女性の転職のベストタイミングは?年齢や結婚・出産との兼ね合いを考えよう

20代女性が転職を成功させるためには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょう。この記事では、20代女性の転職のポイントや、転職前にすべきことを解説します。


目次

  1. 20代女性のベストな転職のタイミング
    ベストな転職のタイミング
    あまりおすすめできない転職のタイミング
  2. 30代女性のベストな転職のタイミング
    ベストな転職のタイミング
    あまりおすすめできない転職のタイミング
  3. 結婚や出産におけるベストな転職のタイミング
    結婚におけるベストな転職のタイミング
    出産におけるベストな転職のタイミング
  4. 女性に特化した転職エージェントに相談しよう
  5. まとめ

20代女性のベストな転職のタイミング

20代女性の中には、新卒で入社してから間もないうちに転職したくなる人もいれば、ある程度経験を積んでからキャリアアップのために転職を検討する人もいるでしょう。20代女性にとってベストな転職のタイミングを確認しておきましょう。

ベストな転職のタイミング

20代女性が転職するのにベストなタイミングは、20代半ばを過ぎた25〜27才頃です。この年齢であれば4年生大学を卒業したとしても3年以上は社会人経験を積んでいるため、ビジネスマナーや仕事のスキルをある程度身につけているはずです。しかしまだ20代半ばのため、これからの成長も期待できて、この先長く働いてもらえると考えてもらえます。

あまりおすすめできない転職のタイミング

20代前半での転職は、タイミングが早すぎると思われる可能性があります。とくに転職理由が職場での人間関係や、給料や休みの少なさへの不満などであれば、忍耐力がないとみなされ、採用してもまたすぐに辞めるのではないかと思われるかもしれません。

ただし、あまりにも職場の環境が悪ければ、タイミングを見計らうために無理して3年間働く必要もありません。第二新卒を積極的に採用している企業もありますので、探してみましょう。20代前半で転職する場合、ネガティブな転職理由ではなく、面接官が納得するような理由を伝えられるように考えておく必要があります。

30代女性のベストな転職のタイミング

30代女性の転職は、20代より厳しくなります。基本的には経験を活かせるように同じ業種・職種への転職が望ましいです。一般的には、30代で未経験の仕事への転職は難しいとされています。

ベストな転職のタイミング

30代になれば、転職はできるだけ早い方が有利です。年齢が上がるほど転職は厳しくなっていきます。とくに30代後半になると非正規雇用での採用が多くなるため、正社員として採用されたい場合は30代前半までの転職が望ましいです。

ただし、管理職としての転職を希望するのであれば、前職で管理職としての経験を積んで30代後半で転職をするのもベストタイミングだといえます。

あまりおすすめできない転職のタイミング

30代になると少しでも若い方が転職に有利なので、悩んでいるうちに年齢を重ねていくと不利になります。転職をすると決めたらなら、早めに転職活動を始めましょう。

20代であればポテンシャルが評価されますが、30代になっても20代と同じような感覚のままでいると転職活動は難航するかもしれません。30代の中途採用は、即戦力として働けるスキルが重視されます。自分の実績をアピールして、転職先でスキルをどう生かせるのか具体的に説明できるようにしておきましょう。

結婚や出産におけるベストな転職のタイミング

これから結婚や出産の予定がある人は、転職のタイミングにとくに気をつける必要があります。結婚予定がある人や、子どもがほしいと思っている人は、タイミングに気をつけて転職をしましょう。

結婚におけるベストな転職のタイミング

企業は新しい人材を採用する際、長く働いてもらうことを希望しています。最近は結婚しても仕事を続ける女性が多いですが、結婚したら家庭に入る女性もいますので、結婚を控えている女性の採用に不安を感じる企業も少なくありません。

結婚前と結婚後のどちらに転職するか迷うなら、結婚前をおすすめします。結婚直後に転職活動をすると、企業は「採用してもすぐに産休を取るのではないか」と思うからです。

ただし、結婚前に転職をすると、結婚後に生活スタイルが変わったときに仕事と家庭の両立が難しい可能性もあります。そのため結婚前に転職するとしても、結婚後に働きやすいことを重視して転職先を選ぶべきです。産休や育休の取得実績を確認したり、時短勤務など育児中の女性が働きやすい制度が導入されているか確認しておくと安心でしょう。

出産におけるベストな転職のタイミング

出産を希望している既婚女性や、結婚後すぐにでも子どもがほしいと考えている女性は、転職のタイミングに気をつけておきましょう。転職してすぐに産休や育休を取るとなると、職場の人間関係が気まずくなる可能性もあります。

産休や育休を取得する権利は認められていますが、休んでいる間は他の社員の仕事が増え、負担をかけてしまいます。入社してすぐに産休や育休を取ると、周りの社員たちによく思われないかもしれません。

また、転職して日が浅くても産休は取れますが、入社1年未満は育休が取れない場合があります。入社1年未満の者は育児休業の対象から除外するという労使協定が締結されていたら、転職後1年以内に育休を取得できません。

そのようなことを考えると出産の1年以上前に転職するのがベストタイミングです。産休を取る前に仕事でしっかり実績を残し、職場の人と信頼関係を結んでおくことで、円満に産休や育休が取得できるでしょう。

女性に特化した転職エージェントに相談しよう

ここまで女性転職のベストなタイミングについてお伝えしましたが、それでもいつ転職すればいいのか不安だと思います。

もしあなたが転職を考えているのであれば、ご自身だけで考えるのでなく転職のプロである転職エージェントに相談することをお勧めします!

転職エージェントの一つに東京圏の20代女性に特化した「おしごとスタイリスト」というサービスがあり、本メディアRUN-WAYを運営している会社のサービスです。

「おしごとスタイリスト」は一般的な転職エージェントと比較して、広告費をほとんど使わずにサービスの質向上へ力をいれています。

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

このようなお悩みを持っている方を、フランクなキャリアアドバイザーが完全無料でお手伝いしています^ ^

あなたにとって最も良いキャリアの選択ができるようなサポートを致しますので、お気軽にご相談下さい!

詳細ページへ

LINEで無料相談

まとめ

女性の転職のベストタイミングは、20代であれば25〜27才くらいです。これより早すぎると忍耐力がないと思われ、遅いと結婚してすぐに辞めるのではないかと思われてしまいます。また、30 代になって転職を考える場合は、少しでも早くスタートすることをおすすめします。よほどの実績がなければ年齢を重ねるほど不利になってしまうでしょう。

また、未婚でも既婚でも、女性の転職は結婚や育児などのライフイベントを考えておく必要があります。結婚直後の産休や育休は自分でも取りにくいでしょうし、周りからの印象もよくありません。年齢だけでなく、ライフイベントの時期を考えてベストなタイミングで転職活動をおこないましょう。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。