「ギミック」の意味とは?使い方や類義語などを解説




「ギミック」の意味とは?

「gimmick」が、「ギミック」の英語表現になります。

英語の中でも「gimmick」は日本語に翻訳するのが困難な一つの単語で、「gimmicks」が複数形になります。

基本的に「ギミック」の意味は、「からくりや仕掛けがある手品やおもちゃ」あるいは「名前が付けられないもの」です。

人目を引くようなそれまで見たことがないようなアイテムやおもちゃのことです。

また、ビジネスシーンにおける「ギミック」の意味は、「練られた策略」「巧妙な戦術」「見当がつかない施策」など、普通ではわからないような「からくり」がある戦略になります。

会計などのシーンで「ギミック」が使われる時は、ニュアンスが「不正じみた」というようなものになります。

「ギミック」の意味は、もともと「巧妙なからくりや仕掛け」ということがあるので、「会計でのからくりや仕掛け」つまり「不正が疑われるような」という意味合いが自然に生まれるでしょう。

「ギミック」の使い方とは?

ここでは、「ギミック」の使い方についてご紹介します。

手品・おもちゃでの「ギミック」

手品・おもちゃでの「ギミック」の意味は、「手品のタネ」「おもちゃの中の仕掛け」ということです。

おもちゃの中でも、「ギミック」は特に幼児のためのおもちゃの仕掛けに使われる時が多くあります。

手品・おもちゃでの「ギミック」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「おもちゃは、最近高度なギミックになっているため大人でもびっくりする。」
  • 「トランプを使う手品のギミックは、案外と種明かしされると単純であった。」

ビジネスでの「ギミック」

ビジネスでの「ギミック」の意味は、「自社の商品やサービスの広告宣伝戦略」です。

特に、ユーザーの注意を引き付けるために、普通の宣伝とは違ったものが「ギミック広告」といわれています。

ビジネスでの「ギミック」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「外国では、ユーザーがマジックテープを使用したギミック広告に怒った。」

ゲームでの「ギミック」

ゲームでの「ギミック」の意味は、「有利にゲームを進めたり、プレイヤーを妨げたりするための仕掛け」のことです。

例えば、カードゲームの『遊戯王』などがあります。

ゲームでの「ギミック」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「このゲームのギミックは、多くのプレイヤーへの妨げがあるため対策が必要である。」

撮影での「ギミック」

撮影での「ギミック」の意味は、「映画などで合成や照明を使った特殊撮影」のことです。

「SFX」とも映画用語ではいわれており、宇宙のシーンをSF映画で撮影したり、怪獣を怪獣映画で撮影したりするなど、実際には撮影ができないようなシーンを撮影するために使われる一つの技術です。

撮影での「ギミック」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「別の特撮映画に比較して、この特撮映画で使うギミックは迫力がある。」

ケーキでの「ギミック」

ケーキでの「ギミック」の意味は、「空洞に内部を作っておいて、多くのお菓子をそこに詰め込む仕組み」ということです。

例えば、「ギミックケーキ」の仕組みは、中心部をスポンジケーキでくり抜いて、この中に小さいお菓子のチロルチョコなどを詰め込むようになっています。

包丁をケーキに入れた時に、お菓子が中から出てきます。

ケーキでの「ギミック」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「このケーキは、お菓子が切った時に中から出てくるギミックになっている。」

音楽での「ギミック」

音楽での「ギミック」の意味は、「最新の機器を使ったトリッキーな演奏」「奇をてらった演奏」ということです。

音楽での「ギミック」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「聴く人がびっくりするような多くのギミックが、この曲には使われている。」

「ギミック」の例文とは?

ここでは、「ギミック」の例文についてご紹介します。

ここでご紹介する例文のように、主として「ギミック」の意味合いは「誰かをびっくりさせる」「誰かの興味を引く」というようになります。

  • 「今度のプレゼンテーションでは、ギミックを効かせたスライドを作って聞く人を飽きさせないようにしたい。」

この例文の意味は、スライドソフトを使って、ギミックを効かせるために面白い動きをスライドにつけたり、スライドの文字を動かしたりしたいということです。

  • 「ユーザーの興味を引くために、ギミックを従来よりも効かせたCMを作った。」

この例文の意味は、見やすい映像を単に使うのみでなく、映像をあえて聞き取りにくくしたり、古くしたりすることによって、ユーザーの注意を引くということです。

  • 「これまでになかったようなギミックを、この絵本は採用しているため、子供が興味を示すだろう。」

この例文の意味は、絵が絵本から単に飛び出すのみでなく、飛び出した絵が動くなどというように、別の絵本とは違った特徴があるということです。

  • 「あの企業は、会計ギミックを使って財務諸表を操作していたことがわかった。」

この例文の「ギミック」の意味は、「不正」ということです。

「ギミック」の類義語とは?

使い勝手がいい「ギミック」は、いろいろなシーンで使われています。

「ギミック」はよく耳にするような言葉であるため、同じような言葉とよく間違うこともあります。

ここでは、「ギミック」の類義語についてご紹介します。

「トリック」

「トリック」は、「ギミック」の一つの類義語です。

ドラマや小説でも出てくる「トリック」の語源は英語の「trick」ですが、英語の「trick」の意味は「ごまかす」「策略」「たくらみ」「ぺてん」そういうことです。

日本語の「トリック」の意味は、「アっと驚く仕掛け」という意味で、ミステリー小説などでよく使われています。

しかし、「トリック」はもともとマイナスの要素の「人をだます仕掛け」というものが含まれています。

「ギミック」の意味は「人を楽しませる仕掛け」ということですが、「トリック」の意味は「人をだます仕掛け」ということであるため、類義語ですが間違えないように注意しましょう。

「からくり」

「からくり」といえば、多くの人が機械をイメージするでしょう。

「からくり」の意味は、「精密な仕掛けによって機械やものがさまざまなものを動かすこと」において、「動かす仕組み」のことです。

そのため、「動かす仕組み」が「からくり」であると考えるといいでしょう。

「からくり」は日本の古い時代の機械が動く仕組みをいうことが多くありますが、機械だけでなく物事が動く仕組み自体をいうこともあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。