それでいいの!?「自分に合った会社選び」




結婚をしても、子供を産んでも、女性が働くことは少しずつスタンダードになってきているとはいえ、まだまだ女性管理職の比率は他の先進国に比べて少なく、男性中心と言わざるを得ない日本の仕事環境のなかで長期的に働ける企業に出会うのはなかなか難しいですよね。

ですが、専業主婦が減り働く女性が増えているなかで長く続けられる仕事に出会うことは、必要不可欠なことでもあります☆

自分に合った会社と出会うためのポイントをご紹介します!

,働きやすさ☆

あえて男性よりも女性を優遇している企業も増えてきています。

こういった会社では女性が長く働いてくれることを願って、まだ小さいお子さんがいるうちは時短勤務で必ず16時に帰れるよう、仕事の量を調整してくれたり、営業や経営企画など取引先の都合で残業が多くなりやすい部署ではなく、仕事量を自分でコントロールしやすい部署へ配属してくれる、といったものです。

女性を優遇するためにやっていることではありますが、その反面「自分の希望しない仕事へ回されてしまう」「早く帰らされることによって、重要な会議へは出席できないから責任のある仕事は任せてもらえない」といった不平等感を抱えてしまうこともありますよね。

会社が女性を優遇することで恩恵を感じる方もいれば、「キャリアから外された」と感じてしまう人がまだまだたくさんいるのも事実です。

「女性が働きやすい」という環境も、もちろん人によって様々で、100人いれば100人のキャリアプランやライフプランが変わるのは当たり前のことです☆

なので、会社を選ぶ際に自分のキャリアプランやライフワークで重要視するポイントは、どこかな?としっかり考えておくことが大切です☆

結婚・出産をしても安心して働き続けるために、育児休業制度や短時間勤務制度などが整っているか、また残業の多さ、育児休業からの復職率が高いかなども重要なポイントですよね!

,目的をはっきりさせよう!

働き女子の転職は、目的をハッキリさせることも重要です☆

男性でも女性でも、転職活動の基本は同じですが、男性と違うのは、出産、育児、家庭などの事情が絡むことも多くあります。

そのため、転職する目的をハッキリさせることが、働きやすい会社を選ぶことに直結してきます!

キャリアアップをしたいのか、もっと自分に合った場所で、自分の才能を活かせる場所で働きたいのか。

出産・育児の為に、制度の整った会社に移りたいのか。

仕事と家庭、プライベートとのバランスを取るために働きやすい会社で働きたいのか。

目的によって会社選びの基準は大きく異なります。

まずは大まかでも構いませんから、転職するときの目的を決めるのが先決です☆

ワガママかなと思わずに、理想をあげてみてそこから優先順位の高いものを決めていくと自分の求めているものが見えてきます☆

男性に比べて、チェックしておきたいポイントが多い女性の転職。

妥協せず自分にとってベストだと思える会社で働くことが、自分だけでなく家族の幸せにも繋がってきます☆

転職は時間も体力も消耗しますが、人生の先輩や、ときには転職エージェントの力を借りて、納得のできる会社を見つけてもらうのもひとつです!

働きやすさで会社選びをするのか、バリバリと仕事をしたいから活躍しやすさで企業を選ぶのか。

どちらを選ぶかは人によって違うので、どちらが良い・悪いではなく、それが自分の理想とするライフワークに合っているのかどうかをしっかりと見極めてください!

また今の時代、昔のようにひとつの会社でずっと働き続けなくてはならないというわけではありません。

望めば転職もできるし、自分で起業することだって叶えられる時代なので、すごくたくさんの選択肢があります☆

是非納得のいく転職活動をして、自分のライフプランに合った会社選ぶをしてくださいね!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。