人間関係の維持のために退職する前にやるべきこととは?




職場の人間関係が退職する理由のトップである

職場の人間関係のために、退職したいと多くの人が悩んでいます。

仕事であれば、相性が合わないということでも簡単に避けることはできません。

特に上長や先輩との人間関係で悩むのではないでしょうか。

職場の人間関係は、会社に入ってみないとなかなかわかりにくいでしょう。

「考え方が合わない」「いつも怒られる」というようなことも多くあるでしょう。

しかし、会社で組織として仕事をするためには、考え方のある程度の違いは妥協する必要があります。

どこの会社でも、これは同じことでしょう。

職場の人間関係が苦しくなる

部下に対して上長が、後輩に対して先輩が厳しく当たることが多くあると、職場の人間関係が苦しくなるでしょう。

仲が良かった同僚が、ほんのちょっとしたことで急に冷たくなって、さらに他の人と一緒に嫌がらせをするときも中にはあります。

このようになるきっかけとしては、なんとなく気に入らない、無視された感じがした、挨拶してくれなかった、などというように非常にちょっとしたことです。

「悪いことを何かしたのであれば教えて欲しい」と聞いても相手が回答してくれなく、「解決するつもりが無い」ことがわかればもっと落ち込むときもあります。

他の人との関係がまだ良く、嫌がらせをする人のみであれば我慢することもできるし、対応する方法もあります。

しかし、他の人も見て見ぬふりをするときがあるでしょう。

酷いときは他の人も嫌がらせを一緒にするときもあり、そうなれば非常に解決することが困難になります。

上長に相談しても、トラブルになるのが嫌である、責任を取りたくない、巻き込まれたくない、などのために、対応してくれないときもあります。

酷いときは、きちんといじめを訴えても聞いてくれないのみでなく、問題がある人をそのままにしたり、問題がある人とトラブルになるのを嫌がっていじめられた人を退職させたりすることもあります。

人間関係のトラブルは、解決できないときが多くあります。

人間関係のために退職する前にやるべきこととは?

例えば、退職したいと考えた要因が給料であれば業績を評価するときに交渉したり、仕事内容が要因であれば異動を希望したりするなど、転職しなくても解決できることがあります。

人間関係についても、同じように解決する方法があるでしょう。

では、人間関係で悩んで退職したいと思ったときは、どのようなことをするといいのでしょうか?

ここでは、人間関係のために退職する前にやるべきことについてご紹介します。

身近な人に相談する

人間関係など、仕事そのものや仕事内容に悩んだときは、多くの人が勤め先の上長や先輩、同僚、親族や家族、知人や友人といような身近な人に相談するようです。

退職することを一人で悩んでいるような人もいますが、できる限り身近な人に相談しましょう。

一人で悩むとやはり感情的になって、判断が冷静にできなくなります。

他の人に相談することによって、ストレスが少なくなったり、悩みが解決したりするときもあります。

信頼できる身近な人に相談して、自分の気持ちを整理しましょう。

同僚や先輩に相談すれば、「同じことで自分も悩んだ」というようなことがあるかもしれません。

他の人がどのように悩みを解決したかを把握することができると、退職する以外の選択肢があるかもしれません。

自分の考えを変える

ストレスが溜まると、「もうあの人とは仕事を一緒にしたくない」というような気持ちになるのもわかります。

全ての人に好かれるのは実際にできないように、平等に全ての人を好きになるのも困難です。

また、仕事をするときは、価値観が違う人とも付き合いする必要があります。

無理に価値観が違う人に対して合わせようとするため、疲れるのも仕方がないでしょう。

「好きになれないものは仕方がない」「相性が合わないのは仕方がない」というように、たまには割り切ことも大切です。

失礼な応対は駄目ですが、気を必要以上に遣わないで、自分の仕事に集中しましょう。

過度な嫌がらせや批判をされているときは、「自分の方がスキルがあるため相手が嫉妬している」と開き直って、楽な気持ちになるのもいいでしょう。

接し方や考え方を変えることによって、ストレスをできるだけ溜めないようにしましょう。

社内の人事部門などの第三者に相談する

人間関係でどうしても我慢できないときは、社内の人事部門などに相談するのも方法の一つです。

パワハラに近い「延々と別の社員の前で𠮟られた」「あからさまに職場の仲間から無視されており、仕事が進められない」というようなときは、すぐに相談しましょう。

例えば、プロジェクトや部署を替わるなど、職場が同じでも人間関係が改善できる方法が見つかることもあります。

自分に変えられるものは無いかを考える

価値観は個人によって違っているため、意見が食い違うときがよくあります。

自分がいいと考えたことでも、相手から見れば全く逆の意見を持っているときがあります。

そのために言い争っても、解決することは全くないでしょう。

相手との関係性が余計に悪くなって、悪い流れになってしまうでしょう。

そのため、自分に変えられるものはないかを考えてみましょう。

他の人の価値観はいかに説得しても変えられないため、最も手っ取り早いのは自分を変えることです。

他の人に合わせるためにある程度は妥協するのみで、人間関係が驚くほど改善するときがあります。

仕事上のみでも、譲れるポイントを見つけることが大切です。

職場の人間関係のために退職するのは問題ない

職場の対人関係のために退職するのは情けないと思っている人もいるでしょう。

これはネガティブな退職理由であり、他の人が聞いてもいいイメージを持たないでしょう。

退職した人の多くは、理由が人間関係であるというデータがあります。

他の理由を建前としては挙げていますが、実際には人間関係のトラブルで退職する人が多くいます。

そのため、職場の人間関係で退職しても問題ありません。

しかし、勢いで退職すれば、どのようなことがしたいかわからなくなります。

転職活動をそのままスタートしても、採用担当者にアピールできる自己PRや志望動機がわからないでしょう。

ネガティブな人間関係という理由で退職するのは問題ありませんが、ポジティブなどのようなことを実現するために退職するかという理由も必要です。

これがはっきりしていなければ、転職を短期間で繰り返すようになります。

退職すると全部が解決するということではないため、転職活動が目的意識をきちんと持ってできるようにしましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。