転職先の選び方についての大切な「3つの基準」まとめ

転職先の選び方

転職をするにあたって、その転職先選びは最も重要だと言えるでしょう。広告では「条件は今よりいい会社」なんて文言が躍っていますが、「その『今よりいい会社』を見つけるのが大変なんじゃないか!」と毎回思ってしまいます。

今回の記事では、転職先を選ぶときに気を付けておくべき「3つの基準」について学び、よりよい転職先探しに役に立ててもらえればと思います。転職先選びに困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

まず、転職先を選ぶときに見ておくべき「3つの基準」とは何か?

細かく見ていく前に、一度全体像を把握しておきましょう。

転職先を選ぶ時の「3つの基準」とは、「押さえておくことで求人を探すときにあなたに合った仕事、求めている仕事を探しやすくなる判断基準・目安」のことです。

これは大きく分けて「やりがい」「給与」「会社環境」の3つに分かれます。なんとなく「それなら自分だって見てるよ」「結局全部同じじゃないか」と思ってしまいがちですが、実はこの3つは独立した基準として成り立っており、混同して転職先を選ぶと、結果的には失敗してしまうのです。

3つすべての基準を満たせるところを選ぶことはほとんど至難の業。「他の基準を捨てる」勇気を持てれば、いい転職ができるはずですよ。

 

3つの判断基準を詳しく読み解く

では早速、「やりがい」「給与」「会社環境」の基準について詳しく見ていきましょう。

 

「やりがい」を基準にする

「やりがい」を求めて会社を転職する人は多く、そしてその「やりがい探し」でなかなか一つの会社に居つけないという人も多いのが現状です。

3つの基準のうち「やりがい」を最優先にしている人は、いくらお給料が良くても、会社環境が良くても、仕事に対してモチベーションを持てなかったり、「自分じゃなくてはだめだ」という承認欲求が満たされないときは、いくら高い給与を貰っていても、人間関係に恵まれていても、長く持たないのです。

たとえば、「お給料が良いA社」と「お給料は悪いけれど自分のやりたいことがやれるB社」と「人間関係が良好で綺麗なオフィスのC社」ならば、「やりがい」を求めて転職したい人はB社を選ぶべきです。

 

「給与」を基準にする

転職するにあたり、「今のお給料では生活できないから、いい給料のところに勤めたい」と、給与を基準に決める人も多いでしょう。

今は昔に比べて求人も増えてきており、雇用形態にこだわりがなければ、アルバイトよりも派遣社員のほうが稼げる時代になりつつあります。

とにかくベースアップだけを望んで転職するのであれば、やりがいは仕事に無くとも、「プライベート充実のために仕事をしている」のだと思えば、単純作業や希薄な人間関係も苦ではないでしょう。

 

「会社環境」を基準にする

「やりがい」のところで例として挙げた「お給料が良いA社」と「お給料は悪いけれど自分のやりたいことがやれるB社」と「それなりの給与で人間関係が良好、綺麗なオフィスのC社」では、「会社環境」を基準にするならばC社を選択するべきです。

通いやすさ、人間関係、オフィスのキレイさ、社食のおいしさなど、「長く働き続けたい」と思う会社は良い環境整備が不可欠。特に、人間関係や通いにくさで転職を決めた人は、やりがいや給与を見て転職してしまうと、同じ目に合って再度転職する可能性もあります。

やりがいやお給料の面にあまり魅力がなくても、長期的な目で見れば会社環境を優先することも、転職には大切な基準となります。

 

まとめ

このように「3つの基準」というのは一見繋がっているようで、優先順位を間違えてしまうと、転職における失敗のもとになってしまうのです。もちろん、すべての基準を満たせる会社があればそこに転職したいものですが、巡り会うまでには時間と労力が必要になるでしょう。もしかしたら、見つけられないかもしれません。

そんな時は、「自分が転職先に何を求めているか?」をしっかり見つめなおしてみてください。

大切なのは、自分の「軸」をしっかり定めること! 後悔しない転職先選びをしてくださいね。

 

転職先の選び方