履歴書の学歴欄はポイントを押さえて正確に記入しよう!

履歴書の学歴欄はポイントを押さえて正確に記入しよう!

学歴に中退がある場合の書き方

学歴に中退がある場合は、どのように記入するべきでしょうか。

学校を中退した場合、中退と書かなければ履歴書上に空白が生じることになります。書類選考を通過したとしても、面接ではこの空白について質問が飛んできます。どうせ聞かれるのなら最初から記入しておくといいでしょう。記入するときは卒業の記入と同様、学年と学校名を記入し、その後ろに中退と付け加えます。「中退」とするよりも「中途退学」としたほうがより丁寧な印象になります。また、「家庭の事情により中途退学」など簡潔に理由を書いておくのもおすすめです。

中退を卒業と偽って記入するのは絶対にやめましょう。履歴書は公的な書類なので、そこに嘘を書き込むと学歴詐称に問われる可能性があります。せっかく入社できたとしても懲戒処分の対象になり、最悪の場合解雇されてしまいます。中退はそう珍しいことではありませんし、必ずしもマイナスイメージになる訳ではありません。正直に記入した上で、面接でのリカバリー方法を考えておきましょう。

語学学校は学歴欄に記入できる?

留学経験がある人の中には、留学中語学学校に通っていたという人も多くいます。その場合履歴書に書くことはできるのでしょうか。

何を目的に留学したのかということは、採用担当者も知りたい部分です。語学学校の学歴として記入すると良いでしょう、特に応募する企業から求められている能力に関わることであれば、詳細に記入することでアピールポイントにすることができます。逆にあまり語学力を求められない企業の場合、応募企業では経験を活かすことができないと判断されることがあるため、どこまで詳細に書くべきかはケースによってことなります。留学で経験したことや得た知識を、応募企業で活かせるかどうかは、転職の重要なポイントになります。闇雲に書けばいいのという訳ではないことを押さえておきましょう。

通信制の大学も記入できる?

通信制大学を卒業したことが、大卒の資格に当たるのかどうかで悩む人も多くいます。

通信制大学は正式名称を「大学通信教育」といいます。私立の大学や大学院が設けた、学位を取るための通信講座のことです。通信講座とはいえ立派な学歴であり、通信制大学を卒業すれば「大卒」として扱われることになります。もちろん学位ももらえますし、最終学歴も「大卒」です。履歴書にも大学卒業として記入することができます。

通信制大学が「大卒」に当たることを知らない人は意外に多く、企業の採用担当者であっても知識がないことがあります。そのため、敢えて通信制大学を卒業したことを学歴欄に書かない人もいます。しかし通信制大学で学んだことが応募職種に関係するのであれば、むしろアピールに繋がります。積極的にアピールしていきましょう。

通信制大学は決まったスクーリング以外は通学しないというところが多いので、学校に通っていなかった時間をどのように使っていたか、という点に採用担当者が興味を持つことも多いです。面接で聞かれる可能性も高いので、仕事との両立、目的などしっかりとアピールできるよう準備しておきましょう。「特に何もしていなかった」などマイナスイメージになるような曖昧な回答は避けるべきです。

学歴の間に職歴が入る場合

一度社会人を経てから学校に入り直した、という場合は、どのように履歴書に記入して行けばいいのでしょうか。

学歴と職歴は分けて書くのが基本です。「分けて書くと年月が前後してしまう」「ものすごく空白期間があるように見える」と思うかもしれませんが、採用担当者は学歴欄と職歴欄両方を見るので、経歴を間違いなく把握することができます。職歴の最後に学校に入り直した理由を簡単に書いておけば、より確実です。

学歴の間に職歴が入る場合、大切なのは学校に入り直した理由を明確にしておくということです。「学びたい」という気持ちは何歳でも大切にするべきですが、仕事を辞めてまで学生に戻ったからには、そこに大きな理由があるはずだと採用担当者は考えます。その点をしっかり答えられるようにしておかなければ、「方向性が定まらない人」「はっきりしないものを追い求めているだけの人」と判断されかねません。学校に入り直して学んだことが、応募企業でしっかりと活かせるのだとアピールできるようにしておきましょう。学んだことと応募職種に関連がない場合は、学校に入り直したことで将来のビジョンが明確化したことを説明できるようにしておくといいでしょう。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。