「キャパオーバー」の意味とは?要因やキャパオーバーになる人の性格などを解説




キャパオーバーの意味とは?

キャパオーバーというのは、ものの許容量をオーバーしている状態です。

キャパオーバーになると、焦燥感に苛まれたり、仕事ができなくなったり、ストレスが溜まったりするなど、仕事を行うために支障が出てきます。

このような状態をそのままにしておくと、メンタルが最悪の時はアンバランスになります。

キャパオーバーになる要因とは?

キャパオーバーになる要因としては、いろいろなことが考えられます。

ここでは、キャパオーバーになる要因についてご紹介します。

悩むことが多い

キャパオーバーになる要因としては、悩むことが多いことが挙げられます。

仕事を進めるためには、対人関係や段取りなどいろいろ考えることがあります。

しかし、悩むことが多い時は仕事が実際に進みません。

一人で悩むことを抱えることも、キャパオーバーになる要因です。

余裕が時間的にない

キャパオーバーになる要因としては、余裕が時間的にないことも挙げられます。

特に、決算前や繁忙期は多くの仕事があるため、余裕が時間的にない時もあるでしょう。

しかし、余裕が時間的にない状態が続くと、余裕が気持ちの面でもなくなります。

そのため、ちょっとした間違いを引きずったり、神経質に必要以上になったりします。

優先する仕事の順位がつけられない

キャパオーバーになる要因としては、優先する仕事の順位がつけられないことも挙げられます。

猶予が期日までにある仕事を優先して、高い緊急度の仕事に追われるようなことは、よくあることです。

スケジュール管理を普段から正確に行なっている人でも、優先する仕事の順位がわからなくなる時も多くあります。

キャパオーバーになりかけている兆候を掴んで、一旦立ち止まって、優先する仕事の順位を見直しましょう。

ネガティブな考え方が強い

ネガティブ考え方が強い時は、キャパオーバーの要因になります。

マイナス面の問題点などを考えることは、確かに仕事を進めていくために必要なものです。

しかし、ネガティブなことのみを考えて、ネガティブな考え方が強くなると、思考がかえって停まるようになって、良くない流れになります。

スケジュール的には問題が全くない仕事でも、キャパオーバーになる人は、ネガティブな考え方になっていないか反省してみることが必要です。

被害者意識がある

キャパオーバーになる要因としては、被害者意識があることも挙げられます。

同僚や上長の何気ない会話や励ましは、普通は仕事を進めていくために力になります。

しかし、被害者意識があると、このような言葉も悪口やプレッシャーになる時があります。

プレッシャーを他の人からいわれた言葉によって受けていると思った時は、どのようなことに対してプレッシャーを受けているかをはっきりさせる必要があります。

キャパオーバーになる人の性格とは?

ここでは、キャパオーバーになる人の性格についてご紹介します。

心配性

キャリーオーバーになるのは、心配性の性格の人です。

きちんとできていても心配になったり、何回もこれでいいのかとチェックしたりします。

そのため、多く時間も使います。

さらに、心配しているとストレスが相当溜まるでしょう。

疲れが精神的にも溜まってきます。

仕事を行うために時間がかかるだけでなく負担が精神的にもかかるため、キャパオーバーになります。

せっかち

キャパオーバーになるのは、せっかちな性格の人です。

仕事を早く終わらせたいにも関わらず終わらないため、パニックになったり、焦ったりしてしまいます。

そのため、キャパオーバーになります。

しかも、せっかちな性格の人は、仕事は早く終わっても間違いが多くあったりします。

例えば、書類を記入する時は早く提出しますが、記入間違いがあることわかって、最終的にやり直しする時が多くあります。

間違いがあれば、疲れが精神的に溜まったりするでしょう。

そのため、キャパオーバーになります。

完全主義

キャパオーバーになるのは、完全主義の性格の人です。

完全を常に要求し過ぎて、他の人よりも労力も時間もかかります。

完全主義者は、必ずまず規則を守ります。

しかし、規則を守るといっても、仕事をする時に効率が悪くなっている時もあります。

このような規則は、積極的に変更する必要があるでしょう。

真面目過ぎるために、無駄に時間を使っている時が多くあります。

さらに、完全主義の性格の人は、それまでの経験したことと異なったことが起きたり、自分で立案したプランとズレが発生したりすると心配になったりします。

非常に神経質になります。

そのため、ストレスに思う時も多くあり、キャパオーバーに精神面でもなります。

仕事に集中できない

キャパオーバーになるのは、仕事に集中できない性格の人です。

仕事に集中できないため、相当仕事が終わるのが遅くなります。

最終的に、期限間際になって慌ててキャパオーバーになって、他の人に迷惑をかけたりする時が多くあります。

飽き性で仕事に集中できない性格の人は、プライベートでも仕事以外に飽きっぽい性格になる時があります。

例えば、長く特定の恋人と付き合うことができなくて、恋人が頻繁に変わったりします。

キャパオーバーになった時の対応方法とは?

ここでは、キャパオーバーになった時の対応方法についてご紹介します。

行うべきことを整理する

まず、行うべきことを整理しましょう。

例えば、行うべきことを紙にリストアップしたりしましょう。

そして、行うべきことの期限や優先順位を検討したり、どのように行なっていくかを細かく考えたりしましょう。

一気に進めないで、優先順位をつけて行うことができるため、キャパオーバーにはなりません。

仕事を1つずつ終わらせる

仕事を同時に進めることができない時は、キャパオーバーになります。

しかし、仕事を同時に進めることができないのであれば、無理に同時に仕事を進める必要はありません。

無理に仕事を進めることが、キャパオーバーに最もなりやすいでしょう。

このような時は、完全に一つずつ仕事を進めるようにしましょう。

優先順位を行うべき仕事に付けて、一つずつこなしていきましょう。

しかし、同時に仕事を進められないため、スピードアップが必要になります。

ストレスを溜めない

キャパオーバーにならないように、ストレスを溜めないようにしましょう。

そのため、歌を歌ったり、運動をしたりするなど、気分をリフレッシュさせましょう。

キャパオーバーになる時は、精神的にもストレスが溜まっています。

気持ちをリフレッシュすることによって、溜まったストレスを発散することができます。

仕事で非常に忙しくても、自分のために1時間だけでも毎日時間を使うようにしましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。