「悪運(あくうん)」の意味とは? 使い方や「天運」の違いなどを解説




「悪運(あくうん)」の意味とは?

「悪運(あくうん)」は、意味が2つあります。

「悪運」の1つ目の意味は、良くないことをしても報いを受けなくて栄えるような運です。

「悪運」の2つ目の意味は、不運、運の良くないことです。

意味としては逆になりますが、「悪運」の1つ目のニュアンスは良くないことをしてもバレなくて得するというようなものがあります。

「悪運が強い人」というのは、このような人のことを表現します。

「悪運」の2つ目の意味は、不運と単純に解釈するといいでしょう。

「悪運」というのは、ツイていなくて運がない状態もいうことができます。

「悪運」の使い方とは?

ここでは、「悪運」の使い方についてご紹介します。

「悪運が尽きる」「悪運が強い」

「悪運」は、「悪運が尽きる」や「悪運が強い」のように使います。

「悪運が尽きる」の意味は、良くないことの報いを受けなく、栄える運が無くなることです。

「悪運が尽きる」は、良くないことの報いを今まで受けなかった人に、相応の罰があたるときに使いましょう。

一方、「悪運が強い」の意味は、良くないことの報いを受けなく、栄える運が強いことです。

運がいいことを単純に表現するのではなく、与えられるはずの罰を受けなくて栄える運が強いことを表現します。

なお、いい意味の言葉として「悪運が強い」を使うのは、間違っています。

「悪運が強い」を「自分は悪運が強いために盗まれた品物が戻ってきた。」「事故に遭っても怪我をしないなんて悪運が強い。」などのように使うことがあります。

しかし、「悪運が強い」の意味としては、不幸中の幸いのようなものはありません。

「悪運が強い」をいい意味であると勘違いして使うと、報いを受けるような罪を犯したと相手に伝えるために注意しましょう。

ここでは、「悪運が尽きる」「悪運が強い」を使った例文についてご紹介します。

  • 「彼の悪運が尽きて、裁かれることを希望している。」
  • 「彼は悪運が尽きるまで、罪をいくつ犯すだろうか。」
  • 「できるだけ悪運が強い人とは関わりたくない。」
  • 「現在でも悪運の強さで逃亡中らしい。」

「悪運を断ち切る」

「悪運を断ち切る」の意味は、今まで継続してきた良くない運を切って無くすことです。

「悪運が尽きる」や「悪運が強い」と違って、「悪運」が運の良くないことという意味で使われています。

基本的にネガティブな言葉として「悪運」は使いますが、ポジティブな言葉として「悪運を断ち切る」は使います。

「悪運を断ち切る」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「悪運を断ち切るというお守りを、気休めにもらった。」
  • 「悪運を断ち切ったつもりで、身の回りを整理して過ごす。」

「悪運」を使った例文

ここでは、「悪運」を使った例文についてご紹介します。

  • 「彼は相当悪運が強いため、油断すると逃げられる。」
  • 「悪運の強い人であると考えていたが、もうそれも終わりだ。」
  • 「悪運がここまで続くと、偶然ではない感じがする。」

「悪運」が強い人とは?

ここでは、「悪運」が強い人についてご紹介します。

性格がずる賢い

「悪運」が強い人は、性格がずる賢いことがあります。

例えば、他の人を利用して目標を達成したり、計画を立てて良くないことがバレないようにしたりすることなどが得意です。

計画を緻密に立ててこれであればバレないだろうとしてから実行するため、その嘘が他の人もわかることがありません。

そのため、「悪運」が強い人は、気が付くと得をするようになっていたことが多くあるでしょう。

人の懐に上手く入る

「悪運」が強い人は、人の懐に上手く入ります。

他の人を冗談をいって笑わせたり、他の人の気持ちを考えてもいないような褒め言葉を使って良くしたりします。

特に、積極的に飲み会などでは上長に近づいて、出世を狙うためにさりげなく自分の仕事ぶりをアピールしたりすることもあります。

他の人の心を掴むことが得意であるため、評価が仕事の実力以上に良くなって、効率よく出世することもあるでしょう。

罪の意識がない

「悪運」が強い人は、罪の意識がないことも考えられます。

当然ですが、良くないことを行ったり、嘘をついたりしているということはわきまえているでしょう。

しかし、これによって申し訳ないという気持ちが湧いたり、心を痛めたりすることはありません。

良くないことをしたと反省することがないため、行動がさらにエスカレートすることもあります。

「悪運」と「天運」の違いとは?

ここでは、「悪運」と「天運」の違いについてご紹介します。

「悪運」

「悪運」の意味としては、次のような2つがあります。

「悪運」の1つ目の意味は運の良くないことで、どのようなことを行っても良くない結果になり、不幸になることです。

「悪運」の2つ目の意味は、良くないことを行ったにも関わらず報いを受けなくて逃れて、かえって栄えることで、良くないことを行っても同じように繁栄していることをいいます。

この意味は、決していい意味ではなく、良くないことを相手に対して行ったにも関わらず図々しいということになります。

また、「悪運が尽きる」の意味は良くないことから逃れられて幸せに生活してきた運がなくなることで、報いを最終的に受けることを表現します。

「天運」

「天運」の意味は、天体の運行、天から与えられた全ての巡り合わせです。

「天運」は、天から与えられた、いいこと、良くないことなどの全ての巡り合わせのことです。

考え方が宗教的なもので、人が経験することやものごとの成り行きなどは、天によって全て決められているというものです。

「天運」の「天」というのは、神、宇宙のエネルギー、大自然などいろいろで、人智を超越した存在を表現しています。

基本的に、「天運」は巡り合わせのことで、いいことや良くないことというような結果までは含まれていません。

「天運」の使い方としては、今からどうなるかわからないことに対して「やるだけやったため、天運にあとは任せよう。」などがあります。

「悪運」と「天運」の違い

「悪運」と「天運」の違いとしては、次のようなものがあります。

「悪運」の意味は、運が良くないこと、良くないことによる報いを受けなくて、かえって栄えることです。

「天運」の意味は、天から与えられた全ての巡り合わせです。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。