ゲシュタルト崩壊とは? ゲシュタルト崩壊が起きやすい文字・漢字と対処法などを解説




ゲシュタルトとは?

ゲシュタルトというのは、部分からは導けない、まとまった一つの具体的・有機的な全体性のある構造があるもの、形態ということで、認識活動や知覚現象を説明するための概念です。

簡単にいうと、全体性のある構造がゲシュタルトです。

例えば、音楽のメロディーをイメージしてみましょう。

メロディーは、一つの音楽を別々の音が組み合わさって構成しています。

音楽性は一つひとつの音にはありませんが、メロディーになると曲として初めて認められます。

そのため、ゲシュタルトは構成する要素とは他の独立した構造です。

文章などでゲシュタルトを使うときは、主としてゲシュタルト崩壊が多くあります。

ゲシュタルトの語源とは?

ドイツ語の形態、姿などの意味の「Gestalt」が、ゲシュタルトの語源です。

世界的にゲシュタルトという言葉が普及した大きな要因は、ドイツのウェルトハイマーという心理学者が生み出した「ゲシュタルト心理学」です。

全体性のある構造というニュアンスが、この「ゲシュタルト心理学」の概念によってプラスされました。

ゲシュタルト崩壊の意味とは?

ゲシュタルト崩壊の意味は、全体性が失われて、脳がそれぞれの部分にわかれた状態で認識する現象です。

ゲシュタルト崩壊は、心理学用語の一つです。

ゲシュタルト崩壊は、人の知覚についての現象で、特徴は全体の形態が認識できなくなることです。

全体を構成するそれぞれの部分にわかれた状態で認識するため、まとまった一つの形や文字として認識するのが難しくなります。

ゲシュタルト崩壊が起きやすい文字・漢字と対処法とは?

ゲシュタルト崩壊が起きやすい文字・漢字としては、次のようなものがあります。

借、多、今、野、粉、若、丈、な、を、ル

これ以外に、ゲシュタルト崩壊が起きやすいのは、三角形、正方形、円などがベースの幾何学模様もあります。

ゲシュタルト崩壊を防止するために効果が期待できる方法は、長い間形態や文字を注視しないことです。

これ以外に、先にご紹介したゲシュタルト現象が起きやすい文字・漢字を何回も書き続けないことが挙げられます。

ゲシュタルト崩壊は、一般的な現象で健常者にも起きるものです。

ゲシュタルト崩壊が日常生活において起きたときは、形態や文字を見ないようにして、休憩を適度に取ったり、外の景色を見たりしましょう。

ゲシュタルト崩壊の類義語とは?

ここでは、ゲシュタルト崩壊の類義語についてご紹介します。

辟易(へきえき)

辟易の意味は、非常に迷惑で、嫌気がさすこと、うんざりすること、閉口することです。

紋切り型(もんきりがた)

紋切り型の意味は、型どおりで新鮮味がないこと、きまりきった型です。

食傷(しょくしょう)

食傷の意味は、何回も同じことに接し、非常に飽きて嫌になることです。

倦怠(けんたい)

倦怠の意味は、物事に非常に飽きて嫌になることです。

マンネリズム

マンネリズムの意味は、惰性的に一定の形式、技法などが繰り返され、型にはまって新鮮さや独創性を失うことです。

ゲシュタルト崩壊を防止する方法とは?

ゲシュタルト崩壊が起きる要因は、現在はっきりしていません。

そのため、正しいゲシュタルト崩壊の治療法はありません。

しかし、ある程度ゲシュタルト崩壊を防止する方法があります。

ここでは、ゲシュタルト崩壊を防止する方法についてご紹介します。

休憩する、注視しない

ゲシュタルト崩壊は、一時的な現状であるため、休憩する、注視しないことで防止することができます。

ゲシュタルト崩壊が起きる要因については、わかっていない部分が多くあります。

ゲシュタルト崩壊は起きる要因がわかっていないため、治療する方法がありません。

ゲシュタルト崩壊が起きやすい人もいるそうですが、起きても精神崩壊や病気などになったのではないかと心配する必要はありません。

ゲシュタルト崩壊は曖昧な形・文字を見たときに起きやすい

読めるが書けない漢字などが、曖昧な形・文字としてはあるでしょう。

例えば、画数が多く書くのが困難な薔薇や絨毯などの漢字があります。

多くの人は、このような漢字を何となく全体のかたまりのイメージで読んでいるでしょう。

例えば、薔薇の薔の漢字の人や口が無くても違和感がなく、バラであると認識できるでしょう。

しかし、しっかりと読もうとしたりすれば、何となくしっくりこないことが起きます。

パソコンの画面などを見ないようにして全く違う文字・形を見る

パソコンの画面などを見ないようにして全く違う文字・形を見れば、時間が新しく見た文字・形が認識できるまでかかるときがあります。

それまで見ていたものから全く違うものを見ることによって、脳の処理する能力が追いつかないときにゲシュタルト崩壊になることがあります。

ものを一定に見なければならないこともあるため、気掛かりなときはあまり集中しすぎないようにしましょう。

同じ形・文字を長時間見ない

一つのことに集中しすぎるために全体が掴めなくなったときに、ゲシュタルト崩壊は起きます。

そのため、同じ形・文字を長時間見るのはリスクがあります。

例えば、車を運転しているときにも、次のようなゲシュタルト崩壊が起きることがあります。

直線の風景が同じように続く道路で車を運転しているときに、吸い込まれる感じになる

歩いている人を注視していると、直進するのか左折するのかがわからなくなった

信号が青になるのを待っているときに、自分が現在踏んでいるのがアクセルなのかブレーキなのかがわからなくなった

このような体験があったときは、ゲシュタルト崩壊が起きたといえます。

ゲシュタルト崩壊が起きていると感じたときは、大きな事故が発生するかもしれません。

安全に車を運転するためには、ゲシュタルト崩壊が注視しすぎると起きることがあることを把握して、これは錯覚かもしれない、自分は現在注視し続けているかもしれないと気がつくことが必要です。

車を運転しているときは、一つのものを注視しないで、ときどき周りの風景を見たり、スピードメーターを見たりしましょう。

そのため、車を運転するときは何か気になる一つのものを見ないようにするなどして、ゲシュタルト崩壊が起きないようにしましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。