ワーママの転職で成功するポイントを解説!

ワーママの転職事情を紹介!〇〇が成功の鍵を握る!




ワーママの転職について紹介をします。子どもがいると転職は難しいと考えてしまいがちですが、諦める必要はありません。準備とタイミングの見極め方を知り、転職を成功させましょう。

ワーママの転職は難しい?その理由とは?

ワーママの転職は子どものいない女性よりも難しいとされています。その理由について見てみましょう。

「安定した勤務が難しいのでは」と敬遠される

働く本人の意欲や能力が高くても、子どもが体調を崩してしまうと早退、遅刻、お休みをするのが避けられません。頻繁にそのような事態が予想される子育て中の女性、特に小さい子どもや、たくさん兄弟がいる女性は、採用者から「安定して働いてくれないのではないか」と考えられてしまいやすいです。

求職者が募集枠よりも多い場合、子育て中の女性は足切り対象になりやすいです。

キャリアがあっても率先力を求められる中途採用において「残業を任せられない」「出張を頼めない」などが大きなハンデになってしまいます。

時短勤務等の配慮を受けにくい

ある程度勤務実績のある職場ならば時短勤務や定時退社、休日出勤の免除など、ワーママに対する配慮を受けやすいです。しかし、入社時から時短勤務で働かせてくれたり、配慮を受けたりできる職場はあまりありません。

フルタイムで働けなかったり、残業NGだったりする場合、エントリーできる企業はかなり限られてしまいます

条件重視で仕事を選んでしまいがち

ワーママは転職をする際、業務内容よりも労働条件を重視してしまいがちです。自分のやりたいことよりも家庭や子育てと両立させやすいかを優先させてしまいます。

勤務時間や勤務地などでエントリーする企業を決めてしまった結果、自分の能力やキャリアとのミスマッチを起こしてしまいやすいです。

ワーママの転職を考えるきっかけは?

ワーママはどんなタイミングで転職を考えるのかについて紹介します。ワーママの転職は簡単ではありませんが、状況によっては転職に踏み切った方が良い場合もあるのです。

今の職場で働き続けるのは「無理!」と判断したとき

忙しすぎたり人間関係が悪すぎたりして日々のストレスがとても大きく、「もうここでは働きたくない」「このまま働き続けるのは無理」と判断し、転職をします。この場合、いままでよりも勤務時間が短かったり、責任の少なかったりする仕事を探す人が多いです。

身を削るようにして働いたりストレスをため込み過ぎたりすると、心身の健康を崩してしまいます。いったん心身の病気になってしまうとその後の転職はさらにハードルが上がってしまい、さらに状況が悪くなってしまいかねません。

心底嫌だと思いながらもしがみつく価値のある仕事などないのです。もっと働きやすく、自分に合った職場を探しましょう。

子どもの進学や成長に合わせて

子どもが小さい時には勤務時間が短く、シフトに融通がきいて残業や出張のない職場の方が家庭と両立しやすいです。しかし子どもにあまり手がかからなくなったのならば、今度は自分のやりたい仕事ができる職場や稼げる職場を選べるようになります。

子どもは手がかからなくなるとお金がかかるようになるので、今までのような働き方では家計が回らないと判断して転職に踏み切るワーママも少なくありません。

採用者へも「子どもが大きいので頻繁に子どもを理由に休むようなことは滅多にありませんし、残業もできます」とアピールできます。

転職に有利な資格の取得やキャリアを手に入れたら

ワーママに限らず資格やキャリアは転職の大きな武器になります。職種によっては資格の取得が必須条件ですし、「〇〇の経験が〇年あります」というのも即戦力になってくれそうと期待してもらいやすいです。

資格やキャリアを得て、今よりもっと待遇のいい職場で働きたいと考え、自分のスペックが上がったタイミングで転職をします。

採用において、資格は量よりも質が重視されます。どんな職場で働きたいのかを見据えたうえで有利になる資格を取得しましょう。

ワーママの転職成功のポイントと後悔しない方法は何?

ワーママが転職を成功させるため、後悔しないためには何に注意をしたらいいのかについて紹介します。

ワーママは家庭や子どものことを考えて仕事を選びがちですが、自分の希望もしっかりと把握しておくのが大切です。

勤務条件だけを重視し過ぎない

特に小さい子どもを育てているワーママは「子育てと両立しやすいか」をだけを見て転職先を探してしまいがちです。確かに、勤務時間や勤務地はワーママにとって外せない条件です。預け先の目途が立っていないのならば、託児所付きは非常に魅力的でしょう。

しかし、条件だけを重視して仕事内容を二の次にし、転職を決めてしまうと、仕事が辛かったりきつかったりしてしまい、結局働き続けられなくなってしてしまいます

採用はゴールではなく、スタートです。自分が毎日元気に働けるイメージを持てるかどうかをしっかり考えて決めましょう。

出来ること、出来ないことはしっかりと伝える

エントリーしたり面接を受けたりするときに、採用されたいあまり、出来ないことを「出来る」と言ってしまうのは良くありません。嘘と自己アピールは違います

子育て中ならば子どもがいることをしっかりと伝えましょう。残業や休日出勤ができないのならばはっきりと伝えます。

それで不採用となってしまうのならばその企業とは縁がなかっただけです。嘘を言って採用されても後々トラブルになり、結局うまくいきません。

今は残業ができなくても「〇年後には子どもが〇才になるので残業にも対応できます」などと伝えると将来性や、やる気をアピールできます。

優先順位を明確にする、長い目で判断する

子育て、仕事のやりがい、自分の時間、お金……仕事をするうえで何を優先するのか順位を明確にしましょう。絶対に譲れない条件はなんですか?絶対に外せない条件をはっきりとさせると他の物事について解決方法や妥協が見えてきやすいです。

また、今だけでなく、数年先、数十年先の目標についても持つようにしてみましょう。目先の利益だけにとらわれず、どんな風に働きたいのか、家庭を営みたいのか、をイメージすると後悔のない選択ができますよ。

ワーママの転職先はパート?それとも正社員?

ワーママの転職先は大きく分けてパートか正社員です。それぞれにメリット・デメリットがあります。どんな働き方、生き方をしたいのかを考えて選択しましょう。

パートに転職した場合のメリット・デメリット

パート、つまり非正社員に転職した場合、正社員と比べて仕事の負う責任は少なく、時間も比較的融通がききます。短時間勤務や週休3日以上の条件での求人も多いです。扶養内でも働けます。さらに、子どもの成長に合わせてシフトを増やせる職場も多いでしょう。条件を満たせば社会保険や年金に加入も可能です。

しかし、給与は時給制で、正社員に比べて低い傾向にあります。退職金やボーナスなどはない場合がほとんどです。長年勤めたとしても昇進や昇給はあまり望めません。次の転職時に有利となるようなキャリアも積みにくいです。

雇用も正社員と比べると安定していません。

正社員に転職した場合のメリット・デメリット

正社員の待遇で転職するとほとんどの場合、フルタイムでの勤務が望まれます。パートに比べて責任の重い仕事を任されますが、一方で昇進や昇給のチャンスも多く、やりがいを感じやすいでしょう。職種にもよりますが、キャリアも積みやすいので次に転職する場合、もっと待遇の良い職場を探しやすいです。

正社員ならば企業の各種社会保険、福利厚生などの恩恵も受けられますよ。給与は安定しやすく、ボーナスや退職金も期待できるでしょう。次に子どもを産むときに産休・育休も取りやすいです。

一方、残業、出張、休日出勤などがパートよりも断りにくく、忙しい日々がまっています。

また、ワーママ歓迎の正社員枠は多くなく、狭き門になってしまいがちです。

ワーママの転職を応援してくれるサイトとエージェント

ワーママが1人で転職先を見つけるのは大変です。転職を成功させたいワーママにおすすめのサイトやエージェントを紹介します。プロに頼ると自分では思ってもみなかった選択肢や可能性が見えてくるかもしれませんよ。

女性転職type https://woman-type.jp/

女性のための求人サイト・女性転職typeは正社員で事務職の募集が多いです。ワーママの多い職場、ワーママ歓迎の職場。残業が少ないまたはゼロの職場を多く取り扱っています。年齢制限を設けている求人は少なく、正社員未経験の職場も豊富です。

ただし、給与の良い募集はあまり多くありません。給与よりも子育てとの両立を重視する人におすすめです。

パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/

総合人材サービス大手のパソナが運営をする女性専用の転職エージェントです。管理職やマーケティング分野などの求人を多く取り扱っています。

キャリアを積みたいワーママにおすすめです。キャリアアドバイザーが求人探しや条件交渉まで徹底してサポートをしてくれますよ。

ロールモデルとなる女性管理職の情報も得られるので、将来のビジョンを描きながら転職活動ができるでしょう。

Rewoker  https://www.reworker.jp/

在宅でできる仕事を中心に紹介している求人サイトです。求人が少ない地方在住でもネット環境が整っているのなら問題ありません。

正社員の仕事は少なく、業務委託やフリーランスの募集が中心です。システム開発や経理、WEBデザイナーなど、キャリアや知識を生かして働けます。

時給ではなく、固定報酬が多く、仕事量や収入はあまり安定しません。しかし、通勤する必要がないので自分のペースで仕事ができます。

meet career https://www.meetcareer.net/

柔軟な働き方ができる職場を多く紹介している求人サイトです。週3や週4勤務、リモートワーク、ワーママ歓迎の職場を探している人に向いていますよ。

90分6,000円の別途料金を払うとオンラインでキャリアカウンセリングが受けられるのでキャリアを磨きたいワーママ、どんな働き方が向いているのか分からないワーママは利用してみましょう。個別のキャリアカウンセリング以外にも1回550円~でオンラインワークショップやセミナーなども頻繁に開催しています。

ワーママの転職におすすめの資格は?

「資格はないより持っていたほうがいいだろうけれど……」と漠然と思っているワーママは多いです。しかし、資格は量よりも質が重要になってきます。「〇〇さえ持っていれば安心!」というものはありません。数ある資格の中でもワーママの転職に特におすすめの資格を紹介します。

おすすめの資格は職種によって変わってくる

取得が難しい資格であっても、業務に関係のない資格では価値を発揮させられません。たとえば薬剤師の資格を持っていても、不動産の営業職に志願する際には有利に働きません。どんな仕事へ転職したいのかを明確にし、それに有利に働く資格を選んでくださいね。

資格の種類は大きく分けて国家資格、公的資格、民間資格の3種類があり、国家資格、公的資格、民間資格の順で信用度が高いです。民間資格だからダメとは限りませんが、民間資格の中には名前が仰々しくても認知度や信用度が低いものもあります。本当に転職に役立つのかをしっかりと確認してから取得を目指しましょう。

一般的な傾向として、取得難易度の低い資格はあまり評価されず、取得難易度と専門性の高い資格は好待遇で迎えてもらいやすいです。

ワーママにおすすめ!汎用性の高い資格

ワーママが転職をするにあたって比較的汎用性の高くて取得しやすい資格を紹介します。

◯運転免許(国家資格):

配送業や営業車を使う仕事に就きやすくなります。自家用車があるのならば通勤の選択肢も広がるでしょう。託児所付きの教習所も多いです。

◯秘書検定2級以上(公的資格):

社会人としてのマナーが身につくので秘書に限らず、事務職全般や接客業などに就きやすくなります。受験資格はなく、自宅で勉強しやすいです。

◯簿記検定または簿記能力検定2級以上(公的資格):

帳簿のつけ方、帳簿の把握が身につくので経理の仕事につきやすくなります。受験資格はなく、自宅で勉強しやすいです。

◯TOEICE770点以上(民間資格):

英語によるコミュニケーション能力が認定されるので、外資系や外国人が多く利用する企業など、英語を扱う仕事に就きやすくなります。受験資格はなく、自宅で勉強しやすいです。TOEICEに有効期限はありませんが、一般的に2年以内の点数を参考にされます。

ワーママの転職はビジョンを明確にするのが大切

ワーママの転職は働ける時間に制限があったり急に休むのではないかと敬遠されたりするため、難しいのが実情です。どんな働き方をしたいのかを明確にし、資格取得などの準備をすることが成功へとつながります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。