転職エージェントの利用メリットは?「転職サイト」にはない意外な魅力【ライター/粕谷麻衣】




転職活動をするにあたって、利用するか否かを迷いやすい「転職エージェント」。利用を検討しているものの、どのようなメリットがあるのか分からず利用を悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

転職サイトと混同されやすいサービスでもあり、違いが分からないといった声も少なくありません。

そこで、今回は転職エージェントの利用を検討している方へ向けて、利用するメリットをご紹介します。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトの違いは、担当者によるサポートがあるか否かです。

転職エージェントは、キャリアカウンセラーやアドバイザーなどの専任の担当者がついてくれるのが特徴。求職者や転職希望者の希望を聞きながら、本人に代わって条件の合う求人を探してくれたり、一般に公開されていない求人(非公開求人)を紹介してくれたりします。

一方、転職サイトは、自分で求人を探すのが基本です。空いた時間に転職サイトにアクセスして、勤務エリアや給与、業種などを自分で設定して検索する方法が一般的です。

担当者によるサポートを受けたい方は、転職エージェントがおすすめできるといえます。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するにあたって、どのようなメリットがあるのかは気になるところでしょう。

ここからは、転職エージェントの利用が初めての方に向けて、具体的なメリットを解説します。

応募から面接の日程調整までサポートしてもらえる

転職エージェントは、気になる求人への応募から面接の日程調整まで幅広くサポートしてくれるのが特徴です。応募の際には必要情報を企業に提供するなどの手間がかかりますが、面倒な工程はすべて転職エージェントの担当者が担ってくれます。

また、書類選考を通過し、面接に至った場合にも応募者と企業の間に入って調整してくれるため、自分が企業と直接やりとりする必要もありません。

そのため、企業に指定されるがまま、無理なスケジュールで面接のための時間を確保する必要もないといったメリットがあります。

忙しい自分に変わって求人を探してくれる

転職エージェントは、忙しい自分に代わって求人を探してくれるのが特徴です。希望条件や希望の職種・業界などを担当者に伝えておくだけで、マッチする求人を探してくれます。

働きながら転職活動する場合、求人を探すための時間がとりにくく、なかなか転職活動が進まないケースも少なくありません。

転職エージェントなら、在職中であってもスムーズに転職活動を進められるでしょう。

応募書類の準備を手伝ってもらえる

転職活動の選考で必須となる「履歴書」「職務経歴書」は、転職エージェントの担当者に手伝ってもらうことができます。

普段応募書類を書きなれていない方の場合、正しい書き方に悩んだり、自己PRなどの項目に頭を抱えたりすることがほとんどです。

転職のプロであるキャリアカウンセラーやアドバイザーのサポートがあれば、履歴書や職務経歴書の作成を進めやすくなるでしょう。

また、より企業に印象の良い書類作成のアドバイスも得られるため、転職そのものも有利になります。

給与や休日などの条件の交渉を代行してくれる

給与や休日などの条件を交渉してくれる点は、転職エージェントを利用するメリットの一つです。

「給与をもう少し高くしてほしい」「休日を増やしてほしい」などの交渉を自分で行うのは難しいものです。そもそも交渉を苦手とする方も多く、企業の指定する条件を飲むしかないと考えている方も少なくありません。

しかし、転職エージェントに条件の交渉をお願いすれば、自分に代わって担当者が企業とやりとりをしてくれます。自分で交渉するよりも成功率も高い傾向にあるため、条件にこだわって転職したい方にもおすすめです。

入社前に企業の内部情報が分かる

転職エージェントを利用すれば、入社・応募前に企業の内部情報が分かるといったメリットがあります。離職率の高さや、離職率の高い要因、職場環境、人間関係に至るまで、実際に働いた経験のある人にしか分からない情報も把握できることがあります。

企業とのミスマッチを防ぐうえでも、内部情報が分かることは転職希望者にとって大きなメリットとなるため、転職を検討している方にはおすすめです。

一般に出ていない求人に出会える

転職エージェントの多くが、「非公開求人」を保有しているため、一般では出会えない求人を紹介してもらえるチャンスがあります。

非公開求人は、「競合他者に求人を出している事実を知られたくない」「社員にどのような条件で人材を募っているのか知られたくない」などの理由から、多くの求人が非公開で人材を募集しています。

非公開求人の中には、大手企業や有名なベンチャー企業など、魅力的な企業の求人もあるため、思わぬチャンスに恵まれることもあるでしょう。

転職エージェントがおすすめのケース

転職エージェントがおすすめなのはどのようなケースなのでしょうか。

ここからは、転職エージェントの利用が推奨される場面について解説します。

働きながら転職したい

応募から採用に至るまでの転職の一連のフローをサポートしてくれる転職エージェントは、「働きながら無理なく転職したい」と考えている方にぴったりのサービスです。

メールやチャットなどで求人を案内してくれたり、質問に答えてくれたりするため、スキマ時間を活用した転職活動もできます。忙しい方でも、転職エージェントなら転職活動を進めやすいでしょう。

転職で絶対に失敗したくない

転職で絶対に失敗したくない方であれば、転職エージェントの利用がとくにおすすめです。応募前に企業の内部情報をチェックしたり、条件の交渉を担当者にお願いしたりできるのが転職エージェントを利用する魅力です。

転職してから後悔するリスクを最小限におさえられるため、安心して新しい働き先を探しやすいでしょう。

まとめ

本ページでは、転職エージェントと転職サイトの違いや、転職エージェントを利用するメリットなどについてご紹介しました。

転職エージェントは、応募者に代わって面倒な工程を担ったり、企業と応募者の間にたってさまざまな調整役を図ったりしてくれる便利な存在です。

社会人の転職活動では大きな魅力となってくれるため、ぜひ本ページの情報を参考にしながら、納得のできる転職を目指していきましょう。

粕谷麻衣

ライター・キャリアコンサルタント。「子育てと仕事を両立したい」「自分らしく働きたい」「自分の好きなことを仕事にしたい」など、今どきの働き方にフォーカスした情報を発信。取材やインタビューを通して、リアルな声を追求していくことが好き。
自身は一児の子どもを持つシングルマザー。ワーキングマザーとしての人生を楽しく謳歌中。






RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
  働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。