「読破」の意味とは? 読了、完読との意味の違いなどを解説




大作を読破したような時は、本を読むのが好きな人にとっては最高の気分でしょう。

一方、読破と同じような言葉としては読了や完読がありますが、意味としては違いがあります。

ここでは、読破の意味、読破と読了と完読の意味の違い、読破の類義語などについてご紹介します。

読破の意味がよくわからない方などは、ぜひ参考にしてください。

読破の意味とは?

読破とは、最後まで本を読み通すという意味です。

この時の本は、基本的に、内容が難解なものや専門的なもの、多く巻数があるような大著のことであり、労力や時間が最後まで読み通すためには必要なものをいっていました。

しかし、昨今は読書離れが進んでおり、読破したというのはどのような本でも最後までとりあえず読み通すと認められるようになっています。

読破の対象の本の内容については、昨今は制約が少なくなってきています。

しかし、文字を読むことは必要であるため、読破という言葉は写真やイラストなどの画像がほとんどを占めるような写真集や雑誌などについてはあてはまりません。

漫画はほとんどが絵であるため、本来であれば読破とはいいかねます。

しかし、難解な本を読みやすくするために漫画にしたものが人気になったり、高度に漫画自体の内容がなったりするような傾向が昨今はあります。

また、漫画としては大作の数十巻に及ぶものも多くあるため、全巻読破したという表現が漫画についても多くなってきています。

読破と読了と完読の意味の違いとは?

普段の会話では、読破、読了、完読という言葉を耳にすることはまずないでしょう。

しかし、読破、読了、完読という言葉は、オンラインのニュースやSNSなどで見たり聞いたりすることもあるでしょう。

いずれも読むことについて意味がある言葉ですが、ここでは読破と読了と完読の意味の意味の違いについてご紹介します。

読破の意味

読破の意味は、最後まで難しい本を読み終えること、大部な全ての本を読み終えることです。

読了の意味

読了の意味は、読み終わったということです。

使い方としては、この本も読了した、というようなものがあり、特別な含みは読破や完読のようにありません。

完読の意味

完読の意味は、全て読切ったということです。

対象の本はジャンルに関係なく、全て読み切ることができたという時の言葉です。

ニュアンスとしては、読み切ってやったというものが含まれます。

読破と読了と完読の意味の違い

読破と読了と完読の言葉は、いずれも基本的に最後まで読んだという意味です。

読了だけは、単純に読んだという意味で使えます。

読破と完読は、最後まで説明した意味合いを含んだ上で読んだ時に使います。

読破の類義語とは?

ここでは、読破の類義語についてご紹介します。

完読

完読の意味は、全て最後まで読み切ることです。

特に、本の内容には関係なく、とにかく全て読めば問題ありません。

また、完走、完成というように、完の意味としては全てやり終える、まっとうするということがあるように、完読も達成感として一冊の本を読むという行いをまっとうしたということが表現された言葉です。

通読

通読の意味は、本の初めから終わりまで読み通すことです。

通の意味としては貫くということがあり、本の初めから終わりまで読むことを貫いたことを表現する言葉になっています。

また、通し稽古という言葉もあるように、通の意味としては一通りということもあります。

そのため、通読の意味は、軽めの一通り読むということで使うこともできます。

卒読

卒読の意味は、読み終わることだけでなく、ざっと読むこともあります。

卒の意味としては、卒業という言葉に表れているように終わる、終えるということで使われるケースがよくあります。

しかし、意味としては、急に、一時的にということもあり、この意味合いがざっと読むという意味での使い方は反映されたものです。

読過

読過の意味は、読み終えることだけでなく、注意を払わないで読み過ごすということもあります。

過の意味としては、過ぎる、通るという以外に、看過という言葉に表れているようにうっかり逃すということもあり、読み過ごすという言葉にこれが反映されています。

一気読み

一気読みの意味は、それまで置いておいて読まないでいた漫画や本などを、一度に読むということがあります。

例文としては次のようなものなどがあります。

  • 「週末にシリーズを大人買いして、一気読みする。」
  • 「通勤する時間がかかるため、漫画を一気読みする。」

読破の英語表現とは?

ここでは、読破の英語表現についてご紹介します。

読破の英語表現としては、「read through」があります。

「read through」の意味は、読み通すということです。

しかし、終わりまで読み切った達成感は日本語の読破のように特に含まれていなく、ニュアンスとしては一通り目を通すくらいで使われています。

例えば、「read through」を使った例文としては次のようなものがあります。

  • 「Please read through it.」(ご一読ください。)
  • 「read through the original version of~」(~の原書を読破する)
  • 「read through an entire novel」(終わりまで小説を読破する)
  • 「It is impossible for children to read through the novel at a sitting.」(その小説を子供が一気に読破することはできない。)
  • 「I tried to read through the book, which I found impossible.」(その本を読破しようとしたが、できないことがわかった。)

マンガ読破!とは?

マンガ読破!というのは、2000冊以上の漫画が配信されているものです。

新人の話題作からプロの人気作まで集まった、漫画アプリの最大級のものです。

人気の作品、過去の名作からドラマ化されたばかりの作品まで、アプリ内で大量のコミックスが見られます。

新作の漫画も毎週続々と入っており、新着情報から新しい作品がすぐに見られます。

青年漫画に少年漫画、ティーンズラブ漫画まで、いろいろな多くの漫画がポイントを貯めると見られます。

インディーズコーナーというプロデビューを目前にしたアマチュアのアプリだけで見られる作品が載っているものなどもあります。

立ち読み気分で空き時間や移動中に読んだり、暇つぶしに読んだりするのもおすすめです。

短編集だけでなく、20巻をオーバーするような長編漫画まで、多く準備されています。

マンガ読破!は、漫画喫茶のように、じっくり自宅で読破!など、好きなシーンで楽しめます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。