業界別「アサインメント」の使い方!どうしてアサインが使われるのか?

アサインメント




ホテル・旅行業界での「アサイン」とは

旅行業界では、席や部屋を割り当てるとき、アサインという言葉を用いて文章を表します。

特に列車等の座席を割り当てるときは「シートアサイン」という言葉を使うようです。

例えば、「お客様を通路側にシートアサインしてください」「このお客様はスイートルームへアサインしましょう」というような使い方をします。

 

なぜわざわざ「アサイン」をという言葉を使うのか

「アサイン」なんてわかりにくい言葉を使わなくとも、もっと簡単に言えばいいのに、と思いませんか。実は、業界用語としてアサインが使われるのには、意味があるのです。

日本語というのは、英語に比べて断定的な言い方が多い言語です。言い方、使い方によっては直接的な表現になってしまうため、カタカナ用語を使うことによって、表現を和らげる意味合いが含まれています。

 

特に日本人同士だと、ホテルや飛行機、駅などのホスピタリティが求められる場所で「割り当てて」「あてがって」と言われると、なんだか少し、いやな気持がしませんか。だからこそ、旅行業界では「アサイン」という言葉を使用し、お客様に気持ちよく利用してもらえるようにしているのです。

 

まとめ

「アサイン」の多くは、多少の業界差はあれど、「あてがう」という意味で使われていることが多いようですね。印象を柔らかくすることができるため、好んで使われるアサインですが、多用しすぎてもよくありません。適宜、相手を見極めて使うべきでしょう。

スマートなビジネスマンになるため、ビジネス用語を習得して、スマートな言葉遣いができるようになれるよう、日常会話にも常にアンテナを張っておいてはいかがでしょうか。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。