「アプライ」の意味とは? ビジネスでの使い方や類義語などを解説




「アプライ」の意味とは?

「アプライ」の意味は、応募すること、志願することです。

たまに使われる意味としては、意識を当てる、焦点を当てるもあります。

「アプライ」は、焦点を対象に当てて、機能としてそれに特化したものを説明するときに使われます。

英語の「apply」が、「アプライ」の語源で、発音は同じく「アプライ」です。

しかし、英語の「apply」は動詞で名詞ではありません。

「アプライ」のビジネスでの使い方とは?

ここでは、「アプライ」のビジネスでの使い方についてご紹介します。

「応募する」という意味で使われる

ビジネスでよく「アプライ」を耳にするのは、就職のときでしょう。

例えば、「○○社にアプライする」などを耳にしたことがあるかもしれません。

「アプライ」の意味は「応募する」ということであるため、転職や就職のときに使われており、転職サポート会社などでも利用されています。

しかし、「アプライ」は現状では口語的に使われているため、転職や就職の面接のときに「この度は貴社にアプライさせていただきました」のように使うのは業種によっては止めましょう。

多くのカタカナ語を使うよりも日本語を使う方が好ましいと考えている会社や業種もあるため、「アプライ」が使えるかを判断することが必要です。

「申請する」という意味で使われる

「アプライ」は、セミナーや勉強会などのいろいろなビジネスシーンで「申請する」ときにも使われます。

しかし、先にご紹介したように、口語的に「アプライ」は使われるため、申請書類などには「申請する」と書く方がおすすめです。

「アプライ」のバイオテクノロジーや生物学の実験での使い方とは?

ここでは、「アプライ」のバイオテクノロジーや生物学の実験での使い方についてご紹介します。

バイオテクノロジー、生物学の業界においては日常茶飯事のように実験が実施されていますが、「アプライする」はよくこの現場で使われています。

「アプライする」の意味は、注入することです。

例文としては、次のようなものなどがあります。

「サンプルをアプライする」の意味は、サンプルを注入することです。

  • 「溶液のアプライ量が多過ぎるために溢れる」の意味は、溶液の注入量が多過ぎるために溢れることです。
  • 「アプライするサンプル量を規定量よりも少なくする」の意味は、注入するサンプル量を規定量よりも少なくすることです。

「アプライ」の類義語とは?

「アプライ」の意味と混同しがちな言葉が、カタカナ語の中にはいくつかあります。

「アプライ」を正しく使うためにも、ここでご紹介する「アプライ」の類義語との違いを十分に把握しておきましょう。

「アプライアンス」

「アプライアンス」は、特定の使途のために最適化された専用機器で、広くIT用語として使われています。

例えば、「アプライアンスサーバー」は特定の使途にプログラムされたサーバーで、「メディカルアプライアンス」は医療機器になります。

「appliance」が英語表記で、意味は装置、電気製品、設備になります。

「アプライド」

「アプライド」の英語表記は「applied」で、意味は応用の、適用されたなどがあります。

「アプライド」は、社名としても使われており、「アプライド株式会社」というパソコンの量販店チェーンストアを運営している会社や、「アプライドマテリアルズ」というディスプレイや半導体チップの製造を行っている会社などがあります。

「アプライト」

一般的に、「アプライト」はほとんど有色鉱物が含まれていない細かい粒の火成岩です。

組成が広く御影石として知られている花崗岩と似ているため、半花崗岩ともいわれています。

これ以外に、「アプライト」はプレスのフレームの側柱部分もいいます。

どのような意味かは、文脈で判断しましょう。

いろいろなジャンルで使われている「アプライ」とは?

ここでは、いろいろなジャンルで使われている「アプライ」についてご紹介します。

占星術用語の「アプライ」は「接近」を意味する

占いが好きな方であれば知っているでしょうが、「アプライ」は占星術用語の中にもあります。

占星術用語の「アプライ」は、速い動きの天体が遅い天体に近づくことです。

実験や生物学の「アプライ」は「注入」を意味する

「電気泳動」というのは、電場の中を分子や荷電粒子が移動する現象のことで、主としてタンパク質を生化学や分子生物学で分離する方法です。

このときに、「アプライする」というのは、たんぱく質のサンプルを電場の中に注入することです。

英語の「apply」の意味とは?

カタカナ語の「アプライ」の意味は応募することがほとんどですが、語源の英語の「apply」はいろいろな意味があります。

「アプライする」と同じように申請するや応募するという意味がありますが、別のいろいろな意味もあります。

ここでは、英語の「apply」の意味についてご紹介します。

「適用する」

「apply」は、ある規則や法則などを応用するあるいは適用するという意味で使われます。

例文としては、次のようなものがあります。

  • 「This method is often difficult to apply in practice.」(この方法は実践で応用するためには困難なことがよくある。)
  • 「You must apply the company’s rule to this case.」(このケースは会社の規則を適用する必要がある。)

「影響を与える」

「apply」は、影響を特定のグループや人などに与えるという意味で使われます。

例文としては、次のようなものがあります。

  • 「The offer only applies to the flight from Beijing to Tokyo.」(オファーが影響を与えるのは北京から東京までの飛行機だけである。)
  • 「The company applied the same rules to part-time workers.」(会社はパートタイマーにも同じ規則を適用して影響を与えた。)

「application」が名詞形である

「application」が「apply」の名詞形です。

名詞としてカタカナ語の「アプライ」は使われているために混同するかもしれませんが、英語の「apply」は動詞で、「application」は名詞であることを把握しておきましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。