《四季》クラシックと日本の名歌の融合!【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

みなさん、こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです♪
前回、ヴィヴァルディの四季より《春》《夏》をご紹介しましたが、今回はヴィヴァルディの四季をベースにした曲をご紹介します。

混声合唱・ヴァイオリン・ピアノのためのヴィヴァルディが見た日本の四季(編曲:信長富貴)


日本の名曲にかぶさるようにくヴィヴァルディの四季が織り込まれています。
初めて聴いてもどこか聞いたことのあるメロディと懐かしい気持ちになれる曲です。

ヴィヴァルディの《春》×「花」


日本を代表する作曲家の滝廉太郎の名曲とのコラボレーションで華やかな雰囲気に包まれます。

ヴィヴァルディの《夏》×「城ヶ島の雨」


「城ヶ島の雨」は梁田貞作曲、北原白秋作詞の歌です。ヴァイオリンとピアノでヴィヴァルディの《夏》のメロディが静かに始まります。その後、ピアノとヴァイオリンと女声の独唱です。

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。