やりたいことをやる勇気 シンデレラバスト向けブランド「feast」を立ち上げた美大生起業家が語る理想の仕事の見つけ方【ファッションデザイナー・ウツワ社長/ハヤカワ五味さん】

ハヤカワ五味

多摩美術大学在学中、シンデレラバスト(バストが小さい人)向けのランジェリーブランド「feast」を立ち上げ、株式会社ウツワを起業。現在も美大生ながら、デザイナー兼、代表取締役を務めるハヤカワ五味さんに、趣味や仕事についてお話を伺いました。

ポイントは……

  • やりたいことは今やる。
  • 趣味と仕事はちがう。

仕事も学業も時間よりも内容が大事

まだ私は学生なので、学業と仕事とで忙しいと思われがちなのですが、実際はそうでもないですね。仕事も学業も効率よくできるように、工夫しながらやっています。私は時間よりも内容が大事だと思っているので、学校の課題も、どうやって課題と向き合うか、どうこなしていくかということについて考えていますね。今は4年なので、大学に通うことも1、2年のときよりは少なくなって、学校から帰宅したら休む時間もとれています。1、2年のときは、学業7〜8割、仕事2〜3割くらいでしたけど、今は仕事が8割くらいです。

起業した経緯

儲けを出したい、収益を上げたいという感じで仕事をはじめたわけではなく、高校生時代から物作りが好きで、物を作っては売るということをしていました。高校時代は受験勉強もありましたし、タイツを作って売っていただけだったのですが、大学に入ってから時間にも余裕ができたので、展示会をやってみたり、今みなさんに注目していただいている、胸が小さい人向けのランジェリーブランド『feast』を立ち上げました。実際に販売してみるとかなり好評で、売り上げも想像以上となり、半年で3回販売して1000万円を超えてしまうくらいになりました。はじめた当初は続けていく考えはなかったのですが、実際これだけの人に必要とされたというのがわかり、売り上げも予想以上だったために法人化しました。

現在の仕事で苦労していることは?

ハヤカワ五味

フェーズごとにいろいろあるんですが、はじめた当初は全額自己資金でやっていたので、本当にお金が足りなくてしんどかったですね。キャッシュフローが回らないことが一番大変だったんです。

会社がだんだん大きくなってきて大変だなと感じることは、コミュニケーションですね。2年と半年ほど経営者としてやってきた中で痛感したのは、会社って結局“人”なんですよね。自分なりに本を読んで勉強したり、人に話を聞いたりしながら、いろんな経験をつんだりしようと努力していますが、とはいえ、21歳なので出来る経験も費やしてきた時間も限られていて、まだまだ足りないところはあると思っています。例えば、人に自分の考えていることを上手く伝えるためにはどうしたらいいかということについてはよく悩みます。余計な情報を付け加えて話をすると、伝えたいことがぼんやりして上手く伝わらなかったりしますし、ストレートに伝えたいことだけを短く伝えると、言葉が足りなすぎて冷たい印象を与えてしまったり…。会社のスタッフはもちろん、うちのブランドに関わってくださっている方すべてにおいてどう関わっていくかということは常に悩んでいます。

今後の目標は?

ハヤカワ五味

会社としての目標は、そろそろブランドのタグライン(ブランドの価値説明)を作らなきゃいけないなぁと考えているところなんです。企業理念みたいなことですね。例えばスタッフが、A案B案で悩んだとき、タグライン的にはこっちを選ぶべきとか、ブランド的な判断基準、つまりブランドとしての脳みその部分を作ることが、当面の目標です。

経営者として、働き方やロールモデルの提案ができたら

これまでは、高校卒業までに受験勉強しなきゃいけないとか、大学卒業までに就職しなきゃいけないとか、学校などのスケジュールやイベントに依存して、何かしらのゴールが作られていたんですけど、社会人として、何かのゴールを作るのって難しいと思うんですよね。学生時代と比べて無限に時間がある分、自分の身を引き締めるためにも、区切りをつけるようにしたいと思っています。結婚や出産に対して、今まではネガティブに考えていたんですけど、最近はポジティブに考えるようになりました。例えば、仕事を30代になっても続けていきたいので、体への負担や自分のポジションや仕事内容的には20代で出産したほうがいいかもしれないと漠然と考えています。となると、25歳には結婚して27歳くらいで出産するのが理想なのかな?となんとなく考えたりしています。そして、それまでには、会社をしっかり作り上げていかなきゃと目標を作っています。

今って、女性の社会進出が叫ばれていた世代の生き方がちょうど見えてきている時代なのかもなと思っています。その世代があって今の環境があることに私はすごく感謝していますが、その一方でそれを見て、働くことをネガティブに感じて結婚し主婦になった方がいいと考えている人が多いように感じています。もしかしたら、その原因って明快なロールモデル、つまり憧れる先輩がいないからなんじゃないかなと思うんです。読者モデルやって、結婚して主婦になって…っていうロールモデルであれば比較的多く見られる気がしますが、結婚して出産もしてビジネスも成功させて社会貢献もして…そしてハッピー!という人ってそんなにいないんじゃないかなと思うんです。なので、私は経営者として働いていく中で新しい働き方やロールモデルの提案ができたら面白いのではないかと考えています。それが実現できたら、それ自体が私の会社の社員のあり方の指針にもなるだろうし、採用活動をしていく中でもポジティブなきっかけになってくれると思っています。

趣味と仕事は違う!

やりたいことは今やる!

私も採用の面接などをさせていただいていて感じるのは、自分のやりたいことを後回しにすることを良しとしている人が多いんじゃないかなと。具体的には、就職後はひたすら耐え忍んで、リタイアした後に自分のやりたいことに関わるとか。人生の半分くらいは働いてるんだから、そこを切り捨てるのは中々厳しいのでは…と思っちゃいますね。
そんな中で、私は、趣味をそのまま仕事にするのはちょっと違うと思うのですが、好きなことを仕事にするのは素敵なことだと思っています。

例えば、趣味って好きなことを好きなときに好きなように、受け手として体験するところまでを趣味ということが多いように思います。お客様側になって体験することが好きなものは趣味なので、それならば仕事にしない方がいいんじゃないかなと私は思っているんです。逆に、そうでない好きなことであればどんどん仕事にしていいと思うし、それは自分の人生の半分を使って没頭するにも良いですよね。

また、好きなことと得意なことも別だなと感じます。得意なことを仕事にした方が、成果が出やすく働きやすいし継続できると思うんですよ。理想は、自分の得意なことに気づきそれを好きになるか、もしくは、自分の得意なことと好きなことを関係させられる仕事を見つけることかなと思います。

最終的に、一番自分が力を発揮できる瞬間がどんな瞬間か、それが好きなことをしている時かもしれないし、好きな人とやる時かもしれないし…それを自分で把握して、その瞬間と向き合ってあげることがやりたいことをやる第一歩なのかもしれないですね。

ハヤカワ五味
■プロフィール

ハヤカワ五味

女性実業家。
多摩美術大学在学中の2015年にシンデレラバスト(バストが小さい人)向けのランジェリーブランド「feast」を展開する『株式会社ウツワ』起業。代表取締役に就任。
趣味は、料理と散歩。思考をリセットするため、料理や筋トレをしながらの動的瞑想を実践中。

Twitter:https://twitter.com/hayakawagomi

Instagram:https://www.instagram.com/hayakawa53/

シンデレラバスト向けブランド「feast」:http://feast.tokyo/

痩せてる女の子向けバイブルメディア「LAVISH GIRL」:https://lavish.jp/



ハヤカワ五味