「スケールメリット」の意味とは?関連用語や類義語、対義語などを解説




「スケールメリット」の意味とは?

「スケールメリット」は和製英語で、意味としては「会社をスケールアップすることによって獲得できるメリット」ということになります。

正しい意味としては、「会社の規模を拡大することによって獲得できるコストパフォーマンスのアップ」になります。

会社の規模を拡大することによって獲得できるメリットはいろいろあります。

顧客・販売地域を拡大することは、当然ですが、知名度がアップして、競合性がアップします。

しかし、「スケールメリット」のポイントは、生産量が単に多くなるのみでなく、仕入れ、生産、運送、広告のコストパフォーマンスがアップことです。

では、どうして規模を拡大することによってコストパフォーマンスがアップするのでしょうか?

というのは、例えば、1人暮らしのときは食費が高くなりますが、家族がある程度いるときは食費が案外と安くなるのと同じようなものです。

生産するときに同じ固定費であれば、生産量が多くなるほどコストパフォーマンスがアップします。

しかし、生産量を多くするときにどんどん固定費も多くなれば、「スケールメリット」にならないため注意しましょう。

「スケールメリット」の関連用語とは?

ここでは、「スケールメリット」の関連用語についてご紹介します。

「シナジー効果」

「シナジー効果」というのは、違った性質がある他の商品やビジネスを同時に取り扱うことによる効果で、「相乗効果」のことです。

例えば、男性専用のネクタイや香水などを女性向けのブティック店に置いたり、母親向けの小物や雑誌を子供服のお店に置いたりすることをいいます。

一方、「スケールメリット」は、同じ商品の生産を多くすることによって獲得できる利益や効果のことであるため、「シナジー効果」とは意味が違っています。

上手くこのような二つの言葉を使い分けて、誤解を相手に与えないように注意しましょう。

「規模の経済」

「規模の経済」は、「スケールメリット」と同じような意味合いで使われます。

「スケールメリット」は、大きな規模にすることによって獲得できる利益や効果のことですが、「規模の経済」は、規模の大小によって不利であったり、逆に有利であったりするような状況のことです。

「規模の経済」は、具体的には、現在の規模より同じ仕事を大きなスケールで行って、費用を効率的に低減することです。

そのため、生産数を多くして収益率をアップすることをメインにする企業活動でもあります。

「スケールメリット」の類義語とは?

「規模効果」や「規模利益」などが、「スケールメリット」の類義語としてあります。

いずれの類義語も、効果や利益を規模の大きさによって獲得できる優位性があり、規模を拡大することによって獲得できるメリットを表します。

また、ニュースや経済紙などでは、「規模拡大効果」と「スケールメリット」のことを表現するときもあるようです。

「スケールメリット」の対義語とは?

「スケールデメリット」が「スケールメリット」の対義語になります。

「スケールデメリット」というのは、規模が拡大することによるデメリットで、例えば、大量に材料を仕入れることなどによって「スケールメリット」が一時的に獲得できても、仕入れ先の経営不振や倒産などによって、逆に不利益があるようなことを意味します。

また、大量に工場などで生産するときは、生産しているロボットがプログラムの破壊によって急に動かなくなったり、生産ラインが止まったりすることも想定されます。

なお、「スケールデメリット」は、「スケールメリット」と比較して使う頻度は相当低くなりますが、「スケールメリット」に対して発生し得るデメリットもあるため、把握しておきましょう。

「スケールメリット」の具体的な事例とは?

会社の将来ビジョンをはっきりさせて、目標達成や課題解決のために一貫性がある戦略が要求されます。

ここでは、「スケールメリット」の具体的な事例についてご紹介します。

飲食・小売業界

飲食・小売業界は、「スケールメリット」を割合享受しやすいものです。

例えば、主な施策としては、「仕入費用の低減」「一括で全ての店舗の仕入れを行う」「限界まで販売価格を引き下げる」などがあります。

品揃えを地元の住民の好みに特化する、地産地消を推し進める、割引券を発行するなども効果があります。

教育業界

学習教材や学習塾など、業績を会社がアップするには、実績、知名度、目標が達成できる学習プログラムがポイントです。

知名度を広告によってアップし、利用している人の合格者数を多くすることによって実績になります。

レベルの高い学習プログラムを作るためのデータを集めることができるでしょう。

運送業界

運輸業での費用は、人権費、ガソリン代、車両関係費がほとんどを占めています。

運輸業において最大限に「スケールメリット」を導き出すためには、顧客満足度・市場ニーズ・経営効率化のバランスをコントロールすることが要求されます。

製造業界

製造業界は、「スケールメリット」を多く獲得することが期待できます。

例えば、効果があるのは、追加での産業ロボットや製造機械の導入、規模の大きな生産の実施、原材料の大量の仕入れによる費用の低減があります。

大きな売上規模になるほど、トータルの利益が期待できるでしょう。

人材業界

職業紹介会社や人材紹介会社は、信頼を求職者になる会員から得ることが全てといってもいいでしょう。

営業の収益に会社のブランドイメージが直結するので、広宣費を多くして登録数のアップを目指します。

企業規模を、「スケールメリット」の報酬額の増加などとのバランスを判断しながら拡大させます。

「シナジー効果」と「スケールメリット」の関係とは?

「シナジー効果」の意味は「相乗効果」になります。

同じ目的を違った組織が共有して、協力することです。

社内社外に関係なく、同じ目的に向かって、違った組織が協力し合うことは、規模が拡大して「スケールメリット」になります。

「シナジー効果」は、1プラス1が2でなく、3以上ある状況で、お互いにウィン&ウィンになる関係が必要です。

「シナジー効果」が社外においてある事例としては、会社間の業務提携やM&Aがあります。

これは、売上アップ、企業規模の拡大など、「スケールメリット」より多く獲得するためです。

しかし、逆の結果に最終的になるときがあります。

「アナジー効果」とこのことをいいます。

最も会社としては避けたいでしょう。

「シナジー効果」を獲得することは、考え方や経営手法が全く違っていると困難でしょう。

そのため、理解をお互いに深めたり、具体的なプランをはっきりさせたりする必要があります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。