少し不安…異業種に転職する前にやっておきたい3つのこと




異業種への転職を目指している方も居ると思いますが、異業種だとわからないことだらけで不安がありますよね。

そんな気持ちを少しでも和らげる方法をご紹介します!転職前の不安もしっかり対策して、新しい業界を楽しもう!という気持ちに変えられるようにしましょう◎

1,まずは仕事内容、その業界どんなものかを知る

転職サイトなどで業界に興味を持ったなら、その会社の仕事内容だけではなく会社のホームページ、そしてその会社だけでなく思いつく限りその業界の企業のホームページをチェックしましょう。企業によっては新卒向けの採用サイト等を独自に制作していたりしますので、雰囲気をしっかり知るためにも情報収集という点では必要です。

今では企業の評価を退職者が匿名で行うというサイトもありますので、そこをチェックしてみるのも良いかもしれませんが、あまり鵜呑みにするのは禁物。

その書き込みをしている方とアナタは全く別の人間なので、感じ方が違うところもあるのであくまで参考程度にと言うことを忘れないようにしましょう!

転職後にこんなはずじゃなかった!と言うのはどうしても少なからずありますが、事前に自分で防げるものもありますので、気になったなら調べる!と言うことを忘れないようにして下さい☆

2,今の自分の経歴やスキルを把握する

といっても何をすればいいの?と思うかもしれませんが、一番の近道は先回りして職務経歴書の作成に着手してみること。きれいな文字で清書してでなくても大丈夫!まずはPCで簡単に作成してみるのがオススメです☆

というのも異業種において自分のスキルと照らし合わせた時、そもそもその業種に自分があっているのか、という判断も必要だからです。

PCスキルが全く無い人が、行きたい業種だけど経験者のみのエンジニア募集しかしていないから応募というのもなかなか無理な話ですよね。

やってみたい、興味があるならば自分に少しでも業界に活かせるスキルがあるのか、またはその応募自体が未経験者を幅広く募集しているかどうかなどを判断する必要がありますが、まずは自分のスキルをしっかりと理解し冷静に判断することが大切です。そのために職務経歴書として作成しておけば手間が省けますし、いざという時にすぐ応募出来るという事も出来ますね。転職において準備はどれだけたくさんしておいても損はありません。

同時に自分の強みや弱みも振り返れますのでぜひ行ってみて下さいね♪

3,業界未経験と言うことを正直に伝える

未経験者歓迎と求人に記載されているのであれば、あまり異業種への転職というのを負い目に感じる必要はありません。むしろ自分が業界は未経験であることを正直に伝え、転職フェアや面接などで、直接企業に質問できる際には下記の事を聞くのを意識してみて下さい

「御社にご縁があった場合、業界未経験者として勉強しておいたほうが良いことはありますか?」という事です。

業界と言えど、取り組んでいることは企業によって様々なので、せっかく面接という機会までもらえたチャンスなら、自分が勉強して行きたい意欲をアピールしつつ、業界に必要なものは何かと当人から直接聞けるのは、この面接に縁がなかったとしても、同じ業界の別の会社でも必要になる場合があるのでチェックをしておけば次の対策にもなり得ますのでぜひ行っていただきたい事でもあります。

いかがでしたか?全く知らない業種でもしっかりと対策をすれば不安は最小限になりますし、むしろ不安がなくなってよりその業界を魅力的に感じられるかもしれません☆

とりあえずやってみよう!なんて今時の転職活動としてはご法度。せっかくの転職の機会も後悔ばかりになってしまいます。

せっかく本腰を入れて転職をするならば、後悔のないようにしっかりと理解をすること、新しい業界に慣れる努力をすることを怠らないようにしてください。

そうすれば絶対に転職が楽しみになりますよ♪






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。