地方での転職を成功させるには?おさえておくべきポイントを解説【ライター/粕谷麻衣】




地方での転職を検討しているものの、成功できるかわからない……と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。もともと地方に住んでいる方はもちろんのこと、IターンやUターンで地方への転職を視野に入れている方は少なくありません。

しかし、都心とは異なり、地方での転職は難しいといった声も多くが挙がっています。そこで、今回は地方での転職を成功させるためのポイントを、国家資格キャリアコンサルタントが解説します。

地方での転職が難しいと言われる理由は?

そもそも、なぜ地方での転職は難しいと言われているのでしょうか。まずは、地方での転職が難しいと言われる理由についてご紹介します 。

求人数が少ない

地方での転職が難しいと言われる理由として、まず挙げられるのが、求人数が都心部と比べて少ないことです。都心部と比べると地方は求人数が少ない傾向にあり、いざ求人サイトや転職サイトをチェックしてみても 気になる求人情報を見つけることが難しいのが事実です。

実際、都心部と地方の求人数を比較してみると、その差は非常に大きいことがわかります。 厚生労働省によると、東京の有効求人数は140万件を超えているのに対し、 鳥取県の有効求人数を見てみると 6万件程度にとどまっています。

都心部と地方ではそもそも人口に違いがあるため、求人数の違いも仕方がないところではありますが、地方で転職を検討している方としては、選択肢が少ないことから転職が難しいと感じることは多いでしょう。

求人があっても職種や業界が限定的

地方であっても、エリアによっては一定の求人数が保たれている場合があります。しかし、求人があっても職種は業界が限定的である傾向にあるため、自分の理想の仕事が見つかりにくいのが難点です。

実際、IT業界や美容業界などは、都心部と比べると求人の数も幅も狭い傾向にあります。 そのため、求人数が豊富な地域であっても、必ずしも理想の仕事に出会えるとは限らないのが現状です。

企業が積極的な情報発信をしていない

地方での転職が難しいと言われている背景には、その地域の企業が積極的に情報発信をしていないことも一つとして挙げられます。 都心部の場合、メディアが集中しているため 企業が 情報発信をしやすい環境にあります。 また、オウンドメディアを活用したり、自社のサイトを使ったりして、独自に情報発信をする企業も少なくありません。

しかし、 地方の場合は メディアが少ないこともあり 情報発信ができる機会も少ない傾向にあります。また、IT業界やWeb業界に精通する人材が少なく、自社で積極的に情報発信ができない企業も少なくありません。上記の事実から、地方の企業は情報発信が少なく、結果的に求職者が出会える 求人も少なくなる傾向にあるのです。

地方での転職を成功させるためのポイント

地方での転職を成功させるためには、どのようなポイントをおさえて行動を起こすべきなのでしょうか。本項からは、地方での転職を検討している方へ向けて、転職を成功させるためのポイントを解説します。

情報収集方法を複数持っておく

地方での転職を成功させるためのポイントとして、ぜひ知っておきたいのが情報収集方法を複数持っておくことです。一口に「転職のための情報収集」といっても、どこから入手するかで得られる情報には違いがあります。

たとえば、求人サイトや転職エージェントなどのほか、地域の公式ホームページや行政のページ、ハローワークなど、転職に関する情報はさまざまなところで発信しています。

幅広い場所から情報収集をすることで、より自分にとって有益な情報に触れやすくなるので、ぜひ情報の収集先を多めに持っておきましょう。

地方に強い転職エージェント・転職サイトを活用する

地方で転職する際には、地方に強い転職エージェントや転職サイトを活用します。転職エージェント・転職サイトの多くは、首都圏や主要都市などの求人をメインに扱っている傾向にあります。

しかし、地方に特化したエージェント・サイトであれば、人口の少ない地域の求人も多く公開しているので、応募先の選択肢もぐっと広がるでしょう。

「地域名×転職エージェント」「地域名×転職サイト」などのように検索するだけでも、希望するエリアにマッチする転職エージェントや転職サイトがヒットしやすくなるので試してみてください。

就職・転職系のイベントに参加する

予定や都合がつけば、就職・転職系のイベントに参加することをおすすめします。地方では、UターンやIターンの呼び込みのために、仕事に関するイベントを積極的に実施していることが少なくありません。

人口減少を回避するための策として、定期的にイベントを実施している地域が多く、企業と求職者・転職希望者のマッチングを進めていることがあります。

「転職フェア」「就職セミナー」など、さまざまな名称でイベントを実施しているので、気になる地域があればイベントを行っていないかリサーチしてみましょう。

地方での転職における注意点

地方で転職するにあたって、いくつか注意点があります。納得のできる転職を実現するためにも、以下のポイントをおさえておきましょう。

転職が決まるまでは現職を辞めない

転職が決まるまでは、現職を辞めないように注意してください。「きっとすぐに仕事は見つかるだろう」と無計画に仕事を辞めてしまうと、万が一想定していたように転職を実現できなかったら、収入が途絶えてしまいます。

働きながら転職活動をすることは大変ですが、転職がスムーズに進まないリスクもふまえて、新しい仕事が見つかってから退職しましょう。

移住先の情報収集をする

他の地域からの移住を視野に、転職活動をしたいと考えている方は、引っ越し先として検討している地域の情報収集をしましょう。生活しやすい環境が整っているのか、通勤のアクセスは良いのか、などは最低限確認しておくべき部分です。

移住先の情報不足のまま転職・移住を決定してしまうと、「以前の住環境のほうが便利だった」「こんなに不便な場所だとは知らなかった」など、満足度が下がる新生活となってしまいます。

移住先に詳しい知人から話を聞いたり、移住先に住んでいるSNSユーザーの投稿内容をチェックしてみたりしながら、しっかりと情報を得たうえで転職・移住を検討しましょう。

まとめ

地方での転職は難しいと言われることもありますが、実際にはポイントをしっかりとおさえておけば、決して不可能ではありません。

地方での転職を実現するためにも、ぜひ今回ご紹介した内容をヒントにしながら、納得のできる新しい仕事へのチャレンジを目指してみてくださいね。

粕谷麻衣

ライター・キャリアコンサルタント。「子育てと仕事を両立したい」「自分らしく働きたい」「自分の好きなことを仕事にしたい」など、今どきの働き方にフォーカスした情報を発信。取材やインタビューを通して、リアルな声を追求していくことが好き。
自身は一児の子どもを持つシングルマザー。ワーキングマザーとしての人生を楽しく謳歌中。






RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
  働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。