「ビジネスライク」の意味とは?メリットや使い方、類義語などを解説




「ビジネスライク」の意味とは?

「ビジネスライク」は、次のような意味があります。

「事務的」

「ビジネスライク」の意味で最もよく使うのは「事務的」ということです。

「事務的」という言葉の意味は、「業務上の」や「冷静に処置する」ということがあります。

「堅苦しい」

「堅苦しい」という言葉の意味は、「打ち解けない」や「気楽なところがない」ということがあります。

また、「柔軟な考え方を受け入れない」ということもあります。

そのため、使われる意味としては「職場での付き合い方を考えよう」などということがあります。

「愛想がない」

「ビジネスライク」の意味としては、「愛想がない」ということがあります。

「愛想がない」という言葉の意味としては、「そっけない態度」や「自分から相手に対して話をしない」ということがあります。

「愛想がない」という言葉を使うのは、「付き合う方法がわからない」「愛想がないために相手を遠ざけている」というように感じる時です。

「ビジネスライク」のメリットとは?

「ビジネスライク」は、手際よく事務的に動いていることが特徴です。

そのため、話し方や動きに無駄がなく、余計な感情を相手に移し入れないで、仕事に集中できます。

自分のことのように他の人のトラブルを抱えることもなく、冷静に第三者として見られるので、ストレスを余計に溜めることも多くありません。

そのため「ビジネスライク」によって、効率よく大量の仕事がこなせるというメリットがあります。

「ビジネスライク」の使い方とは?

ここでは、「ビジネスライク」の使い方についてご紹介します。

ネガティブな意味合いでも使われる

「ビジネスライク」は、一般的には「ビジネスライクな応対が優れている」「仕事がビジネスライクで進む」などというように、ポジティブな意味や褒め言葉として使用されるのが当然です。

しかし、「ビジネスライク」は、「話し方がビジネスライクで愛想がない」「ビジネスライクでいい感じがしない」などというように、ネガティブに使用することがあります。

例えば、ホスピタリティ系のサービス業や接客業では、何よりも心地いい人とのコミュニケーションを図ることが大切です。

つまり、心がこもっていない事務的に見える「ビジネスライク」の応対は要求されていないようになります。

そのため、不満が「ビジネスライク」に出てきて、ネガティブな意味合いになってしまいます。

ネガティブに「ビジネスライク」を使用するのは、「ビジネスライク」が状況的に要求されていない時です。

「ビジネスライク」は、親身になる必要がある友人や職場の同僚などの関係では使用しにくいでしょう。

「ビジネスライク〇〇」も使用する

単体で「ビジネスライク」は使用する時が多くありますが、現在はビジネスライク〇〇」というように「ビジネスライク」を使用することも多くなってきました。

カタカナ語の名詞を「ビジネスライク」の後に付けて、熟語の一つの表現として使用されています。

例えば、事務的な会話という「ビジネスライク・ディスカッション」、社会人としてのマナーという「ビジネスライク・マナー」、事務的な口調という「ビジネスライク・トーン」などのように使用されています。

「ビジネスライク」の類義語とは?

「ビジネスライク」の類義語としては、「無味乾燥の」「お役所的な」「ドライな」などがあります。

「ビジネスライク」は、他の人に深入りしないようにして冷淡に振舞うことであるため、類義語としては「クール」や「抑揚のない」なども適切でしょう。

一方、「ビジネスライク」のポジティブなニュアンスを持っている類義語としては、「効率的」や「合理的」などもあります。

会話の趣旨などに応じて、適切な「ビジネスライク」の類義語を使用しましょう。

なお、「ビジネスライク」の類義語を使用した例文としては、次のようなものがあります。

  • 「彼の応対はお役所的である。」
  • 「彼の応対は無味乾燥である。」

「ビジネスライク」の対義語とは?

「ビジネスライク」の意味は「愛想がない」や「事務的」ということになりますが、「ビジネスライク」の対義語としては「親身」になります。

耳障りが「親身になって応対する」という言葉はいいでしょうが、「親身さ」があるといいということでもありません。

ここでは、「親身」という言葉の意味についてご紹介しましょう。

「やる気」

「やる気」が、「親身」に取り組む時に必要になる要素としてまず思い浮かぶでしょう。

「やる気」の意味は、モチベーションということもあります。

「やる気」はある方がいいと考えられがちですが、仕事に「やる気」や「モチベーション」が必要かというと、成果が「やる気」よりも要求される時代であるため、大きく会社や上長が影響します。

「好奇心」

「親身」に取り組むには、興味を相手が持つ必要があります。

「好奇心」が興味を持つには必要です。

より良くするための工夫は、「好奇心」がある方ができるでしょう。

そのため、このような意味では「好奇心」はいいでしょうが、「好奇心」から細かなところにこだわったりする時がありますが、納期に遅れるなどのトラブルになるでしょう。

「想い」

「想い」という意味も、「親身」にはあります。

仕事には気持ちが高ぶる方が熱が入っていいでしょうが、「想い」が空回りすれば近づきにくいと他の人が感じる時の使い方もあります。

マイナスに「想い」があることがなってしまう時がよくあります。

なお、「親身」を使用した例文としては、次のようなものがあります。

「トラブルに巻き込まれた人に対しては、親身に相談に乗る。」

関係が「ビジネスライク」では人脈が作れない

人脈を作る時に大切なポイントは、「短期的に仕事上でお互いを利用し合う、ビジネスライクな利益を重要視した関係では駄目である」ということです。

人脈をビジネス上の利益のみで作った時は、仕事の状態が変わると対人関係もすぐに崩れてしまいます。

人脈は外部の人と作るだけでなく、社内の人と作ることが大切です。

また、仕事においては、外部の人と人脈を作る、つまり外部のネットワークを拡大することのみが有利になることはそれほどありません。

むしろ、信頼がある人脈を社内の人と作ることの方が、長期的に見た時はメリットを受けることが多くあるでしょう。

外部のネットワークを拡大することも大切ですが、社内の人と信頼がある人脈を作ることをいい加減にしないように注意しましょう。

また、人脈がビジネスライクな関係では作れないというのは、顧客関係を構築するときも同じです。

ビジネスライクな広く浅い顧客関係よりも、強固な狭い関係が大切であることを把握しておきましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。