便性」

「利便性」の意味は、便利であり上手く役に立つ性質のことです。

「効果的」

「効果的」の意味は、効果が現れることです。

いい換えるときは、どのようなプラスをそれらがもたらすかを判断して適切な言葉を選びましょう。

例えば、医療分野で「有益性」や「利便性」を薬の効き目に対して使うのは適切ではありません。

このときは、「効果的」を使うのがおすすめでしょう。

「有用性」の対義語とは?

「有用性」の対義語は、「無益」や「無用性」です。

「無益」の意味は無駄で利益がないこと、「無用性」の意味は使い道がなく役に立たないことで、いずれも有効的に状況や人に対して機能しなく、役に立たないことを表現する言葉です。

「有効性」と「有用性」の違いとは?

ここでは、「有効性」と「有用性」の違いについてご紹介します。

広範囲で役に立つものが「有用性」で、ある特定の範囲で役に立つものが「有効性」です。

「有効性」を使った例文としては、「有効性がこの治療法は低いといわれている。」などがあります。

「有用性」を使った例文としては、「有用性がこの薬は低いために研究が中止になった。」などがあります。

「有効性」と「有用性」は共通したいずれも役に立つという意味がありますが、「有効性」は狭い範囲で特定の目標があるときに役に立つ場合に使う言葉で、「有用性」は広い範囲で特定の目標がないときに役に立つ場合に使う言葉です。

そのため、高い「有効性」があるものでも、ユーザーの需要がないと人の役に立たないため、低い「有用性」であるといえます。

例えば、育毛剤は薄毛の人にとっては高い有効性がありますが、普通の人には低い有用性の商品です。

このように、特定の人には使えますが、特定の人以外の多くの人に使えないときは、高い「有効性」があり、低い「有用性」の商品になります。

一方、タオルは「有用性」がある商品です。

タオルは、汗を拭く以外に、ものを固定したり、怪我をしたときに止血したりするなど、いろいろなシーンで使うことができます。

しかし、有効であるために有用であるという表現もあるように、厳密に「有効性」と「有用性」を使い分けるのはちょっと困難な部分もあります。

「実用性」と「有用性」の違いとは?

ここでは、「実用性」と「有用性」の違いについてご紹介します。

「実用性」の意味は、論理段階や実験段階にあるものを実際の暮らしに使えるかを判断して、実際の暮らしに使える程度や中身をいいます。

そのため、構想段階や企画段階の事柄について、実際の暮らしに活かせるか、実際に使えるか、ということから考えることが特徴で、実際の暮らしに使えないといかに論理が素晴らしいものでも意味がありません。

なお、「実用化」は企画段階や発想段階のものを実際の暮らしに使えるようにすることで、日常に使っている道具は「実用化」を経て全て企画段階や構想段階のアイデアを実際の暮らしに使えるようにしています。

しかし、「実用化」してから実際に暮らしに使われるかは別問題で、「実用化」しても販売されなかった商品は製造が中止になります。

「有用性」の意味は、広く使えるということで使われており、意外なところで方法や道具が使えたときも「有用性」があるといわれます。

しかし、「実用性」は、その構想や発想が実際の暮らしに使えるかということや、自分の実際の暮らしにその商品が使えるかということを見ます。

そのため、「実用性」の意味と「有用性」の意味は全く違っています。

しかし、「実用性」と「有用性」は同じような意味と認められているため、「実用性がある」と「有用性がある」というようなシーンで表現されることがあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。