「読み込む」の意味とは?ビジネスシーンでの使い方や敬語などを解説




「読み込む」の意味とは?

「読み込む」の意味としてはいくつかありますが、意味は使用される環境によって違ってきます。

主な「読み込む」の意味としては、次のような3つがあります。

一つ目は、「熟読する」という意味で、内容を把握するために繰り返して何回も読むことです。

二つ目は、「名所を詩歌などに入れて詠む」という意味です。「詠み込む」と記載されるときもあり、有名な名所のお城や寺社などを和歌や詩歌などに入れて読みます。

三つ目は、「データを読み込む」という意味です。コンピューターの中に、コンピューターの外にあるデータを取り込んで開示します。「データの読み込み」としては、さらに「外のデータをメモリーに取り込んで記憶する」という意味もあります。「読み込む」は、「み」の送り仮名を省いて「読込む」と表現されるときがあります。

では、「読み込む」と「読込む」はどちらが正しい表現でしょうか?「読み込む」も「読込む」も、いずれも正しい表現です。いずれの表現方法も正しいことを把握しておきましょう。

ビジネスシーンでの「読み込む」の使い方とは?

「読み込む」には意味がいくつかありますが、よくビジネスシーンで使う「読み込む」の意味は「データを読み込む」「熟読する」のいずれかです。

職種が事務系のときはいずれの意味で使用されているか見極めが困難なときもあるため、使い分けするときは十分に注意しましょう。

ビジネスシーンでの「読み込む」を使用した例文としては、次のようなものがあります。

「教材を読み込んで十分に内容は理解できたので間違いなく試験に受かる。」

「プレゼンの準備をするために資料を読み込む。」

「ソフトを読み込む。」

「データの読み込んでいるため少しお待ちください。」

「読み込む」の類義語とは?

「読み込む」の類義語としては、次のようなものがあります。

「読解する・熟読する」

「読み込む」の類義語としては、「読解する・熟読する」があります。

「読解する」とは、「文章を読んで正しく内容・意味を解釈する」という意味です。

「熟読する」とは、「正しく文章の意味を把握するために十分に読む」という意味です。

「読み込む」の意味は「文章の意味がわかるまで繰り返して何回も読む」ことであるため、「読解する・熟読する」が「読み込む」の類義語になります。

「読み取る・ロードする」

「読み込む」の類義語としては、「読み取る・ロードする」があります。

「読み込む」とは、「データを機械的にコンピューターなどで読み取る」という意味です。

「ロードする」とは、「データとして記憶媒体や入力装置にあるものを読み取ってコンピューター上に表示する」という意味です。

一般的に、「ロードする」を、単純に「読み取る」と言うときもあります。

このようなことから、「読み込む」の類義語には「読み取る・ロードする」があります。

「織り込む・想定する」

「読み込む」の類義語としては、「織り込む・想定する」があります。

「織り込む・想定する」とは、「仮にある状況・条件を設けて考える」や「今後の変化や内容を予想して考えておく」などの意味があります。

「読み込む」の意味としては、「対人関係の変化や物事の結果を考える」という意味があるため、「読み込む」は「織り込む・想定する」でも言い換えられます。

「読み込む」の敬語とは?

「読み込む」の敬語とは、「いただく」という補助動詞を連結して「読み込ませていただく」になります。

本動詞として「読み込む」を使って、「いただく」という謙譲語の補助動詞を続けて敬語にする方法は、本動詞自体に敬語がないときに使われるものです。

一方、「読み込ませていただきました」にすれば、イメージがまどろっこしくなるときがあります。

このときは文末に丁寧語の「ます」をつけて、「読み込みました」や「読み込みます」という表現にすると敬語としてシンプルなものになります。

「読み込ませていただく」の例文としては、次のようなものがあります。

「あなたの書籍を読み込ませていただきました。」

「先日いただいた本を読み込ませていただきました。」

「このデータは読み込ませていただいたためお返しいたします。」

「読み込む」の英語表現とは?

「読む」の英語表現としては「read」が有名ですが、「読み込む」という意味合いが「read」のみでは表現できません。

「読み込む」の英語表現にしたいのであれば、「注意深く読む」として、「carefully」という「注意深く」の意味の副詞と一緒にして「read carefully」になります。

「読む」の英語表現の例文としては、次のようなものなどがあります。

“I read this text carefully.”(この教材を読み込む)

データをコンピューターに「読み込む」という意味であれば「load」になります。

また、「read」は「読む」という意味ですが、「データを読み込む」意味としても使用することができます。

「読み込む」の英語表現の例文としては、次のようなものなどがあります。

“He loads the deta into memory.”(彼はメモリーにデータを読み込む)

「読み込む」の使い方とは?

「読み込む」の使い方としては、「何回も同じ書籍・本を繰り返し読んで、しっかりと記載されている意味を把握しようとしているとき」に使用するものです。

「読み込む」という表現は、何回も書籍・本を読むときだけでなく、「物事の推移や結果・対人関係を織り込んでいるとき(背景の事情を把握しているとき)」にも使用します。

「読み込む」という表現は、さらに「コンピューター上に媒体に記憶しているデータを呼び出してロードするとき」にも使用します。

「読み込む」を使用した例文

「読み込む」を使用した例文としては、次のようなものなどがあります。

「テストの日が近くなっているため、先生からもらった大切なプリントの内容を十分に読み込んでいます。」

「彼女と彼の恋愛関係を読み込んだ上で、自分は彼女にアプローチする絶好のチャンスをうかがっています。」

「メモリーはパソコンが古いと古くなっているのでしょうか、データを読み込みするときに長い時間がかかるときが多くあります。」

「読み込む」の由来とは?

「読み込む」の由来としては、エピソードなどは特になく、動詞の「読む」の連用形である「読み」に、動詞の「込む」の終止形が一緒になったものです。

「読む」の意味としては、「目で言葉・文章・文献・資料などを見て読む」ということです。

しかし、文字を読む以外に、「文脈や状況・人の気持ち・推移や結果などを読む」ということもあります。

「読む」に連結している「込む」の意味としては、「ある物事や行為を徹底的に行う」「ずっとある状態をし続ける」ということがあります。

そのため、「読み込む」の意味としては、「繰り返して何回も読んで、しっかりと意味を把握する」や「物事の成り行き・結果を予測している」ということになります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。