面接で「絶対NG」な志望動機とは!

志望動機




確かに大切だけど……待遇のみに言及するのは絶対NG!

「有給」「残業が少なめ」「福利厚生がいい」これらは働くにあたって、本当に大事な要素です。ですが、それを志望動機にしてしまうのは避けたほうがいいでしょう。
もちろんそれを押している企業もありますが、それは心の中にしっかり仕舞って、志望理由はあくまで事業内容、仕事内容に絞るのがベストですし、好印象です。

  • NG例「残業が少なくお給料が良かったので」
  • OK例「しっかりした指導体制や福利厚生が整っており、従業員を大切にする姿勢にとても感銘を受け、ぜひ私も一員としてその下で働き、御社のお力になれればと思い志望いたしました」

まとめ

意外とついついやってしまう志望動機ミス、あなたはどうでしたか?
会社を志望する際の最も大事なことは、「どうして」その会社に入りたいのか。そこをあいまいにしたままでは、面接はなかなか突破できません。NG理由も参考にしながら、あなただけの「志望動機」を探してみましょう!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。