退職の送別会の飲み会の挨拶で注意することとは?




退職の送別会の飲み会の挨拶で注意することとは?

基本的に、退職の送別会の飲み会の挨拶では、送られる人が主役になります。

ここでは、退職の送別会の飲み会の挨拶で注意することについてご紹介します。

感謝の気持ちを伝える

まず、自分たちを支援してくれたことに対する感謝の言葉を必ず述べましょう。

仕事の面で上長がフォローしてくれているのは間違いなく、同じ仕事を長くしてきたためこのことについては必ず触れる必要があります。

エピソードとして、まだ自分が新入社員であった時期に上長から指導してもらったなどというようなものをプラスするのもいいでしょう。

退職の送別会の飲み会の挨拶では、それまでの感謝の気持ちを退職する人に伝えることが大切です。

エピソードの短いものがあると、それをプラスしても問題ありません。

長過ぎないようにすると、退職する人も感動するでしょうし、一緒にそれまで仕事をしてきたことをいい思い出であると思ってくれるでしょう。

退職するのは素晴らしい上長で、一緒に仕事ができて幸せであったことを伝える

退職の送別会の飲み会の挨拶では、退職するのは素晴らしい上長であったことを伝えることも必要です。

長く仕事をしてきた上長であれば、功績を何等か残しているときもあり、また、普段素晴らしい仕事をしているときもあるでしょう。

そのため、このような上長の下で仕事ができたことが幸せであったということを伝えるべきです。

退職する上長とは、もう仕事をするチャンスはありません。

そのため、これを惜しむことを必ず伝えましょう。

退職する上長に対する挨拶のときは、上長と一緒に仕事ができて本当に幸せであったという気持ちを最優先に伝えましょう。

上長が指導してくれたことは必ず役に立てることを伝える

多くのことを、退職する上長は教えてくれたでしょう。

社会人としてのマナー以外に、仕事のやり方を実際に教えてくれたときは、それについても伝えましょう。

上長が教えてくれたことを、ずっと今から先も役に立てることを伝えましょう。

教えてくれたことを役に立てるということを改めて伝えれば、間違いなく上長は喜ぶでしょう。

そのため、退職しても上長のことは覚えておくということを伝えるためにも、必ず退職の送別会の飲み会の挨拶の中にはこのことは必ず入れておきましょう。

退職した後の活躍を願う言葉と労いの言葉を挨拶の締めくくりには含める

言葉としては、今からも頑張ってくださいというような意味のものであれば問題ありません。

表現としては、「更なる新天地でのご活躍をお祈りいたします」「今からのご活躍をお祈りいたします」などがあります。

「本当にこれまでありがとうございました」という表現も使いたいでしょうが、最初の挨拶で「お世話になりました」を使っていれば、使い方を工夫する必要があります。

「ありがとうございました」という表現は思わず使うかもしれませんが、有難みが濫用すると無くなるため注意しましょう。

そのため、可能な限り使わないようにして、挨拶の締めくくりにだけ使いましょう。

また、退職祝いの贈り物があれば、ここで「使っていただけるとうれしいです」というような表現も添えましょう。

退職の送別会の飲み会で大切なポイントとは?

ここでは、退職の送別会の飲み会で大切なポイントについてご紹介します。

感謝の言葉を送別会を開催してくれたことに対して伝える

退職の送別会を自分のために開催してくれたことに対してお礼を伝えましょう。

自分の退職の送別会の飲み会に参加するために、忙しい中で時間をなんとか作ってくれた方もいるでしょう。

また、お店の手配など、幹事の方は準備をいろいろしてくれたでしょう。

自分の退職の送別会を開いてくれたことを当たり前と考えないで、しっかりと全員の前で感謝の気持ちを伝えましょう。

挨拶の内容は前向きなものにする

イメージよく退職するためには、挨拶の内容は前向きなもので話をすることが大切です。

挨拶の内容は、絶対に退職する会社の不満や愚痴はいわないようにしましょう。

白い目で全員から見られるため、絶対に止めましょう。

話をするときは、それまでいい体験になったこと、お世話になったことに焦点を絞ってください。

挨拶にはエピソードとして思い出に残ったものを含める

先にご紹介した2つのポイントのみでは、普通の挨拶になりがちです。

そのため、感謝の気持ちが伝わらないテンプレのような挨拶になります。

エピソードとして思い出に残ったものを挨拶に含めることが、このような挨拶を避けるには大切です。

自分が会社でそれまで体験してきた中において、印象に特に残ったものを選びましょう。

ユーモアを含めても問題ありませんが、一部の人だけがわかるような内容は止める必要があります。

というのは、ほとんどの人が共感できないためです。

挨拶の内容は全員がわかるようなもので、感謝の気持ちが伝わるものにしましょう。

このような退職の送別会の飲み会で大切なポイントは、十分に把握しておいてください。

退職の送別会の飲み会におすすめのプレゼントとは?

ここでは、退職の送別会の飲み会におすすめのプレゼントについてご紹介します。

退職の送別会の飲み会のプレゼントとしては、次のようなものがおすすめです。

  • 自宅でくつろぐときに便利なアイテム
  • 定年で退職する人は家族で楽しめるもの、転職する人は転職先でも使えそうなもの

退職する人が新しい生活をどのように送るかを考慮しながら選びましょう。

退職の送別会の飲み会で渡すプレゼントは、相手が持って帰りやすい大きさのものがおすすめです。

また、「死」や「苦」「死」を連想させる櫛、「踏みつける」を連想させるスリッパや靴下などの履物、「縁を切る」を連想させる刃物、ご遺体に弔辞のときに被せる布を連想させる白いハンカチは、縁起が良くないとされるため、退職する人のプレゼントとしては止めましょう。

職場の全員でプレゼントのお金を出し合うときは1人あたり1000円くらい、個人的にプレゼントするときは3000円~5000円くらいが相場になります。

高過ぎるプレゼントは、「お返しをする必要があるのではないか」などと、相手がかえって気を遣うようになるため止める方がいいでしょう。

また、新しい退職する人の門出を祝って、一緒に花束もプレゼントしましょう。

きれいな花束は、女性だけでなく、男性にもおすすめです。

退職する人の性別や年齢、イメージに応じて花束を選びましょう。

しかし、弔辞のときに使う菊の花束は駄目です。

心がこもった全員で書いた寄せ書きを添えると、溜まった疲れを新しい環境で癒してくれるでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。