「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の意味と使い方、例文などを解説




「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の意味とは?

「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の意味は、丁寧に「確認してください」ということを表現したものです。

ここで、「ご確認の程」の「程」という言葉に注目しましょう。

この「程」を使うことで、断定しないで表現が柔らかなものになります。

最近は、昔と違って、メールのやり取りがビジネスシーンでも多くなっています。

メールのやり取りにおいては、自分の声や表情が伝わらないため、相手に気配りしたより丁寧な表現が、スムーズにビジネスを進めるためのポイントになります。

「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」は、対面のみでなく、効果的にメールでも使いこなすべき表現です。

また、「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」は、確認を目上の方に促すときにも使えます。

この断定しない「程」を使った表現としては、「ご検討の程お願い申し上げます」や「ご査収の程お願い申し上げます」などがあります。

いずれの表現も、やんわりとお願いする、促すというような意味合いがあります。

「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の使い方とは?

ここでは、「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の使い方についてご紹介します。

「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」は、催促するときのビジネスメールの結びに使う表現であり、使い方は決まりきったものだけです。

催促のビジネスシーンでメールの結びに使う

「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」は、主としてビジネスシーンでメールの返事を催促するときの結びに使います。

社外の取引先などだけでなく、社内の目上の方や上長などのメールにも使えます。

例えば、「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」は、返事を催促するときに「ご確認の程何卒よろしくお願い申し上げます」のようにすると丁寧です。

例えば、ビジネスメールで催促をするときに、次のように結びとして使います。

「メールにて過日お願いしていました打合せスケジュールのご相談の件、いかがでしょうか。失礼とは存じますが、先日お送りしましたメールを念のために転送いたしますので、ご確認の程よろしくお願い申し上げます。」

つまり、意味としては「確認してください」ということです。

「ご確認の程よろしくお願いいたします」

ビジネスシーンでは、「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」のみでなくさまざまな表現があります。

「ご確認の程よろしくお願い致します」「ご確認の程よろしくお願いいたします」と言い換えもできます。

また、「何卒(なにとぞ)」という「どうか」という意味の表現を使って、「ご確認の程何卒よろしくお願い申し上げます」としても丁寧な表現になります。

気遣いの言葉を前に使う

気遣いの言葉を「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」の前に使うと、イメージがより丁寧なメールになります。

例えば、気遣いの言葉としては、次のようなものがあります。

「恐縮」

「恐縮」の意味は申し訳なく思うことです。

「恐縮」を使った表現としては、次のようなものがあります。

  • 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます」
  • 「お忙しいところ恐縮ではございますが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます」

「お手数」

「お手数」の意味はお手間ということです。

「お手数」を使った表現としては、次のようなものがあります。

  • 「お忙しいところ大変お手数ではございますが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます」
  • 「お忙しいところお手数お掛けしますが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます」

「恐れ入る」

「恐れ入る」の意味は申し訳なく思うです。

「恐れ入る」を使った表現としては、次のようなものがあります。

  • 「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます」
  • 「お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます」

「勝手を申し上げる」

「勝手を申し上げる」の意味は、自分勝手なことをいうです。

「勝手を申し上げる」を使った表現としては、次のようなものがあります。

  • 「誠に勝手を申し上げますが、ご確認の程よろしくお願い申し上げます」

「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」を使ったビジネスシーンのメールの例文とは?

ここでは、「ご確認の程よろしくお願い申し上げます」を使ったビジネスシーンのメールの例文についてご紹介します。

スケジュールを調整するメールで、返事を社内の上長の部長に催促するときの例文です。

このときはメールを新しく作らないで、元のメールを転送します。

メール件名:転送Fw:【再送】打ち合わせのスケジュールのご相談の件

○○部長

お忙しいところ申し訳ありません。

さて、メールにて過日お願いしていました打合せスケジュールのご相談の件、いかがでしょうか。

大変失礼とは存じますが、先日お送りしましたメールを念のために転送しますので、ご確認の程よろしくお願い申し上げます。

人事部 ○○

「ご確認の程」「ご確認いただきますよう」「ご確認くださいますよう」「ご確認いただければ幸いです」の違いとは?

「ご確認」に続く言葉としては、次のようなものがあります。

  • 「ご確認の程お願い申し上げます」
  • 「ご確認いただきますようお願い申し上げます」
  • 「ご確認くださいますようお願い申し上げます」
  • 「ご確認いただければ幸いです」

ここでは、それぞれの意味についてご紹介します。

  • 「ご確認の程お願い申し上げます」の意味は、「確認してもらうようにお願いします」「確認してくれるようにお願いします」のいずれにもなります。
  • 「ご確認いただきますようお願い申し上げます」の意味は、「確認してもらうようにお願いします」になります。
  • 「ご確認くださいますようお願い申し上げます」の意味は、「確認してくれるようにお願いします」になります。
  • 「ご確認いただければ幸いです」の意味は、「確認してもらえると幸せだ、嬉しい」となります。

ここでご紹介した例文はいずれも丁寧なものであるため、使い分けの必要はありません。

あえていうと、最も丁寧なのは「ご確認いただければ幸いです」です。

ビジネスシーンのメールの結びとして、「ご確認いただければ幸いです」は使えます。

「ご確認いただければ幸いです」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「ご確認いただければ幸いです、よろしくお願い申し上げます」
  • 「ご確認いただければ幸いです、よろしくお願いいたします」






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。