「ジーザス」の意味とは? 語源や使い方、類義語などを解説




「ジーザス」の語源とは?

ギリシャ語の「Jesus」が、「ジーザス」の語源です。

「Jesus」の発音は「イエス」で、「Jesus」は「イエス・キリスト」のことです。

「ジーザス」の意味とは?

「ジーザス」は「イエス・キリスト」ですが、カタカナ語や英語で使う「ジーザス!」の意味は「神よ、ありがとう!」「一体どうするんだ!」「なんてこった!」ということがあります。

そのため、驚いたときや困ったときに感嘆詞として気持ちを表現するために使われる一つの言葉です。

「ジーザス」は、失望や喜び、恐怖などを含めて、「神様!」と気持ちの上でいいたいときに口から瞬間的に出る言葉になります。

「ジーザス」の特徴は、これというような決まった意味がないことです。

感動の言葉として「ジーザス」は使われるものですが、感謝の気持ちを「神よ、ありがとう!」と表現することがあったり、怒りの気持ちを「なんてことを!」と表現することがあったり、嘆きの気持ちを「もうダメだ」と表現することがあったりします。

「ジーザス」は、吐き出すように心にある気持ちを放たれる表現であり、否定的な意味と肯定的な意味の両方がある表現になることを把握しておきましょう。

「ジーザス」の使い方とは?

ここでは、「ジーザス」の使い方についてご紹介します。

人名として使う

「ジーザス」は、宗教や歴史について記載された書物に「イエス・キリスト」として登場するだけでなく、英語圏においては創作物などの文化物のネーミングに広く使われることがあります。

しかし、日本においてはメインが「イエス」の読み方であること、基本的に宗教観が違うことから、「ジーザス」を神の子の名前、キリスト教の開祖として表現することは稀でしょう。

なお、「ジーザス」は、全くキリスト教と関係のない男性の名前として使われるときもあります。

しかし、「ジーザス」というと、一般的に「イエス・キリスト」のことを多くの人はイメージするでしょう。

感嘆表現として使う

「ジーザス」を感嘆表現として使うときは、その意味合いはいろいろで、驚き、失望、絶望、強調、恐怖などの気持ちを表現します。

基本的に、意味はネガティブなものであり、イメージとしては神にすがりたくなるような状況でしょう。

日本語にもし翻訳するのであれば、なんてこった、ありえない、神様!どうして、とんでもない、ひどいなどになるでしょう。

絶望や驚きのあまり、口から思わず出てしまうような言葉です。

「イエス・キリスト」を省略しないで「ジーザス・クライスト」と英語読みされることもありますが、このときも意味は同じです。

しかし、人名と同じように、日本では「ジーザス」をこの意味で使う人は多くないでしょう。

日本人同士で「ジーザス」を使うシーンは少ない

「ジーザス」は映画やドラマなどの世界ではよく聞いたりするでしょうが、日本人同士の日常会話で使っている人はあまり目にしないでしょう。

なお、外国の人と会話をするときは、距離を縮めるために「ジーザス」を使うのもおすすめです。

しかし、日本人同士の日常会話のときは、急に「ジーザス」を使うと相手が戸惑うこともあるため、注意する方がいいでしょう。

もし「ジーザス」に日常で触れたいと考えたときは、曲名、歌詞、ブランド名やミュージシャンの名前において、それが「ジーザス」のどのような意味になるかを考えてみれば楽しいでしょう。

「Jesus(ジーザス)」の類義語とは?

「Jesus(ジーザス)」は、固有名詞で神をいうものであるため、非常に直接的な表現です。

キリスト教の敬虔な信者の中には、感嘆詞として「Jesus(ジーザス)」を使うことを不愉快に考える人もいるため、使うときは注意する必要があります。

「Jesus(ジーザス)」は、相手が若い人のときは使っても問題ないでしょうが、ビジネスシーンや相手が保守的な高齢の方のときは基本的に使わない方がいいでしょう。

ここでは、「Jesus(ジーザス)」の類義語についてご紹介します。

「Oh my God.」「Oh my goodness.」「Oh my Gosh.」

「Jesus(ジーザス)」の類義語としては、「Oh my God.」が最も有名でしょう。

「Oh my God.」は、感嘆詞として最も一般的なものです。

「God」を「Oh my God.」は使っていますが、あまりにも広く使われているため、不愉快にこの表現を考える人は相当少ないでしょう。

驚き、怒り、ショック、感謝などのいろいろな感情を表現するときに、「Oh my God.」は使います。

「God.」の婉曲的な表現の「goodness」「Gosh」を使うこともあります。

直接的な「God」という表現を避けるために、このような婉曲表現が生まれました。

「Oh my God.」以外に、「Oh God.」「God.」「My God.」などというときもあります。

「Oh my God.」は、ネットスラングでは「OMG」と省略して書くときもあります。

「Geez(ジーズ)」

「Geez(ジーズ)」は、「Jesus」の婉曲的な表現です。

「Geez」は女性でも男性でも使うことができ、間接的であるため、不愉快な思いを他の人に対してさせるのを防ぐことができます。

しかし、「Geez(ジーズ)」は、スラングであるため、ビジネスシーンなどでは使わない方がいいでしょう。

「Oh no.」

「Oh no.」は、感嘆詞としてビジネスシーンでも使えるものでしょう。

「Oh no.」は、「Oh my God.」と同じように使うことができ、非常にシンプルなものです。

宗教との関連が無く、汚いスラングでもないため、広く使えるのでおすすめです。

どのような感嘆詞を使うか迷ったときは、「Oh no!」を使いましょう。

「Shit.」「Shoot.」

「Shit」は、「くそ」という意味で、代表的なスラング感嘆詞でしょう。

「Shit!」は、ネガティブな感情以外に、ポジティブな感謝するときや嬉しいときなどでも使えます。

「Shit」の婉曲的な表現としては、「Shoot」があります。

「shit」は不愉快になる人もいるでしょうが、「shoot」は不愉快になる人はまずいないでしょう。

「shit」は汚い言葉であるため、「shit」の代わりに「shoot」を使うのがおすすめです。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。