アカウンティングとは? 必要性や種類、学ぶポイントなどを解説




アカウンティングとは?

アカウンティングというのは、会計、経理という意味で、ビジネスにおける意味は企業会計になります。

会社の経済活動によって発生した物品や金銭の流れを数値として管理・記録することを、アカウンティングといいます。

ビジネスにおけるアカウンティングは、具体的な数値で会社の経営状況を可視化することによって、ステークホルダーの株主や経営者、クライアント、社員などに対して説明責任を果たすことが目的です。

アカウンティングの必要性とは?

会社の経営状況をアカウンティングによって正しく掴むことができると、進むべき会社の方向や解決すべき会社の課題が明確になります。

さらに、リアルタイムに会社の経営状況をチェックすることによって、経営判断もスピード感のあるものになるでしょう。

また、ステークホルダーのサポートを得るためにも、アカウンティングは必要なものです。

というのは、会社の経営状況を具体的な数値で可視化することによって、説明が高い信憑性がある説得力のあるものになるためです。

アカウンティングについての知識は、説明をされる側にとっても会社の経営状況の良し悪しを判断するうえで役に立つでしょう。

アカウンティングの種類とは?

ここでは、アカウンティングの種類についてご紹介します。

財務会計

財務会計というのは、会社の経営状況を外部の株主などのステークホルダーに説明するためのアカウンティングです。

財務会計を説明するときは、賃借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の財務三表が使われます。

また、財務会計の一種として、所得税や法人税を計算するための税務会計も位置づけられています。

管理会計

管理会計というのは、会社の経営状況を内部の経営者などのステークホルダーに説明するためのアカウンティングです。

費用と収益が同じになるポイントを計算して経営の安全性を検証する損益分岐点分析(CVP分析)や、実績と予算の違いを検証する差異分析などを行って、自社の意思決定や経営管理にその結果を役立てます。

アカウンティングを学ぶポイントとは?

アカウンティングを学ぶポイントとしては、次のようなものがあります。

  • 知識をインプットする
  • インプットした知識を使ってアウトプットする
  • アウトプットに対してフィードバックを他の人から受ける
  • 自分の思考をフィードバックを考慮して改善する

まず、アカウンティングのスキルがマスターできている状態についてご紹介します。

アカウンティングのスキルがマスターできている状態というのは、次のようなことをクリアしている状態です。

  • アカウンティングのための知識を知っている
  • このような知識を毎日の仕事で使えている

知識を知っているのみでも仕事で使えるようになっていないと、マスターできているとはいえません。

では、どうすれば知識が仕事で使えるようになるのでしょうか?

そのためには、インプットした知識を使って自分で考えてアウトプットし、フィードバックを他の人から受けて考え方を改善するということを繰り返すことが必要です。

学ぶための方法としては、読書、動画視聴、他の人とのディスカッションなどがありますが、それぞれの学ぶ方法の特徴をチェックしておきましょう。

毎日忙しい人にとっては、非常に時間が大切でしょうから、学び方のそれぞれのメリットとデメリットを把握しておくことが非常に大切です。

まず、読書についてご紹介します。

読書は、時間あたりの情報量が動画視聴に比較して少なくなりますが、筆者の考え方を追体験しながら、自分なりの解釈で行間を埋めることが必要であるため、動画視聴と比較して自分の頭で考えるという時間が多くなるでしょう。

本を読むときは、誰もがおそらく、ここで筆者が伝えたいことはどのようなことだろうか?どこがこの本の最大のポイントだろうか?などと、自分に問いかけているのではないでしょうか。

しかし、動画視聴と同じように、読書は作者から読者への一方通行で、学ぶ方法が受動的であることは同じです。

次に、動画視聴についてご紹介します。

動画は完成度が最近は高く、わかりやすくて安いものが多くサービスされています。

動画で学ぶときは、時間あたりの情報量が読書に比較して多く、大量の知識を短い時間でインプットできるため、学習したという達成感が得られることがメリットです。

しかし、動画視聴はデメリットもあります。

動画視聴のデメリットは、動画を視るのみでは自分で考える、つまり思考力をトレーニングするということがほとんどできないことです。

次に、他の人とのディスカッションについてご紹介します。

意見を他の人と交換するためには、学んだ知識を使ってまとめて自分の考えを言語化し、前もって他の人に伝えることを考える必要があります。

また、他の人とのディスカッションによって、フィードバックを自分の考えにもらうことができ、自分の意見をまたこのフィードバックに対して考えて伝えることが繰り返されます。

そのため、客観的なことを意識しながら、何回も繰り返して考えるトレーニングができます。

また、自分の思考の癖もこのことによって気が付くことができ、だんだんと直感や思いつき、経験のみに頼っていた思考スタイルから抜け出せるようになります。

アカウンティングについての知識のレベルを知っているものから仕事で使えるものに引き上げるためには、いろいろなバックグラウンドを持っている人たちとディスカッションを行うことが必要であるということを認識しておきましょう。

いかに知識をインプットしても、インプットした知識を使ってアウトプットするトレーニングを何回も繰り返し、このアウトプットに対して自分とは違う分野の人たちからのフィードバックをもらわないと、仕事に知識を使えるレベルになるのは困難です。

知識がないと知識を使うことができないため、知識を読書や動画視聴などでインプットすることが必要です。

しかし、ビジネスパーソンは成果を仕事で出すことを常に要求されるため、知識を吸収することだけにとどまって、学んだつもりで終わるという「独学の罠」があることを把握しておきましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。