私もあなたも、セクハラの加害者だということ。 【ライター/トイアンナ】

セクハラ

こんにちは、トイアンナです。 セクハラ被害を訴えるハッシュタグ「#MeToo」 が日本にも上陸。先日、作家のはあちゅうさんが元電通の岸勇希さんを告発したことで一躍有名になりました。私もまた、過去に受けたセクハラをツイートするきっかけをもらい「仲間がいるんだ」と勇気をわけてもらったひとりです。

該当する社員はすでに退社しており、今後私の経歴が明らかになったとしてもその企業にはハラスメントを行う方は残っていません。どこでもハラスメントは起きるものです。人事部の適切な対応に感謝しています。

一方、告発したはあちゅうさんは「お前もセクハラをしてきたくせに」と糾弾されることになりました。はあちゅうさんは童貞を揶揄する表現を繰り返しており、それが男性から #MeToo として逆に告発される立場にもなったのです。

一度も誰かを害したことのない人間なんていない

私が危険視しているのは「お前も加害者だ、だからお前には被害を訴える資格がない」というムーブメントが広がることです。この世には、一度も誰かを害したことのない人間なんていません。

 

あなたは、

悪意のないいたずらで誰かを傷つけたことはありますか?

いじめを傍観者として見過ごしたことは?

職場でのパワハラを「あの人はしかたない」と黙認したことは?

自分にその気はなかったのに、誰かから嫌われる発言をしたことはありますか?

軽い下ネタのつもりで不快な思いをさせてしまったことは?

 

私はすべてあります。私は #MeToo の告発者でありながら、加害者でもあります。これからも意図せず加害をしてしまうかもしれません。そしてそれは、あなたも同じでしょう。この世には「完璧な被害者」も「完璧な加害者」もいません。どんな人も誰かを癒やし、傷つけて生きているのです。

「これまで誰も傷つけなかった人だけを支援しろ」と訴えるなら、この世に告発する権利を持つ人はいなくなることでしょう。

それぞれの被害を告発し、そして謝罪しながら生きていく

もし、あなたが傷ついたことがあるなら。 #MeToo の力を借りて告発する権利があります。一方で、自分も加害者だと言われるかもしれません。謝りましょう。「その発言が正しいか、正しくないか」ではなく「相手の傷つき」に対して。きっと私も誰かを傷つけてきました。申し訳ありません。あなたの傷つきに対して、私は10対0で非を負っています。

あなたも、私も加害者であり被害者です。その上でひとつずつ向き合い、ときに謝り、時には告発へ加勢すればいいんです。「悪人」「悪い会社」に見えるひとを攻撃して満足するのは簡単です。けれど、それでセクハラも、傷つきもなくなりはしないのですから。

 

トイアンナ

トイアンナ

ライター。新卒で外資系企業に勤めて以来、数百名の消費者ヒアリングを重ねました。その経験から恋愛・キャリアを主なテーマに執筆しています。

ブログ:http://toianna.hatenablog.com/

Twitter:https://twitter.com/10anj10



セクハラ