失敗しない転職の仕方! 成功のためのポイント

失敗

初めての転職。どうやったら失敗しない転職ができるのか、そもそも転職のやり方がわからない…そんな理由で転職をあきらめている方はいませんか?

ここでは、これから転職を目指す方に向けて、基本的な転職の仕方や成功のためのポイントをご紹介。転職活動の流れや面接の準備方法を知って、これからの転職活動に役立ててください!

転職活動、失敗しないためにどうやって進めるのが吉?

まずはここから!転職の目的を考える

案外ここがおろそかになっていることもあります。

目的とは、たとえば「正社員になりたい」「キャリアを築ける企業に勤めたい」「心機一転新しい仕事がしたい」など……。自分が「なぜ」「どうして」転職したいのかを分析し、転理由をまとめてみることで、 企業選びや応募書類の作成、面接などでスムーズに理由をこたえられるようになります。

企業をしっかり「選ぶ」!

これもとても大切なこと。適当に「ここでいいか」という企業選びではなく、転職の目的にしっかり合った企業を探しましょう。自分が携わりたい仕事内容かどうかはもちろん、企業の規模や将来のキャリアプランなども検討するのがポイント。

面接に行くまで企業が分からず、「こんなところだったの?」 とがっかりしないためにもしっかり「情報収集」や「企業研究」をすることも大切です。

転職は仕事を辞めてからやるべき?続けながらでもOK?

「転職がしたい」と考える方の中には、転職活動をするタイミングを「仕事を辞めてから」なのか「仕事を続けながら」なのかで迷う方も多いのではないでしょうか。

実は、どちらのケースも、メリット・デメリットがあります。

「仕事を辞めてから」転職活動をする場合

時間に余裕ができるため、自己分析や企業研究などの費やすことのできる時間が増えます。ゆっくり時間をかけて求職情報を選ぶこともできるので、活動を充実させることができるということがメリット。
その反面、収入源がなくなることによる生活面での心配はつきもの……。金銭のなさから焦って、希望条件に合わなくても妥協してしまうというケースもあるようです。

「仕事を続けながら」活動をする場合

収入面などを気にせず、条件に納得のいくまで希望条件に合う就職先を探せるということがメリットと言えますが、どうしても時間的制限はかかってきてしまいます。仕事に行き、通常の業務をしながらでは、求職活動に費やせる時間が少なく、転職が中々進まないという人もたくさんいます。

転職を成功させるには?

転職を成功させるには、求職活動の前にしっかりプランを立てることが大切です。自分がなぜ転職したいのか、どんな企業に勤めたいのか。時間をかけた方がいいのか、金銭的サポートがあったほうがいいのか。

自己分析をしっかりとすることで転職の目的をハッキリさせ、いつのタイミングで転職するべきか見極めること。それが失敗しない転職につながります。

この記事をシェアする

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。